大東製薬工業株式会社

お客様相談室

お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。

月別アーカイブ

記事カテゴリー:グローミン

  • 前立腺炎の場合、男性ホルモン剤の使用は出来ますか?

    2009年06月01日

    前立腺炎の場合、グローミンヘヤーグロントノス)の使用は難しいですか?

    (男性・25~34歳)



     

    前立腺炎に対する禁忌の情報は今のところ入手しておりませんが、本剤が前立腺の働きを活性化させたとき、炎症に不測の影響を及ぼす懸念がございます。

    そのため当面はご使用しないで、主治医(泌尿器科医)へご相談のうえ、医師の判断に従って下さい。

    なお、「トノス」を早漏防止を目的に亀頭部へ塗布するとき、あらかじめ清浄にしていれば問題ありませんが、前立腺炎ですと最悪の場合は不測の事情で尿道口から入るわずかな刺激により、結果的に炎症を悪化させてしまう恐れが考えられます。
    この場合、例えばパートナー側が持つ雑菌等の影響など、性行為の過程で考えられる様々な原因が考慮され、特定できなくなります。このような不測のトラブルを回避する意味からも、トノスのご使用を考慮する前に、前立腺炎が完治するまで禁欲していただくのが無難と存じます。

     

     

    続きを読む

  • グローミンを女性のクリトリスに塗ると?

    2009年06月01日

    女性のクリトリスに毎日塗った場合は、どうなりますか?

    (男性・25~34歳)



     

    先ず、本剤をクリトリスに塗布するような使用法は承認されていませんので、弊社と致しましてはお勧め出来ません。決してそのようなご使用方法をなさらぬよう、本剤の適正使用を強くお願い申し上げます。

    グローミン」(または「ヘヤーグロン」)の適応症の中には、女性恥部無毛症がございますが、このような場合も患部(外陰部の外側)に塗布するもので、クリトリスへの塗布はお勧めしておりません。

    なお、性同一性障害(GID/FTM)の治療として、男性ホルモン療法による男性化の一環としてクリトリスが大きくなるという症例報告はございますが、これは本剤に認められた使用目的ではございません。そのため、本剤のご使用で男性化の兆候がみられた場合は、ご使用を中止して医師にご相談くださいませ。

     



     

    お客様各位

    医薬品に対する適正使用のお願いについて

     

     

    平素より弊社ならびに弊社製品へのご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

     

     かつて、80年余の長きにわたり多くの人が安全に使用してわたり親まれて来た入浴剤にもかかわらず、数年の間に一部の人が自殺目的で使用した事がメディアに取り上げられて大きな社会問題となりました。自殺防止の観点からドラッグストアで取り扱いを中止する店が相次いだため、何の悪意もなく誠実に製造して来たメーカーであるにもかかわらず、事実上の廃業(製造中止)に追い込まれた事例がございました。

     

     医薬品を本来の趣旨と異なる目的でご使用になり、何らかの有害事象が発生しますと、使用したお客様が取り返しのつかぬ状況に陥る場合がございます。これは、医薬品に限らず、あらゆる工業製品について考えられるものでありますが、医薬品は薬物として健康に直結するため社会的関心が高く、特別な配慮が求められるとされております。そのため、医薬品の開発・製造・流通・小売に携わる全ての人は、薬事法(現在は薬機法)をはじめとする関係法令のもと、当局の重厚かつ厳格な規制にもとづき慎重に対応しております。

     

     そのため、適正使用を逸脱しますと、お客様だけの問題では済まなくなります。例えば、当該製品のみならず同様の成分を持つ各社の製品、ひいては弊社や同業各社の事業存続が困難になりますし、流通先を含む業界全体が混乱する恐れもございます。大手メーカーにとっては多々ある製品の一つに過ぎない影響でも、弊社のような零細メーカーには倒産・廃業に直結する甚大な影響がございます。

     

     そうなりますと、何と申しましても、適正な使用方法によって、永年、安全に本剤のメリットを享受して来た何千人、何万人というお客様に、他に代えがたい希少な医薬品をお届け出来なくなってしまいます。

     

     先述の通り、医薬品には重厚かつ厳格な規制があり、新たな医薬品の開発には莫大な開発資金を要する時代ですから、アイデア商品のような雑貨や一部の健康食品のように次々と新製品を市場導入することは出来ません。いちど廃止した医薬品を復活させるにも、新薬と同じ最新の規制に沿った対応が必要なので、事実上不可能です。もちろん、非合法な雑貨や健康食品の製造販売は行うべきでなく、一線を画す立場でございます。

