大東製薬工業株式会社

お客様相談室

お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。

月別アーカイブ

記事カテゴリー:グローミン

  • グローミンのパートナーに与える影響について

    2012年10月22日

    グローミンのパートナーに与える影響についてお尋ねします。

    1) 塗布箇所から考えて、パートナーに影響を与える「可能性」を想定しますが、ご見解をお聞かせください。

    2) ご見解の背景、論拠もお示しください。

    (男性・65~74才)
     





    1) パートナーに影響を与える「可能性」について

    • 塗布部の本剤がパートナーに付着した場合、影響を与える可能性は否定できません。
    • 性交など濃厚接触をともなう女性パートナーであれば、体毛が濃くなる、声が低くなる、といった身体的な影響をはじめ、多幸感や明るく積極的になる、といった精神的な影響が考えられます。
    • しかしながら、後述いたします通り、ご使用方法を守っていただければ、その可能性は極めて少ないと考えております。

    2) 見解の背景、論拠について

    • 米国のテストステロン・ジェル製剤では、同居する小児に影響を与えた事例があります。そのため、米国の規制当局(FDA)から添付文書の改訂指示が発出され、これを受けて本邦でも厚労省が弊社製品を含む国内メーカーの男性ホルモン塗布剤に対して、添付文書の改訂を指示した経緯があります。 これを受けて、本剤の添付文書「してはいけないこと」の中で、「使用者以外へ付着させないこと」を記しております。
    • 前記の添付文書において、「塗布部が他の人と接触する可能性があるときは、塗布部を石鹸とぬるま湯で十分に洗い流してください。」と記しておりますので、この注意事項が遵守されることにより、パートナーに本剤のテストステロンが移行して影響する可能性が無くなるものと考えております。
    • 先述のジェル剤は、グローミンと同じくテストステロンを1%含有しますが、当該製剤は「上腕部に毎日5g」を塗布するものです。 一方、「陰嚢部に約0.3gを1日1~2回」塗るグローミンは、塗布量が大幅に少ないうえ、塗布部位の違いから自ずと接触リスクと成分の移行リスクが大幅に少ないと考えております。
    • 一般的に、成人女性も体内でテストステロンを分泌しており、その血中濃度は成人男性の約5%(1/20)と言われています。成人女性にとって、テストステロンの存在自体は必ずしも有害ではありません。
    • 塗布後の経過時間によりますが、例えば塗布後1~2時間後であれば塗布部に残存するテストステロンは相応に減少しているうえ、性交にともなう濃厚接触が無い限りパートナーに付着して体内へテストステロンが吸収される可能性と移行量は非常に少ないと思われ、しかも前記の経緯から1回の移行だけでパートナーへ有害な影響を及ぼす懸念は極めて小さいと考えております。
    • なお先述の添付文書改訂を行う前より、これまで弊社のテストステロン塗布剤で、パートナーへの移行にともなう有害事象は、過去48年余の間に経験しておりません。

     

    続きを読む

  • グローミンの塗布と入浴・シャワーの関連について

    2012年10月20日

    グローミンの塗布と入浴・シャワーの関連に付きお尋ねします。 入浴・シャワーでは当然、塗布部分も洗い流すわけですが、

    (1) 塗布後どの程度の時間差を置けばよいのでしょうか?
    (2) その時間設定の理由
    について

    ご教示ください。 (男性・65~74才)

     






    (1) 塗布後どの程度の時間差を置けばよいのでしょうか?
     塗布後、少なくとも2時間、できれば4時間を置けば、塗布した本剤の有効成分(テストステロン)が十分に吸収され、狙いとする血中濃度の上昇、ひいては効果に差し支えないと考えております。

    (2) その時間設定の理由について
    本剤は、塗布後1~2時間でテストステロンの血中濃度がピークを迎え、塗布後4~6時間で元のレベルに戻ります。 その間、塗布部の皮膚からテストステロンが皮下の血管へ吸収されますが、自ずと血中濃度のピークを迎える2時間程度まで洗い流さないようにすれば、血中濃度の上昇に支障がないため、基本的には所期の効果は得られると考えております。

     

    続きを読む

  • 前立腺癌の治療中、「ガラナポーン」と「トノス」は使えるか?

