大東製薬工業公式BLOG

更年期や性機能についての学術情報、最新研究などを紹介いたします。更年期や性機能についての学術情報、最新研究などを紹介いたします。

Category

月別アーカイブ

Category:テストステロンと身体機能

  • 左手に対する右手の2D:4D(right-left 2D:4D)の低値はスポーツ能力と関連する

    2011年12月14日


    【 要旨 】
    低2D:4D比(弊社注釈:2Dは人差し指、4Dは薬指)および左手に対する右手の2D:4D(right-left
    2D:4D)の低値は、テストステロンの子宮内濃度の高値によるものであり、攻撃性およびランニングやラグビー等のスポーツ能力のような男性の特性と関連している。
    低right-left
    2D:4Dは、アンドロゲン受容体遺伝子のCAG数によって決定されるテストステロンに対する感受性にも関連している。
    今回、10代の少年において、低right-left
    2D:4Dは高最大酸素摂取量、高最大酸素摂取速度および高最大乳酸濃度と関連している事が明らかになった。
    低right-left
    2D:4Dは幾つかのスポーツ能力と関連している。その原因は、それが胎内でのテストステロン濃度を示すものであり、また血中テストステロンおよび高最大酸素摂取量によるものでもある。

    【 原著 】
    J Sports Sci. 2011 Dec 6.
    Right-left digit ratio
    (2D:4D) and maximal oxygen uptake.

    Hill R, Simpson B, Manning J, Kilduff
    L.
    HP Sports and YSC Sports , Philadelphia , Pennsylvania , USA.

    続きを読む

  • blogimage

    カテゴリマーク男性ホルモン
    (アンドロゲン・テストステロン)

    男性ホルモン(アンドロゲン・ テストステロン)

    男性は性的活動中にテストステロンが大きく上昇する

    2011年01月17日


    【 目的および方法 】テスト
    脊椎動物は一般的に新しい交配パートナーの出現のような性的刺激に反応してテストステロンが上昇する。  幾つかのヒトでの研究もエロティックなムービーの視聴による男性におけるテストステロンの上昇を認めているが、性交あるいはマスターベーション中のテストステロンの変化に関しては結果が様々である。 小規模、非自然な実験的環境および侵襲的テクニックがその原因と思われる。
    今回、大きな米国のセックス・クラブにおける性行為(sexual
    behavior)中の観客(n= 26)と参加者(n
    =18)の男性の唾液中テストステロンを検討した。 今回の研究はこれまで報告された研究よりも規模が大きく、サンプル採取の侵襲が少なく、自然な環境である。 被験者の年齢は平均40歳、11:00
    pm から2:10
    amに実施した。

    【 結 果 】

    • 予想どおり、セックス・クラブを訪れた男性のテストステロンは36%上昇した。
      性行為(sexual behavior)参加者の上昇は76%と観客の11%より有意に高かった。
    • 予想に反して、男性のテストステロンの変化は年齢と関連していなかった。

    【 結 論 】
    この結果はこれまでに脊椎動物で明らかにされた性的刺激によるテストステロン上昇の報告と一致している。 しかしまた、性行為(sexual
    behavior)参加者のテストステロン上昇がより強かったことから実験環境の重要性が指摘される。

    【 原 著 】
    Arch Sex Behav. 2010 Dec 17.
    Salivary Testosterone
    Levels in Men at a U.S. Sex Club.

    Escasa MJ, Casey JF, Gray PB.
    Department
    of Anthropology, University of Nevada, Las Vegas, USA.

    【 弊社コメント 】
    体内のテストステロン・レベルは刻々と変化すると言われていますが、性行為の前後という短時間の内に、最大で1.8倍近くに分泌レベルが上昇する場合があるという報告です。 また、性的刺激にともなう興奮度はもとより、環境にともなう様々なストレス要因によって、上昇の程度が人により異なることや、なるべく自然な環境下で正確な分泌レベルの上昇を測定することが困難なのは、仕方ないことかも知れません。
    いずれにせよ、健常男性がストレスが無く精神的に解放された環境下で興奮度の強い性行為を行えば、短時間の内にテストステロンの分泌がそれなりに高まることが言えそうです。 (福)

     

    続きを読む

  • アンドロゲンレベルは自律神経活性と相関する

    2011年01月13日


    【 目 的 】
    性ステロイド・レベルと心拍数変動(HRV)の関係を調査した。

    【 方 法 】
    対象は心機能検査のため受診した男性114例(平均年齢(46.6±11.3)。 LH、総テストステロン(TT)、遊離テストステロン、エストラジオール(E2)およびDHEA-Sの測定を行った。 HRVは24時間ホルター心電計により測定した。 性ステロイド・レベルとHRVの関連性を3段階の年齢群別(20-39
    ; 40-59 ; >60 )に解析した。

