大東製薬工業株式会社

お客様相談室

お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。

月別アーカイブ

記事カテゴリー:副作用・リスク

  • グローミンの使用で精巣が委縮する可能性はあるか?

    2021年02月22日

    Q. グローミンの使用で精巣が委縮する可能性はありますか?

    また、陰嚢へ塗ることをおススメされておりますが、陰嚢への長期使用は避けたほうがいいという意見も目にしました。どのようなご見解かお教えください。


    A.

    医療用の高用量な男性ホルモン剤を前提にしたとき、十分な量の男性ホルモンを投与しますと、精巣を機能させる役割を果たす性腺刺激ホルモンの分泌が停まります。これにともない精巣機能が停まるため、現時点の医学的な一般論としては、投与期間が何カ月も続いて長期化するほど、精巣の萎縮があると言われています。

    そのため、自然妊娠を希望する男性の場合は、精巣での精子産生が停まり男性不妊に陥るリスクを避けるため、男性ホルモン剤を投与しない方針をとる医師が一般的です。

    一方、グローミンを2cm/回ずつ、朝晩2回/日の塗布で男性ホルモンを補充しても、塗布後の男性ホルモンの血中濃度は約8時間以内に元のレベルへ戻りますので、性腺刺激ホルモンの分泌を低下させる影響は限定的です。そのため、注射による高用量な男性ホルモン剤と比べますと、精巣機能が常時停まることにならないものと考えており、これまで精巣の萎縮が顕在化した事例を経験していません。

    ただし、グローミンについて以上のことを言い切るための直接的な検討結果は今のところ揃っておらず、今後の課題として検討中です。そのため、現状ではグローミンで精巣が萎縮する可能性が絶対に無いとは言い切れません。

    そのため、万全を期すため朝晩2回の塗布で効果がありましたら、1日1回、朝の塗布だけにすることや、休薬期間を設けて症状が再発したら改めて使用を再開する、といった使い方をお勧め致しております。

    ここで、朝に絞る理由は、健常成人男性の日内変動は早朝にピークを迎えるため、本来のサーカディアンリズムに沿わせる意図によるものです。

    なお、グローミンを睾丸に塗るのは、精巣へ男性ホルモンを直接的に投与する意図ではなく、皮膚からの吸収が良い場所へ塗ることで、少量でも効率的に吸収させることが目的です。

    陰嚢への長期投与が問題というご指摘ですが、陰嚢でなければ長期投与しても問題がないとは考えておらず、本来の日内変動を無視した高いテストステロン・レベルが長期間にわたり続く状況が問題になる、というのが私どもの考えです。

    そのような考えを踏まえ、「少しずつ、間隔を空ける投与」により懸念されるリスクを回避し、その上で少量の天然型テストステロン効率的に投与する方法として、吸収のよい陰嚢部をお勧め致しております。

    続きを読む

  • ミニピルを飲んでいるがヒメロスは使用可能?

    2018年10月04日

    セラゼッタ(黄体ホルモン単体のミニピル)を飲んでいますが、ヒメロス(またはバストミン)は使用可能でしょうか? また、喫煙者(日に5本~10本程度)のヒメロス(バストミン)使用は可能ですか?


    ヒメロス(バストミン)の併用は出来ず、お勧め出来ません。理由は次の通りです。なお、弊社製品「バストミン」も同様の理由により併用できません。

    1. セラゼッタ(CERAZETTE)錠は大手製薬メーカーが海外で製造販売している第3世代の超低用量ピルと言われていますが、日本では未承認(H.30年10月時点)のお薬で、ヒメロスとの併用に関する実績と情報はございません。
    2. ピルの一般的な作用機序から、ヒメロスを併用することによりピルの避妊効果を失うリスクがあります。避妊が目的であれば、ヒメロスの併用は絶対にお止め下さい。
    3. 喫煙は悪性腫瘍(がん)の独立したリスク因子で、セラゼッタやヒメロスの併用にかかわらず、悪性腫瘍の発症リスクを上昇させます。かつて女性ホルモン補充療法の大規模な研究において、がんの発症リスクが大きく報じられた際も、その後の解析で被験者の喫煙要因が指摘されていました。先述いたしました血栓症のリスクと同様にリスク因子を増やさないという考えから、併用の前に喫煙をお勧め致しません。

    続きを読む

  • 「グローミン」の使用を止めても効果を維持できるか? 「グローミン」を使い続けても大丈夫?