    2011年06月18日

    前立腺癌の治療で放射線を受けています。早漏で性行為の自信がありません。
    そこで、ガラナポーントノスを使用したいのですが、影響はありますか。
    (男性・45~54才)

     






    拝復 この度は切実なご事情について弊社製品をご検討いただき誠に有難うございます。

    ご記入いただいたメールアドレスにご返信致しましたが、エラーしてご返信が出来ません。そのため、こちらにご質問の一部を抜粋のうえ、ご返信に代えてご案内申し上げます。何卒ご了承のほど御願い申し上げます。

    結論から申しますと、次の通りでございます。

    1. ガラナポーン」(ヨヒンビン製剤)は、前立腺癌への影響に関する報告が無く、長年の実績も踏まえますと影響は無いと思われます。
      しかしながら、その前に、早漏に対する効果が期待できません。
      本剤は心因性EDや、射精障害(精液が尿道口から射出しないで、膀胱へ逆流したり、腟内で射精できない場合など)の場合に効果が期待できます。
    2. トノス」は男性ホルモンテストステロン)を配合しているため、前立腺癌を進行させるリスクがあることから既往の場合は禁忌としており、お勧め出来ません。

    弊社製品をご期待いただいたにもかかわらず、お役に立てず誠に申し訳ございません。

    なお、性機能外来の特殊外来を開設している泌尿器科医の中には、早漏の治療に「SSRI」と呼ばれる抗うつ剤や、医療用のキシロカイン・ゼリーやリドカイン・ゼリーを使用する場合がございます。

    ただし、このような使用方法は本来、承認された用法でなく、適応外使用を敬遠する医師にはご対応いただけない懸念があります。さらに、SSRIにつきましては暴力的な異常行動など有害事象の指摘があることから、臨床応用に消極的な立場をとる医師が多い状況かと存じますが、いずれにせよ泌尿器科医へ率直にご相談なさるのが最善かと存じます。

    前立腺癌の治癒と、今後のご活躍、ご多幸を心よりお祈り申し上げます。

     

    続きを読む

  • 妻の性欲亢進にグローミンは効く?

    2010年06月26日

    グローミン」について教えてください。ホームページを見る限りでは男性の性欲亢進効果が高いようですが女性にも効果がありますか?私(妻)の性欲が少なく夫婦生活に支障が出て困っているので購入しようかと思っています。
    (女性・25~34才)




    テストステロン男性ホルモン)の一般的な作用としてご指摘のように性欲亢進作用があり、グローミンの効果の一つとして、男性ホルモンの分泌不足にともなう性欲欠乏が認められております。また、海外で開発中の他社のテストステロン製剤では女性の性欲障害に対する効果が報告されています。

    成人女性も成人男性の5~10%程度のテストステロンが分泌されていると言われていますが、以上より、ご質問につきましては、原因がテストステロンの分泌不足であれば、女性にも効果は期待できると考えております。

    しかしながら、奥様の年齢(25~34才)であれば、少なくとも加齢にともなうホルモン分泌の低下は考えにくいため、テストステロンの補充を考慮する前に、性欲が少ない状況と原因を多角的に確認した上で適切な対処方法を検討すべきと存じます。

    性欲欠乏の原因は多岐にわたり、しかも複数の原因が複雑に関係する事が多いため、テストステロンの補充だけで単純に解決できない場合があることを何卒ご了承下さいませ。

    例えば、生理的に必要十分なテストステロンを分泌していながら家庭内外の様々なご事情や経緯、ストレス等によりセックスを阻害している状況があれば、グローミンでテストステロンを補充しても効果は期待できません。

    また、女性に対する「過剰なテストステロンの投与」は、クリトリスの肥大化、声変わり(低くなる)、体毛が濃くなる・・・、といった、男性化の副作用が懸念されますので、あくまで女性としての生理的な分泌範囲内(男性分泌量の約5%)での補充となるように、極めて少量(ビーズ大)ずつ投与するといった、注意深いご使用方法が必要です。

    グローミンのご使用に際しましては、少なくとも奥様ご自身の十分な理解が必要でございます。

    以上を踏まえまして、グローミンをお試しになる前に、先ずは専門医のカウンセリングを受けることが最善と存じます。カウンセラーにつきましては、日本性科学会・会員によるカウンセリングをお勧めしております。詳しくは下記URLをご参照下さいませ。


    カウンセリング室(日本性科学会)
    http://www14.plala.or.jp/jsss/counseling/


    日本性科学会(トップページ)
    http://www14.plala.or.jp/jsss/

     

    続きを読む