    【 結 果 】

    • 被験者全員が正常な生化学的検査値あであり、3年齢群は同様な身体計測値であった。
    • 性ステロイドは、DHEA-Sのみが年齢群間で有意な差があり(p=0.026)、
      加齢とともに低下していた。
    • HRVの解析において、全副交感神経活性は年齢とともに低下したが ( HFn, pNN50, および rMSDD:
      p=0.001, p=0.000, and p=0.000 )、交感神経活性の中でLF/HFのみは年齢と共に上昇した(p=0.000)。
    • 年齢およびウェスト周囲径をコントロールした部分相関分析において、TTおよびDHEA-SはHFn(副交感神経因子)とポジティブに相関し、交感神経パラメータであるLF/HF24時間および総交感神経指数(GSI)とネガティブに相関した。
    • 血清E2は副交感神経パラメータrMSSDとネガティブに相関し、LF/HF24時間および総交感神経指数とポジティブに相関した。
    • 性ステロイドの中でDHEA-Sが最も自律神経機能パラメータと相関していた。

    【 結 論 】
    男性において、身体計測値とは独立して、アンドロゲンと副交感神経活性およびエストラジオールと交感神経活性はポジティブに相関していた。

    【 原 著 】
    Turk Kardiyol Dern Ars. 2010 Oct;38(7):459-65.
    The relationship between serum sex steroid levels and heart rate variability parameters in males and the effect of age.
    Doğru MT, Başar MM, Yuvanç E, Simşek V, Sahin O.
    Department of Cardiology, Medicine Faculty of Kırıkkale University, Kırıkkale, Turkey.

    【 弊社注釈 】
    心拍数変動
    糖尿病では自律神経の障害がよくみられることが知られており、下痢や便秘を繰り返す、立ちくらみが起きる、といったことが見られます。
    心臓は規則正しく脈を打っていますが、この心拍には健康な方でもゆらぎがあり、心拍数変動と呼びます。
    心拍数変動は自律神経の障害があると少なくなるため、心電図の検査を利用してこの心拍数変動を測定し自律神経の機能の障害を調べることが出来ます。 この検査がR-R間隔検査(心拍数変動検査)です。

    • MeanNN (NN間隔平均)

    テスト期間中の全拍動間隔値を平均したもの。 NN平均値は、1/1000秒単位で測定される。

    • SDNN (NN間隔標準偏差値)

    NN間の標準偏差であり、NN間隔の分散の平方根である。

    • RMS-SD (隣接NN間隔標準偏差)

    連続して隣接するNN間隔の標準偏差で、隣接NN間隔の分散の平均の平方根である。
    これは、短時間NN間隔記録における心拍の高周波帯における変動、つまり副交感神経系による心臓の調節機能を判断するものである。

    • pNN50 (隣接するNN間隔の差が50msを超える比率)
    • LF(低周波)

    0.004~0.15Hzの周波数帯のパワースペクトル。 この値は、交感神経と副交感神経の両方の活動を反映する。 これは、一般的に長時間記録における交感神経活動を示す強力な指標である。
    この周波数帯に対する副交感神経の影響は、呼吸数が1分間に9回(周波数0.15Hz)以下の深呼吸をしている間LFに現れる。

    • HF(高周波)

    0.15~0.4Hzの周波帯のパワースペクトル。 この値は、副交感神経(迷走神経)の活動を反映する。

    • LF/HF比

    LF(低周波)とHF(高周波)のパワーの比率。 この値は、交感神経と副交感神経の全体のバランスを表す。 数値が高いと交感神経優位を、低い場合は副交感神経優位を示す。

    続きを読む

  • 筋肉強度および身体機能を改善するに必要なテストステロンレベル

    2010年11月17日


    【 背景 】
    HORMA試験 (Hormonal Regulators of Muscle and Metabolism in
    Aging)において、テストステロンおよび遺伝子組み換えヒト成長ホルモン(rhGH)の補充は非脂肪体マス、体肢骨格筋マス、筋肉能力および身体機能を増強した。しかしアウトカムにはかなりの個人間のバラツキがあった。

    【 方法 】
    年齢65~90歳の男性120例にテストステロン・ゲル(5
    g/d vs 10 g/d via Leydig cell clamp)およびrhGH (0 vs 3 vs 5
    μg/kg/d)を16週間、二重盲検の2 × 3要因デザインにて投与した。アウトカムはDEXAによる非脂肪マス、one-repetition maximum
    strength, Margaria stair powerおよび活動度質問票調査である。ホルモンレベル、筋肉量、強度および機能の変化の関連性を分析した。

    【 結果 】

    • 非脂肪マス1.5kgを増やすために総テストステロン(TT)
      1046 ng/dL (95% CI = 1040-1051)、体肢骨格筋マス0.8kgを増やすTT898 ng/dL (95% CI =
      892-904)の各上昇が必要であった。
    • rhGHの併用は、非脂肪を増やすために必要なテストステロンレベルを下げた。
    • one-repetition
      maximum strengthの変化は階段登坂力の上昇と関連していた (r =.26, p =
      .01)。
    • 経路解析の結果は、テストステロンおよびインスリン様成長因子1の変化が筋肉能力および身体機能の増強に必要な非脂肪マスの変化と関連している事を示した。
    • 身体活動度に対するテストステロンの影響は、Physical
      Activity Score of the Elderly (PACE)に対する直接的影響が見られる事から、様々な経路を介するものである。

    【 結論 】
    身体強度および身体機能を増強するためには一定の非脂肪体および筋肉量の増加が必要であり、そのためにはテストステロンレベルの目的値まで上げる事が必要である。RhGHは、テストステロンの作用を増強する。

    【 原著 】
    J Gerontol A Biol Sci Med Sci. 2010 Nov 8.