    2014年10月26日

    「グローミン」の効果に満足した。また使用したいと思っているが、「使い続けると体内でのホルモン生成力がなくなり、本当にダメになる」というようなことがインターネットに書かれてあったが、これは正しいのか?(50代)

    「グローミン」の効果は実感できたが、使用終了後は、また前の状態に戻ってしまったようだ。ずっと続けなければならないのか?(40代)

    今後、また使いたいと思うが、常用して問題はないか?(30代)

    使用を終えたが、以降、この効果が持続できるか?(70代)


     

    本剤のご使用を止めますと、通常は元の状態に戻ると考えています。

    低用量(1日2回、チューブから2cm程度)であれば、 使い続けても問題ないと考えております。1本ご使用後に1週間以上の休薬期間を設ければ、より安心です。

    40代以前の健常男性であれば、通常は十分な分泌能力がありますが、強いストレスや不健康な生活習慣などが原因となり、一時的にテストステロン(男性ホルモン)の分泌不足に陥ることがあります。

    このような人の場合、本剤を使用する間にストレスを取り除き、あるいは生活習慣を改善することで、自律回復することが期待できます。

    一方、本剤は分泌能力そのものを改善しませんので、加齢にともなう睾丸機能の衰えで男性ホルモンの分泌が減ったり、性腺機能に先天的・器質的な問題があり男性ホルモンを十分に分泌できない人の場合は、ご使用を中止すると元の状態に戻ると考えております。

    なお、テストステロンの過剰投与を続けますと、テストステロンの分泌をコントロールする、さまざまなホルモンのリズムが乱れてしまい、ホルモンバランスが崩れて、テストステロンの分泌が停まってしまう懸念があります。

    特に問題になる事例は、長期の過剰な連続投与で、一部の運動選手や薬物マニアによる濫用です。また、睾丸の機能停止が長引くことで精子産生が停まり、男性不妊となる症例があります。妊娠を希望する男性は要注意で、原則的に男性ホルモンの補充はお勧めしません。

    ただし、「グローミン」をはじめ弊社製品の男性ホルモン剤(「トノス」「ヘヤーグロン」)は、あくまで分泌の不足分を補う少量の投与量をめざしたものです。

    下図の通り、「グローミン」で推奨するご使用量(1日2回、チューブ先端から2cmずつ)は、成人男性が一日に分泌するテストステロンの分泌量(7mg/日程度)よりも少なく、医師が注射剤で行う男性ホルモン補充療法(注射)の投与量の約1/5です。

    塗布後6時間以内には元に戻る量ですから、休薬期間を置いて3カ月(目安)を超える長期的な連続使用をしなければ、ご指摘の懸念は非常に少ないと考えております。なお、「トノス」「ヘヤーグロン」は、「グローミン」よりも更に少量です。

    以上の通り、OTC(市販薬)メーカーの責任として不測のリスク回避に万全を期すべきと考えておりますので、弊社推奨のご使用方法の範囲内でお使いいただき、上記の休薬期間をお勧めしています。

    休薬期間を設けるのは、テストステロンの半減期(半分の血中濃度まで代謝されてしまう時間)が11分~90分と言われていますので、少なくとも1週間の休薬期間を設ければ元の状態にいったん戻り、連続投与になる懸念がきわめて少なくなるという考え方によるものです。もちろん、その間に良好な状態を維持できるようになれば、グローミンのご使用を続ける必要はございません。

    なお、上記のホルモンバランスにつきましては、弊社HP「テストステロン分泌のコントロールについて」をご覧ください。

     

     

    続きを読む

  • グローミン使用後のかゆみ

    2014年08月16日

    かぶれやすい体質で、以前も陰嚢がかぶれて病院へ行き副腎ホルモンクリーム剤を塗って治したことがある。グローミン使用10日前後から陰嚢部及び亀頭部にかゆみ、かぶれがあったので、いったん使用を中止した。(50代・男性)


    恐れ入りますが、皮膚過敏症の人は禁忌とさせていただいております。誠に申し訳ございませんが、ご使用は自己責任のご判断となり、弊社サポートの対象外となりますので、どうかご注意くださいませ。

    なお、かゆみ、かぶれの発症部位が陰嚢部だけである場合、脚や腰まわり等で問題の発症しない部位がありましたら、吸収効率は劣りますが、陰嚢以外の部位に塗ってみてはいかがでしょうか。

    続きを読む

  • グローミン塗布後の発赤

    2014年08月16日

    グローミン購入、陰嚢部へ塗布。一本目終了時より陰嚢部に痒み少々、及び亀頭に発赤出現。使用中止して様子をみたが、快方に向かわない。今まで皮膚へのアレルギーは全く無く、あわてている次第です。(65~74才・男性)