     

     私共は、適正使用のために添付文書への注意喚起や店頭での情報提供など、当局の指導を待つまでもなく、これまで最善を尽くして参りました。
    それは、適正な使用によって他に代えがたい本剤のメリットを安全に享受しているお客様をはじめ、製品の安定供給のために日々懸命に働いている人達や、関係先の皆様のご厚意に応え生活を守るためでございます。

     

    自己責任で行う目的外使用等の転帰は、必ずしもご本人の問題だけでは済みません。結果的に、多くの善意の人々の生活に甚大な影響を及ぼします。このような背景と事の重大さをご賢察いただき、弊社製品のみならず全ての医薬品の適正使用を、伏してお願い申し上げる次第でございます。

     

    どうか、私達を末永く生かさせて下さいませ。そして、適正使用によって安全にメリットを享受できるお客様が末永くご愛用いただけるように、何卒お力添え下さいませ。謹んでお願い申し上げます。

     平成21年6月(平成29年1月修正)

    大東製薬工業株式会社

    代表取締役社長 福井 厚義

    続きを読む

  • テストステロンは塗っても効くの?一度に何日分もの量を塗って何か増進するの?

    2009年05月18日

    テストステロンは、塗っても効果があるのでしょうか。
    どこに外用して、どんな効果を得るものなのでしょうか。
    また、テストステロンは分解が早いようですが一度に何日分もの量を塗っても
    何か増進するのでしょうか。
    (男性・25~34歳

     



    Q. テストステロンは、塗っても効果があるのでしょうか?

    テストステロンの塗布剤を塗ることで効果はございます。
    テストステロン製剤の効果は、血中のテストステロン濃度を上昇させることにより生じます。
    経皮吸収イメージ図.jpg
    男性ホルモンまたは女性ホルモンの外用剤(塗り薬、貼り薬)は、皮膚の表面にある角質層から表皮を成分が透過し、真皮に張り巡らされている毛細血管から吸収されると考えられています(右図参照)。

    そのため、例えばテストステロンの塗布剤であれば、塗布後に血中のテストステロン値が上昇すると考えられており、その結果、テストステロンの生理作用にともなう所期の効果を得ています。
    これは、弊社製品のみならず、様々なテストステロン外用剤における国内外の臨床研究を通じて報告されております。

     

    Q. どこに外用して、どんな効果を得るものなのでしょうか?

    テストステロンには様々な作用があり、製剤の開発目的や特徴に応じて、塗布部位や期待される効果も多様です。

    テストステロンの一般的な作用につきましては、弊社HPでご説明しておりますので、宜しければご参照下さいませ。

    弊社製品を例に申しますと、陰のう(睾丸)への塗布によるテストステロンの補充をお勧めしておりますが、これは、少量で効率よく血中濃度を上昇させるためにお勧めしているものです。
    これによるテストステロン補充の効果として、勃起力減退や性欲欠乏など、主に性機能に関する諸症状の効果が承認されていますが、弊社の男性ホルモン塗布剤の詳細につきましては、次のリンク先をご覧下さいませ(「グローミン」「ヘヤーグロン」「トノス」のJSMデータベース参照)。

     

    Q. テストステロンは分解が早いようですが一度に何日分もの量を塗っても何か増進するのでしょうか。

    ホルモンは、鍵穴に合う鍵が入ってスイッチを入れるように、標的細胞と呼ばれる、そのホルモンが作用する体内各部の細胞に対して「スイッチを入れる」ような働きをします。

    体中のにある鍵穴(標的細胞)へ鍵(ホルモン)を差し込み、各細胞へスイッチを入れるのに、最低限必要な鍵の数(ホルモン量)は補充すべきですが、スイッチが入って既に働いている細胞を相手に、長期にわたり、いつまでもスイッチを入れ続けなくても良い、というイメージはご了解いただけるかと存じます。

    車やバイクの操作に例えれば、セルモーターを回してエンジンが始動したら、セルはそれ以上回しません。エンジンが始動しているのに、いつまでもセルを回し続ければ、故障の原因になると思います。
    テストステロンの補充はセルモーターを回す操作のようなもので、人間本来の分泌レベルの範囲内で最小限の補充をすれば、必要十分な効果が期待できると考えております。ただし、車やコンディションによってエンジンの始動性が異なるように、様々な観点から個人差はございますので、全員に効果を保証するものではございません。高用量な補充が必要な人につきましては、専門医の管理下で慎重に補充すべきと存じます。