    Testosterone
    Threshold Levels and Lean Tissue Mass Targets Needed to Enhance
    Skeletal
    Muscle Strength and Function: The HORMA Trial.

    Sattler F, Bhasin S, He J,
    Chou CP, Castaneda-Sceppa C, Yarasheski K, Binder E, Schroeder ET, Kawakubo
    M, Zhang A, Roubenoff R, Azen S.
    Department of Medicine, University of
    Southern California, Los Angeles

    【 弊社コメント 】
    短期間(16週)で筋肉強度、身体機能を増強するためには、非常に高いテストステロンレベルが必要です。一方、長期間をかければ、低用量のテストステロン補充と運動療法により筋肉強度、身体機能の改善が可能ではないかと期待しています。
    (野)

    アンチエイジングとしてのテストステロン補充は、アスリートで問題となるドーピングとは一線を画すものです。高齢になっても自立した生活と良好なQOLを維持するだけの身体機能を維持・向上させることは重要な意義があると考えますが、あくまで青年・壮年健常者の生理的レベルの範囲内で低用量のテストステロンを補充することが、日常的な運動療法を安全かつ効果的に補完するものと考えます。(福)

    続きを読む

  • テストステロンは高齢男性の虚弱性と関連する

    2010年05月02日


    【 目的 】
    男性は加齢とともに虚弱性が上がり、テストステロンは減少する。テストステロンはこの症状発現リスク因子と思われる。テストステロン・レベルが虚弱性と
    関連しているか否かを調査した。

    【 方法 】
    デザインは前向きのコホート研究。2001年から2004年の間に、70-88歳の地域住民男性3616例について虚弱性の測定を行った。
    2008-2009年に67歳から93歳の1586例について虚弱性の再測定を行った。
    虚弱性はFRAIL
    scaleにて測定した。これは5つのドメイン、疲労、一続きの階段の昇りの困難さ、100m以上の歩行の困難さ、5つ以上の病気、あるいは5%以上の体
    重減少からなる。
    調査開始時にテストステロン、SHBGおよびLHを測定した。遊離テストステロンは計算により求めた。

    【 結果 】

    • 開始時に15.2%(n = 548)が虚弱(3項目以上に該当)であり、フォローアップ期間中に23.0%(n = 364)に増加した。
    • 開始時、総および遊離テストステロンの1SDの減少は虚弱オッズの上昇と関連していた (各々OR = 1.23; 95% CI =
      1.11-1.38, およびOR = 1.29; 95% CI = 1.15-1)。
    • 低LHは虚弱オッズの減少と関連していた(OR = 0.88; 95% CI = 0.81-0.95)。
    • 調整は年齢、BMI、喫煙、糖尿病、社会的支援および他の交落因子で行った。フォローアップでは遊離テストステロンの低下のみは虚弱を予測し
      た(OR = 1.22; 95% CI = 1.05-1.42)。

    【 結論 】
    開始時およびフォローアップ時遊離テストステロンは虚弱性と関連していた。テストステロン療法は虚弱性の発現を防止できるか無作為試験が行われるべきで
    ある。

    【 原著 】
    J Clin Endocrinol Metab. 2010 Apr 21.

    Low Free
    Testosterone Predicts Frailty in Older Men: The Health in Men Study.

    Hyde Z, Flicker L, Almeida OP, Hankey GJ, McCaul KA, Chubb SA, Yeap BB.
    Western Australian Centre for Health and Ageing, Royal Perth Hospital,
    Perth, Australia

    【 弊社コメント 】
    「遊離テストステロンの低下が虚弱を予測できる」という結果は、すなわちテストステロンの補充による虚弱防止効果を期待させますが、弊社製品の市場実績か
    ら確信させるものです。(福)

    続きを読む

  • 遊離テストステロンの低値は高齢男性の運動制限や身体能力と関連している

    2010年05月02日


    【 目的 】
    運動制限は疾病率および死亡率の上昇と関連している。テストステロンと運動限界および身体能力との関連性は完全には分かっていない。
    地域在住高齢男性の性ホルモン・レベルと運動制限および身体能力の断面的および前向きの関連性を調査した。

    【 方法 】
    Framingham Offspring Studyの調査7および8に参加した1445例の男性(平均年齢61.0 +/- 9.5 yr)について断面的および長期的解析を行った。
    調査7にて総テストステロンの測定を行った。運動制限および身体能力の断面的および長期的解析はホルモン・レベル(総テストステロンと遊離テストステロン、および SHBG)を連続的及び二分化して行った。