    ご心配をおかけ致し申し訳ございません。

    既にご対応いただいている通り、直ちに本剤のご使用を中止して、本剤の添付文書を持って皮膚科を受診し、医師の処置と指示にしたがってください。

    本剤のような外用剤に限らず、化粧品や石鹸等でも有り得ますが、人によりまれに接触皮膚炎と呼ばれる症状が起きます。これは、皮膚に接触した成分に対するアレルギー症状ですが、一両日内に直ぐ現れる場合のほか、花粉症のように、しばらくアレルギーを起こす成分の刺激を受け続けた後に発症する場合もあり、それまでアレルギー症状の経験が全く無かった人でも、しばらく使用した後に発症する場合がございます。

    ただし、現時点では本剤による接触皮膚炎の他に何らかの感染症や、不測の疾患の可能性も否定できません。そのため、先ずは皮膚科を受診のうえ、医師の処置とご指示に従ってください。また、安静にしているにもかかわらず症状の増悪がありましたら、他の不測の疾患も考慮する必要がありますので、直ちに受診して医師にご相談ください。

    グローミンの場合、まれにお肌に合わず軽度の痒みや発赤等を起こす事例を経験しておりますが、使用を始めて約1~2ヶ月で接触皮膚炎を発症した事例も約5万6千本余の出荷に1件の頻度で経験しております。

    接触皮膚炎であれば、患部を清浄・安静にして極力、刺激を与えないようにしながら軽快を待つのが最も無難です。軽快までの期間は経験的に数日から3ヶ月程度と幅広いため、いちがいに申し上げられません。いずれにせよ、軽症であれば物理的・化学的な刺激を極力さけるのが結果的に最善策と考えておりますが、医師のご判断と処置にしたがっていただきますよう、お願い申し上げます。

    続きを読む

  • グローミン塗布中に前立腺が気になった

    2014年08月16日

    グローミン塗布中に前立腺が気になった。1年ほど前、病院で検査時は「気にしなくて良い。」と言われているが、本剤の使用終了後は気にならなくなった事を考えると、今後の継続に若干不安もある。(40代・男性)


    お客様の場合、泌尿器科で定期的な前立腺検査をお続けになることを強くお勧め致します。テストステロンが前立腺肥大や前立腺がんの原因になるという根拠はございませんが、これらが発症した後ですと、テストステロンは症状を促進させてしまうことが指摘されています。そのため、重症の前立腺肥大である人や前立腺がんの人は禁忌とさせていただいております。

    いずれに致しましても、定期的に前立腺検査をしながらテストステロン補充をお続けになるのが最も安心で合理的な方法と言えましょう。

    なお、特に50歳を越えると加齢にともない前立腺がんの罹患率が急速に高まりますので、50歳以上の方が本剤はもとより男性ホルモン剤をご使用になる時は、あらかじめ泌尿器科を受診して前立腺を検査することを強くお勧め致します。(詳しくはこちらをご覧ください。)

    続きを読む

  • グローミン使用後、睾丸にはれぼったい違和感や動悸のような症状

    2014年08月16日

    グローミンを使用後、20日目の頃から睾丸にはれぼったい違和感や動悸のような症状があったので、1日1回、10mmずつに減量したところ、その後は違和感なし。(40代・男性)

     


    これまで睾丸の違和感を数件、経験しておりますが、いずれも使用中止後に軽快しています。本件も使用量を減らした後に違和感が無くなったということから、一時的な不定愁訴が考えられます。

    同様のケースがございましたら、取り急ぎ本剤のご使用を中止して数日~1週間ほど様子を見ていただき、その間に症状が治らない場合は医療機関(泌尿器科、できれば性機能外来や男性更年期外来)を受診くださいませ。

    続きを読む

  • グローミンを使用して抜け毛が減った。

    2014年08月16日

    グローミンを使用したら抜け毛が減った。(40代)

     


    テストステロンには体毛や陰毛の発毛促進作用があるとされており、「グローミン」も、例えば女性恥部無毛症が適応症に認められています。しかしながら、頭髪の発毛効果は認められていません。

    逆に、男性ホルモンが頭髪の抜け毛の原因になるという指摘はございますが、いわゆる「はげ」の一般的な原因には以下が考えられており、テストステロンが直接的な原因になるものではありません。

    1. 「頭皮の清浄をはじめ、食生活、喫煙、過剰な飲酒などの生活習慣」 によるもの。
    頭皮に皮脂が多くなり、毛穴に汚れがたまって毛細血管 の血流が衰えるため、育毛サイクルが乱れて脱毛が多くなる。
    2. 過大なストレスや男性更年期による育毛サイクルの衰え。
    3. 遺伝等にともなう体質的な原因

    「グローミン」の製品モニターを実施したお客様の中に「抜け毛が減った」というご指摘がありましたが、このお客様の場合は上記2.の原因で、「グローミン」のご使用によるテストステロンの補充が結果的に良かったのかも知れません。

    続きを読む

1 / 812345...最後 »