    一方、本来の分泌レベルをはるかに超える量を一度に投与するのは、不自然な状況になりますので、不測の問題が懸念されます。例えば、高用量な男性ホルモン製剤においては多血症など副作用の報告事例がございます。始動性の悪い車に、純正バッテリーの電圧よりも高い電圧の車からケーブルをつないで、セルをいつまでも回し続けるようなものです。専門医の管理下で補充すべき理由は、このような背景によるものです。

    そのため、何日分もの量を塗ることで、良い意味で何かが増進するといった効果を申し上げることは、安全性の観点から私どもにはお答え出来ません。何卒ご了承下さいませ。

     

    続きを読む

  • グローミンを数週間使用して中止すると、リバウンドするか?

    2009年05月05日

    グローミンを数週間程度使用した場合、元来の男性ホルモン分泌量が減少し、使用停止した場合にさらに症状が悪化する(リバウンドする)という報告例はありますでしょうか?
    アナボリックステロイド長期使用者にはそのような症状が見られると聞いた事があります。
    (男性・25~34歳

     

     


     

    少なくとも、3ヶ月間の臨床研究結果(50例)におきましては、ご指摘のようなリバウンドの報告はございませんでした。また、グローミンは、これまで約5年余の間に全国80施設を超える医療機関で臨床応用されて、少なくとも千人を超える患者様にご利用いただいているものと推定致しておりますが、ご指摘のような症例報告や苦情等は今までございません。

     

    弊社HPの中でご案内している通り、男性ホルモンは脳下垂体から分泌されるLH(性腺刺激ホルモン)というホルモンの刺激を受けて、精巣のライディッヒ間質細胞で産生されていますが、健常者で男性ホルモンの分泌が十分である人に過剰な男性ホルモンを長期にわたり投与すれば、体内で男性ホルモンを産生させようとする働きが長期間にわたり抑えられます。
    具体的に申しますと、LH(性腺刺激ホルモン)と呼ばれるホルモンの分泌が長期にわたり抑えられることになります。
    そうなりますと、精巣のライディッヒ間質細胞の機能低下が懸念され、最悪の場合は自立的に男性ホルモン産生できなくなってしまう恐れがございますし、機能が回復する場合であっても、それまでの間リバウンドの症状を呈する可能性が否定できません。

    しかしながら、男性ホルモン剤をめぐる考え方には、次の3つがあると考えております。

     

    1. ●人工的に合成されたテストステロンの誘導体で、安全性の検証が確立されていないアナボリックステロイドホルモンに対して、グローミンに配合したテストステロンは体内で産生している男性ホルモンと同一で、根本的に異なること。
    2. ●男性ホルモンが十分に分泌されている人に対して、倫理的な懸念がある使用目的で過剰な男性ホルモンを長期にわたり投与するケース。
    3. ●男性ホルモンが不足している人に、生理的範囲内の男性ホルモンを短期間・間欠的に補充するケース。

     

    グローミンがめざす考え方は上記の3.である一方、アナボリックステロイド長期使用者によるリバウンドのご指摘は、上記の1.と2.に該当する極端なケースと考えており、弊社は一線を画す立場でございます。

    リバウンドの問題は、先述の通り精巣の機能低下や退化が懸念されるために指摘されるものですが、グローミンはもとより医療用テストステロン製剤の投与による一般的な男性ホルモン補充療法で問題になった症例報告等は今まで入手しておりません。

     

    問題は、あくまでボディビルディングや筋肉増強を目的とした、倫理的な懸念のある医療や、ドーピングによるアナボリックステロイドの投与です。
    すなわち、通常の医療を逸脱した過剰投与、あるいは安全性の検証ができてない未承認医薬品が様々な副作用を引き起こすことで、状況を深刻にさせていると思われます。
    医療として着実に実績を積んでいるホルモン補充療法に対して、このように乱暴な事例による社会的偏見や風評で混乱を来たす状況があるならば、誠に残念でなりません。

     

    グローミンに配合しているテストステロンは、体内で産生しているものと同一物質であるうえ、生理的範囲内にこだわり、さらに投与量を抑えていますので、医療用の従来製剤よりも更に安全マージンを確保していると自負しております。

     

     

    続きを読む