    主要アウトカム: 自己報告の運動限界、自覚的健康度、通常の歩行速度および握力。

    ◆ フラミンガム・スタディ
    長期間にわたるフラミンガム地区の住民を対象にした心血管系疾患の危険因子を探る調査研究。フラミンガムとは米国・ボストンの郊外の小さな町の名前。選ばれた理由は「町に総合病院がひとつしかなく住民の健康状態の把握が容易。(第1世代)コホート(Framingham Heart Study),第2世代コホート(FraminghamOffspring Study),第3世代コホート,少数民族コホート(Omni Study)

    【 結果 】

    • より高い(連続的に)遊離テストステロンは短期的身体能力スコア、通常の歩行速度および自覚的健康度のリスクの低下とポジティブに関連していた。
    • 前向き解析において、ベースライン遊離テストステロンの1SD上昇は運動制限発現および進展のリスク低下と関連していた。
    • ベースライン遊離テストステロンが低い男性は、運動制限オッズが57%及び運動制限の悪化オッズが68%高かった。

    【 結論 】
    地域在住高齢男性においてベースラインの遊離テストステロンの低値は運動制限の悪化と関連していた。テストステロン療法によりこの悪化が低下できるか無作為試験を行う必要がある。

    【 原著 】
    J Clin Endocrinol Metab. 2010 Apr 9.

    Free Testosterone
    Levels Are Associated with Mobility Limitation and Physical Performance
    in Community-Dwelling Men: The Framingham Offspring Study.

    Krasnoff JB, Basaria S, Pencina MJ, Jasuja GK, Vasan RS, Ulloor J, Zhang
    A, Coviello A, Kelly-Hayes M, D’Agostino RB, Wolf PA, Bhasin S,
    Murabito JM.
    Boston University School of Medicine, Sections of Endocrinology,
    Diabetes, and Nutrition

    【 弊社コメント 】
    結果的に、男性ホルモン値の高い60歳前後(約52~70歳)の男性の身体能力が高く、運動に支障のない自立した生活が出来ているようです。
    良く運動して身体能力の高い男性の男性ホルモンが高くなるのか、それとも、男性ホルモン分泌の旺盛な男性が良く運動して高い身体能力を維持できているのかは、「鶏が先か、卵が先か?」という類の議論になると思われます。
    どちらも有り得ると思われますが、いずれにせよ健全な生活習慣にともなう適度な運動と、良好な男性ホルモン分泌の好循環が、高齢男性の自立につながるものと期待されます。 (福)

    続きを読む

  • 低テストステロンがもたらす心血管疾患などのリスク、テストステロン補充のメリットに関する報告

    2010年02月15日


    心血管疾患とアンドロゲンの関係に関するレビュー

    Int J Cardiol. 2009 Nov 16.
    Cardiovascular disease and
    androgens: A review.

    Kaushik M, Sontineni SP, Hunter C.
    Department of
    Medicine, Creighton University Medical Center, Omaha, NE,
    USA.

    世界的に心血管疾患は単一の最大の死因である。男女間の心血管疾患のパターンの差異は正しくは理解されていない。エストロゲンに対して大きなスポットライトがあてられているが、心血管疾患の減少に関するその役割は結論が出ていない。
    そこで、心血管疾患の性差の説明に対してアンドロゲンに関心が集まっている。過去20年間の研究により心血管疾患の進展に対するアンドロゲンの影響についての知識が増大した。
    男性におけるテストステロンレベルの加齢による低下および加齢に伴う心血管イベントの増加はアンドロポウズあるいはメノポウスという概念を導いた。
    不幸な事に、過去数十年間アンドロゲンは世界中のアスリート達の不正薬剤として注目されてきた。乱用にと突然の心血管死および重篤な心血管疾患の関連性に関する多数の報告がある。
    対照的にアンドロゲン低下に関連した各種の症状および適応外の目的でのテストステロン補充は増加している。
    ヒトでの観察研究は、テストステロンレベルの低下は冠動脈疾患の頻度を高めると、殆ど結論されている。
    新たなエビデンスは低アンドロゲンは不幸な心血管リスクを予測することを示している。

    心血管疾患に対するテストステロン補充の役割が一次的および二次的防禦段階の両者で研究され、その安全性が評価されている。
    心血管の観点からアンドロゲンの役割をレビューする事はしかるべき時期である。
    PMID:
    19923015

    低テストステロンは致死的心血管イベントと関連している

    J Sex Med. 2010 Jan 25.
    Low Testosterone is Associated
    with an Increased Risk of MACE Lethality in Subjects with Erectile
    Dysfunction.

    Corona G, Monami M, Boddi V, Cameron-Smith M, Fisher AD, de Vita
    G, Melani C, Balzi D, Sforza A, Forti G, Mannucci E, Maggi M.
    Andrology
    Unit, Department of Clinical Physiopathology, University of Florence,
    Florence,
    Italy.

    【 背景 】
    テストステロンは動脈硬化の発現に防禦的役割を果たしている事が示唆されているが、低テストステロンと主要な心血管障害(MACE)との関係を示す一般住民を対象とした研究は僅かであり、勃起不全(ED)患者での研究はない。
    【 目的 】
    EDを有する低テストステロン男性では致死性あるいは非致死性MACEが予測されるか否かを検討する。
    【 方法 】
    我々のED外来を受診した1687例の連続症例を対象とした前向きの観察研究を行った。EDに関する質問票調査(SIEDYおよびANDROTEST)および性腺機能低下関連症状の調査を行った。
    総テストステロン(TT)をベースラインにて測定した。MACEに関する情報はフローレンス市の登録データより得た。
    【 結果 】
    ・性腺機能低下症はTTの閾値230
    ng/dLで5.2%, 300 ng/dL1で3.8%および350 ng/dLで22.4%であった。
    ・平均フォローアップ期間4.3 +/-
    2.6年中に139例のMACEがあり、うち15例が致死的であった。
    ・MACEの非調整発生頻度はTTと関連がなかった。
    ・反対に致死的MACEの割合は性腺機能低下男性(TT閾値300
    ng/dLあるいは230
    ng/dL)で有意に高かった。
    ・しかし、年齢および慢性疾患スコアの調整後のコックス回帰モデルでは致死的MACEの頻度とTT閾値230
    ng/dLの間にのみ有意な関連が確認された(HR = 7.1 [1.8-28.6]; P <
    0.001)。
    ・性腺機能低下症状に関しては、致死的MACEがANDROTESTの高スコアと有意に関連していた(HR = 1.2
    [1.0-1.5])。
    【 結論 】
    テストステロン・レベルは心血管障害(MACE)の高死亡率と関連している。臨床医は低テストステロンに注意すべきである。
    PMID:
    20102478

    日本人男性において低テストステロンは冠血管イベントの予測因子である

    Atherosclerosis. 2009 Nov 13.
    Low testosterone level as
    a predictor of cardiovascular events in Japanese men with coronary risk
    factors.

    Akishita M, Hashimoto M, Ohike Y, Ogawa S, Iijima K, Eto M, Ouchi
    Y.
    Department of Geriatric Medicine, Graduate School of Medicine, University
    of
    Tokyo

    【 目的 】
    近年の疫学的研究によれば、地域住民高齢男性においてテストステロン低下は主に心血管(CV)疾患による死亡率の上昇と関連している。冠血管リスク因子を有する日本人中年男性において、低テストステロンが心血管イベントを予測出来るか否かを検討した。
    【 方法 】
    CV疾患の来歴がなく、冠動脈リスク因子(高血圧、糖尿病、脂質異常、喫煙および肥満)を有する171例の男性外来患者(年齢30-69歳,
    mean+/-SD=48+/-13
    years)のフォローアップ調査を行った。
    ベースラインにおいて、血管内皮機能として冠動脈リスク因子の調査、上腕動脈のFMDの測定および血清総テストステロン、DHEA-S、エストラジオールおよびコーチゾールの測定を行った。
    【 結果 】
    ・平均フォローアップ期間77カ月中に、20例のCVイベントが発生した。
    ・血清ホルモンの4分位によるかプラン-マイヤー分析の結果、テストステロンの最下位4分位群は最上位4分位群に比してCVイベントの発生率が高かった
    (P<0.01 by log-rank
    test)。
    ・Cox比例ハザードモデルはテストステロンの最下位4分位群(<14.2nmol/L)は上位群に比して、冠動脈リスク因子およびFMDで調整呉のCVイベントリスクが約4倍高かった
    (unadjusted hazard ratio, 3.61; 95% CI, 1.47-8.86: multivariate-adjusted
    hazard ratio, 4.61; 95% CI,
    1.02-21.04)。
    ・多変量解析の結果、DHEA-S、エストラジオールおよびコーチゾールとCVイベントとの間に有意な関連は認められなかった。
    【 結論 】
    中年日本人男性おいては冠動脈リスク因子および内皮機能と独立して血清テストステロン・レベルがCVイベントと関連していた。これはアジアの母集団における内因性テストステロンとCVイベントとの関係を明らかにした最初の報告である。
    PMID:
    19963216

    低テストステロン高齢男性におけるリポ蛋白(a) の上昇

    Aging Male. 2010 Jan 11.
    Increased occurrence of marked
    elevations of lipoprotein(a) in ageing, hypercholesterolaemic men with low
    testosterone.

    Kaplan SA, Lin J, Johnson-Levonas AO, Shah AK, Meehan
    AG.
    Weill Cornell Medical College, Institute for Bladder and Prostate Health,
    New York,
    USA.

    【 目的 】
    先に2つの脂質治療研究のベースライン・データを用い高齢男性における、血清テストステロン(T)とメタボリック・シンドローム(MS)発現との逆相関関係を調査した。
    さらに、Tと心血管リスク因子脂質、リポ蛋白(a)
    [Lp(a)].との関係を調査するため、これら2つの試験の一つに参加している米国男性の小集団のベースラインデータの調査を行った。
    【 方法 】
    107例の男性(平均年齢55歳)からベースラインのT、脂質、血糖値および身体計測値に関するデータを得た。対象の基準はLDL-C
    >/=3.4-4.9 mmol/l 及びトリグリセリド </=4.0 mmol/lである。
    ベース・ラインのLp(a)をT<15
    nmol/lの低-正常T群および>/=15
    nmol/lの正常群による差異を分析した。
    【 結果 】
    ・低Tの男性は有意なLp(a)上昇の発生頻度が高かった。
    ・Lp(a)レベルが正常上限の3倍以上であったのは、低-正常T群では17.1%であったのに対し、正常T群では8.1%であった。
    【 結論 】
    低テストステロンの高齢男性はLp(a)が著明に上昇している可能性がある。これは心血管リスクの上昇と関連している事が予期される。
    PMID:
    20059436

    【 注釈 】
    リポ蛋白(a)(LP(a))
    Lp(a)は、LDLのアポ蛋白であるアポB-100に、アポ蛋白であるアポ(a)が結合して構成されるリポ蛋白。Lp(a)に含まれるアポ(a)は、線溶系でフィブリン網を溶解するプラスミノゲンと構造的相同性がある。血液中のLp(a)濃度と、冠動脈疾患や脳梗塞の発症に正相関がある。

    アンドロゲン・レベルと医療費の関係

    Int J Androl. 2010 Jan 4.
    Prospective association of
    low serum total testosterone levels with health care utilization and costs
    in a population-based cohort of men.

    Haring R, Baumeister SE, Volzke H,
    Kohlmann T, Marschall P, Flessa S, Nauck  M, Wallaschofski H.
    Institute of
    Clinical Chemistry and Laboratory Medicine, Ernst Moritz Arndt University Greifswald, Greifswald,
    Germany.

    【 目的 】
    アンドロロジーの分野に対する関心は急速に高まっているが、ヘルスケアの利用とコストに対する血清テストステロン・レベルの影響に関しては特に取り組まれていない。
    地域住民コホート研究Study
    of Health in Pomerania
    (SHIP)のデータを分析し、血清テストステロンと自己報告のヘルスケアの利用およびコストとの関連を5年間フォローし、評価した。
    【 方法 】
    ベースラインでの対象は2023例の男性、このうち1530例が再調査が行われた。低および高テストステロンは年齢別の10および90パーセンタイルに従い、10-90パーセンタイルの対照者と比較した
    【 結果 】
    ・断面調査モデルでは、低テストステロンおよび高テストステロンの男性は共に外来訪問頻度およびコストが高かった(低:+19.1
    および+19.9%、高:+25.3 および+30.2%)。ところが入院日数お

    よびコストはテストステロン・レベルと関連がなかった。
    ・年齢、教育レベル、所得、ウェスト周囲径、喫煙状況、身体活動度および飲酒量による調整は結果に影響しなかった。
    ・長期的モデルでは低テストステロンのみがフォローアップの外来受診頻度(年齢調整

    +28.6%)およびコスト(+38.0%)の上昇と関連していた。
    【 結論 】
    低および高テストステロンは短期の外来ヘルスケア・コストの上昇と関連していた、ところが低テストステロンは長期的な外来ヘルスケア・コストの上昇とも関連していた。
    利用できる治療に関する経費効率研究が医師、患者およびヘルスケアアスステムのために必要である。
    PMID:
    20059581

    低テストステロンおよびSHBGおよび高エストラジオールは糖尿病リスクを高める

    Eur J Endocrinol. 2010 Jan 8.
    Low testosterone levels
    and SHBG levels and high estradiol levels are independent predictors of type
    2 diabetes in men.

    Vikan T, Schirmer H, Njolstad I, Svartberg J.
    T Vikan,
    Department of Endocrinology, Division of medicine, Tromso, 9038,

    Norway.

    【 目的 】
    地域住民男性において、内因性性ホルモンレベルのその後の2型糖尿病リスクに及ぼす影響を調査する。
    【 方法 】
    デザイン:地域住民をベースにした前向きのコホート研究。
    対象:第四次Tromso
    study
    (1994-1995)に参加した1454例の男性。
    調査:糖尿病症例を調査し、プロトコールに従って31.12.05まで立証した。
    分析:性ホルモンと糖尿病との前向きの関連性をコックス比例ハザード回帰を用い解析した。
    【 結果 】
    ・高い正常域総テストステロン群では後期の糖尿病リスクが有意に低下していた。総テストステロン四分位最高位群は最高位群に比してHR
    0.53, CI 0.33-0.84であった。
    ・糖尿病発生リスクの減少は高SHBG群でもみられ、四分位最低位群に比して第三位群でHR 0.38, CI
    0.18-0.81、第4位群でHR 0.37,
    0.17-0.82であった。
    ・総テストステロンとSHBGとの関連性は多変量モデルにウェスト周囲径を加えると有意ではなくなった。
    ・エスラジオールはポジチブに糖尿病発生と関連し、四分位最高位群に比して第二位群HR
    0.49, CI 0.26-0.93、第三位群HR 0.51, CI
    0.27-0.96であった。
    【 結論 】
    高エスラジオールの男性は肥満とは独立して後期糖尿病リスクが上昇していた。一方総テストステロンおよびSHBGの低下は糖尿病リスクを上昇し、これは肥満とは独立していた。
    PMID:
    20061333

    男性ホルモンと腹部大動脈瘤との関連性

    J Clin Endocrinol Metab. 2010 Jan 8.
    Associations of
    Total Testosterone, Sex Hormone-Binding Globulin, Calculated Free Testosterone, and Luteinizing Hormone with Prevalence of Abdominal Aortic
    Aneurysm in Older Men.

    Yeap BB, Hyde Z, Norman PE, Chubb SA, Golledge
    J.
    School of Medicine and Pharmacology, University of Western Australia,
    Australia

    【 背景 】
    腹部大動脈瘤(AAA)は高齢者の死亡と関連しており、大動脈径の上昇は冠血管イベントの予測因子である。AAAは主に男性に発生しているが男性ホルモンとの関連は不明である。
    【 目的 】
    男性ホルモンが独立してAAAあるいは腹部大動脈径の上昇と関連しているかを調査する。
    【 方法 】
    デザイン:断面調査分析。
    対象:年齢70-88歳の地域住民男性3620例。
    調査項目:腹部大動脈径を超音波により計測した。早朝血清により総テストステロン、SHBGおよびLHを測定した。遊離テストステロンは計算により求めた。
    【 結果 】
    ・AAA(大動脈径>/=30
    mm)は262例(7.2%に認められた。
    ・AAAを有する男性は有しない男性に比して総および遊離テストステロンが低くく
    (mean +/- SD
    14.5 +/- 6.0 vs. 15.5 +/- 5.6 nmol/liter, P = 0.005 and 256 +/-
    87 vs. 280
    +/- 97 pmol/liter, P < 0.001, respectively)、LHが高かった
    (median,
    interquartile range: 4.9, 3.1-7.9 vs. 4.3, 3.0-6.4 IU/liter, P =

    0.013)。
    ・交絡因子で調整した多変量解析において、遊離テストステロンはネガチブにAAAと関連し (odds ratio per 1 SD
    increase: 0.84, 95% confidence interval 0.72-0.98,
    P =
    0.026).、LHはポジチブに関連していた(odds ratio 1.14, 95% confidence
    interval 1.03-1.25, P
    =
    0.008)。
    【 結論 】
    高齢男性において、低遊離テストステロンおよび高LHは独立してAAAと関連していた。性腺機能障害は高齢男性における閉塞性血管疾患のような動脈拡張症と関連している可能性がある。
    PMID:
    20061425


    テストステロンは虚弱高齢男性の筋肉強度、身体機能、体組成およびQOLを改善する

    J Clin Endocrinol Metab. 2010 Jan 8.
    Effects of
    Testosterone on Muscle Strength, Physical Function, Body Composition, and
    Quality of Life in Intermediate-Frail and Frail Elderly Men: A Randomized,
    Double-Blind, Placebo-Controlled Study.

    Srinivas-Shankar U, Roberts SA,
    Connolly MJ, O’ Connell MD, Adams JE, Oldham
    JA, Wu FC.
    Department of
    Medicine and Endocrinology, University of Manchester Manchester Royal
    Infirmary; Health Methodology Research Group , New
    Zealand.

    【 背景 】
    身体的虚弱は筋肉の減阿呆、身体機能の障害およびQOLと関連している。テストステロン(T)は性腺機能低下患者において筋肉量および強度を増加する。低~境界域低値Tの虚弱高齢者においてTが同様の作用を示すかは明らかではない。
    【 目的 】
    中程度虚弱および虚弱高齢男性おける6カ月のT療法の筋肉量および強度、身体機能およびQOLに及ぼす影響を検討する。
    【 方法 】
    デザイン:単一施設、無作為、二重盲検、プラセボー比較、平行群間試験。
    対象:年齢65歳以上、総T12
    nmol/L(346ng/dL)あるいは遊離T250 pmol/L(72.1pg/L)以上の地域住民男性。
    投与方法:274例の男性を経皮T(50
    mg/d)またはプラセボー・ゲル6カ月間投与に無作に割り付けた。
    評価項目:筋肉強度、非脂肪および脂肪容量、身体機能および自己報告のQOL。
    【 結果 】
    ・等尺性膝伸展力はT群で改善し(6カ月後の対P群)、調整差異は8.6
    (95% CI, 1.3-16.0; P = 0.02)であった。
    ・T群において非脂肪容量は増加し(1.08 +/- 1.8
    k)、脂肪容量は減少した(0.9 +/- 1.6
    k)。
    ・身体機能はより高齢およびより虚弱な男性において改善した。
    ・身体および性症状スコアはT群で減少し、調整後の差異は各々-1.2 (-2.4
    to -0.04) および-1.3 (-2.5 to
    -0.2)であった。
    【 結論 】
    低~境界域低値Tの中程度虚弱および虚弱高齢男性おける6カ月のT療法は老化による筋肉の喪失、強度の低下を防止し、体組成、QOLおよび身体機能を改善した。
    PMID:
    20061435

    テストステロン・レベルは長期的なLUTSのリスクと逆相関する

    BJU Int..
    Serum sex hormones and the 20-year risk of
    lower urinary tract symptoms in community-dwelling older men.

    Trifiro MD,
    Parsons JK, Palazzi-Churas K, Bergstrom J, Lakin C, Barrett-Connor
    E.
    Division of Urologic Oncology, Moores UCSD Cancer Center, San Diego, CA,
    USA.

    【 目的 】
    高齢の地域住民男性集団において、性ホルモン濃度とその後の長期的下部尿路症状(LUTS)リスクの関連を調査した。
    【 方法 】
    1984から1987の間にRancho
    Bernardo
    Study(前向きの地域住民調査)の参加者の血清性ホルモン濃度を測定した。2006年に生存者に米国泌尿器学会症状スコア質問票(AUA-SI)を送付した。
    AUA-SIとベースラインの性ホルモン濃度の関連性をロジスティック回帰分析した。

    米国泌尿器科学会の良性前立腺肥大症の症状スコア
    最近約1カ月間にわたり下記の症状がありましたか
    Q.排尿後に尿が残っている感じが何回ありましたか。
    Q.排尿後2時間以内にもう1度排尿しなくてはならないことが何回ありましたか。
    Q.排尿中,数回にわたって尿が止まり,再び出ることが何回ありましたか。
    Q.排尿を我慢することが難しいことが何回ありましたか。
    Q.尿の勢いが弱いことが何回ありましたか。
    Q.排尿開始時にいきんだり,努力しなくてはならないことは何回ありましたか。
    以上の項目下記のように評価
    全くなし
    :0、 5回に1回未満 :1、 全回数の50%未満 :2、 全回数の約50%
    :3、 全回数の50%超 :4、 ほとんど常に
    :5
    Q.夜就寝してから朝起床するまでの間に普通何回トイレに起きますか。
    なし(0)、 1回(1)、 2回(2)、
    3回(3)、4回(4)、5回以上(5)
    米国泌尿器科学会の症状スコア=合計

    【 結果 】
    ・完全な回答得たのは158例、ベースラインの性ホルモン測定時の平均年齢(sd)は58

    (6.6)歳、平均フォローアップ期間(sd)は20.3
    (0.6)年である。
    ・年齢調整ロジスティック回帰分析において、テストステロンおよびDHTとLUTSの間に逆向きの関連性が認められた(P =
    0.05)。.
    ・生物学テストステロンの高い男性は性腺機能低下レベルの男性に比してLUTSのリスクが56%減少していた、しかしこの関連性は有意ではなかった(オッズ比
    0.44, 95% CI
    0.14-1.40)。
    【 結論 】
    この集団において、中年期のテストステロン、DHTおよび生物学的テストステロンが高い男性はLUTSの20年間のリスクが減少している。
    このデータはテストステロンとLUTSとの逆相関を報告している他の研究を支持するものである。
    テストステロン療法の臨床試験にLUTSおよびBPHの改善が含まれるべきである。
    PMID:
    20002438

    勃起不全におけるテストステロンの役割

    Nat Rev Urol. 2009 Dec 8.
    The role of testosterone in
    erectile dysfunction.

    Corona G, Maggi M.
    Sexual Medicine & Andrology
    Unit, Department of Clinical Physiopathology, University of Florence,
    Italy.

    勃起不全(ED)は勃起に関連した身体的疾患、ストレスへの反応および関係性の困難さを含む臨床的因子の連続的スペクトルの結果として起きる臨床的異常である。
    テストステロンはEDのこれらの原因に関連しているが、EDの治療におけるテストステロンの有用性は完全には明らかではない。
    男性の性的反応におけるテストステロンの主な生理学的な作用は性欲に関連した勃起過程のタイミングを調整する事であり、それゆえセックスにともなう陰茎勃起を調整している。
    ED、性腺機能低下症およびメタボリックシンドロームおよび2型糖尿病のような潜在する疾患との関連性は今日よく実証されている。
    潜在疾患の認識は健康に関連したライフスタイルの改善のための、EDを有する男性の動機付けに有用である。
    それゆえ、EDを有する男性は「ラッキー」と考えられる。なぜなら、潜在疾患を検出すための医学的検査機会が得られるからである。
    EDおよび性腺機能低下症は治療可能な疾患である。テストステロン製剤の範囲はサプリメントとして利用可能であり、ある場合にはPDE5阻害剤との併用が有用である。
    PMID:
    19997070

     

    続きを読む

  • グローミンの臨床研究が稲田賞を受賞

    2008年07月14日


    弊社のテストステロン軟膏「グローミン」は、2003年10月から聖マリアンナ医大・泌尿器科の岩本晃明教授(当時)の研究チームで臨床研究が始められ、既にいくつかの学会で発表と論文掲載がされて来ました。

    グローミンの弊社HP

    グローミンに関する、これまでの学術発表

    このほど、泌尿器科紀要誌に投稿・掲載された、グローミンの臨床研究に関する論文に対して、代表執筆者の長野赤十字病院・第二泌尿器科部長・天野俊康先生が、泌尿器科紀要誌の稲田賞を受賞される事になりました。7月26日・17時より京都(芝蘭会館別館)で授賞式と講演会がある予定です。

    また、インパクトファクター4.7を誇る、J Sex Med. 2007 Dec 18 に掲載された論文は、Pub Medで参照できます。

    続きを読む

2 / 3123