大東製薬工業株式会社

お客様相談室

お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。

月別アーカイブ

記事カテゴリー:グローミン

  • グローミンを塗る効果的なタイミングは?

    2021年02月25日

    Q. グローミンの塗布について、1日2回(朝・晩)の中で、朝最も良い時期(例えば起きてスグか)晩は寝る前とか、同じ朝、晩でも効果的な時間帯があると思いますが、如何でしょうか。


    A.

    グローミンを朝晩に塗るタイミングにつきましては健常成人男性のサーカディアンリズムに近づけることを考えています。これは、強い効果を追究する意図よりも、人間本来の分泌リズムに近づけて不測のリスクを避ける考えによります。

    健常成人男性はテストステロンが日内変動していますが(弊社HP参照)、下のグラフにあります通り午後8時頃に底を迎えたテストステロン値は、午前5時頃にピークを迎えています。

    【健常男性(26~45歳)5名の日内変動(Cooke et al, 1993)】

    ■: 総テストステロン
    △: フリーテストステロン
    ○: 非SHBG結合テストステロン

    出典:
    Maximize Your Vitality & Ptency For Men Over 40
    Jonathan V.Wright, M.D. and Lane Lenard, Ph.D.
    ISBN: 0-9627418-1-7

     

    そのため、一般的な就寝時刻を午後8時~午前1時と考え、この時間帯の入浴後に清浄にした状態でグローミンを塗布して血中濃度を上昇させて行き、起床時刻と思われる午前5時~午前9時を目安に塗布することで、午前中のテストステロン値を高めにさせて健常成人男性の状態に近づけることを考えました。

    塗布後1~2時間後にピークを迎えますから、午前5時にピークを迎えるためには午前3~4時に塗ることになりますが、この時間帯に起床できる人は限られますので、上記の考えに至りました。

    いずれにせよ、健康的なサーカディアンリズムが前提となりますので、最善の効果を目指すためには規則正しい生活リズムと十分な睡眠でサーカディアンリズムを整え安定させることが極めて重要ですし、たとえ塗布部位や塗布時刻を厳密に管理しても、サーカディアンリズムが整っていなければ所期の効果が得られない可能性を懸念いたします。

    以上の通り、グローミンをはじめ弊社製品は穏やかな効果であれ、不測のリスクを避けることに最善を尽くしております。

    もし、男性ホルモンの投与による強い効果をお求めでしたら、泌尿器科を受診して必要な検査と診察、診断を経たうえで、男性ホルモンの注射による補充をしていただくことが最善と存じます。一般的な男性ホルモン注射剤の投与量は、1日量に換算して比較しますとグローミンの約5倍となりますので、相応の強い効果が期待できます(こちらの記事もご参照ください)。

     

    続きを読む

  • グローミンを使用して、市販のサプリメントを飲んでも問題ないか?

    2021年02月24日

    Q. グローミンを使用して、市販のサプリメントを飲んでも問題ないですか。例えば、アルギニン配合ドリンクなど。


     

    A.

    ご指摘のアルギニン配合飲料につきまして、問題となる情報はありません。また、これまで市販のサプリメントの併用で問題となった事例はなく、問題が懸念される学術情報も今のところございません。

    ただし、併用するサプリメント自体に何らかの問題がある場合、例えばサプリメントの成分に対するアレルギー症状や、サプリメントの品質に問題がある場合、サプリメントに違法な成分を配合している場合の健康被害につきましては、本剤の併用とは別問題となりますので、念のため申し添えさせていただきます。

     

    続きを読む

  • グローミンの使用で精巣が委縮する可能性はあるか?

    2021年02月22日

    Q. グローミンの使用で精巣が委縮する可能性はありますか?

    また、陰嚢へ塗ることをおススメされておりますが、陰嚢への長期使用は避けたほうがいいという意見も目にしました。どのようなご見解かお教えください。


    A.

    医療用の高用量な男性ホルモン剤を前提にしたとき、十分な量の男性ホルモンを投与しますと、精巣を機能させる役割を果たす性腺刺激ホルモンの分泌が停まります。これにともない精巣機能が停まるため、現時点の医学的な一般論としては、投与期間が何カ月も続いて長期化するほど、精巣の萎縮があると言われています。

    そのため、自然妊娠を希望する男性の場合は、精巣での精子産生が停まり男性不妊に陥るリスクを避けるため、男性ホルモン剤を投与しない方針をとる医師が一般的です。

    一方、グローミンを2cm/回ずつ、朝晩2回/日の塗布で男性ホルモンを補充しても、塗布後の男性ホルモンの血中濃度は約8時間以内に元のレベルへ戻りますので、性腺刺激ホルモンの分泌を低下させる影響は限定的です。そのため、注射による高用量な男性ホルモン剤と比べますと、精巣機能が常時停まることにならないものと考えており、これまで精巣の萎縮が顕在化した事例を経験していません。

    ただし、グローミンについて以上のことを言い切るための直接的な検討結果は今のところ揃っておらず、今後の課題として検討中です。そのため、現状ではグローミンで精巣が萎縮する可能性が絶対に無いとは言い切れません。

    そのため、万全を期すため朝晩2回の塗布で効果がありましたら、1日1回、朝の塗布だけにすることや、休薬期間を設けて症状が再発したら改めて使用を再開する、といった使い方をお勧め致しております。

    ここで、朝に絞る理由は、健常成人男性の日内変動は早朝にピークを迎えるため、本来のサーカディアンリズムに沿わせる意図によるものです。

    なお、グローミンを睾丸に塗るのは、精巣へ男性ホルモンを直接的に投与する意図ではなく、皮膚からの吸収が良い場所へ塗ることで、少量でも効率的に吸収させることが目的です。

    陰嚢への長期投与が問題というご指摘ですが、陰嚢でなければ長期投与しても問題がないとは考えておらず、本来の日内変動を無視した高いテストステロン・レベルが長期間にわたり続く状況が問題になる、というのが私どもの考えです。

    そのような考えを踏まえ、「少しずつ、間隔を空ける投与」により懸念されるリスクを回避し、その上で少量の天然型テストステロン効率的に投与する方法として、吸収のよい陰嚢部をお勧め致しております。

    続きを読む

  • グローミンを使用すると勃起は改善するか? すぐ効くの?

    2018年04月01日

    お手軽で、リスクがなく、即効的で十分に効く方法で、EDを何とかしたい。

    Q1.グローミンを使用すると勃起は改善するか?

    Q2.バイアグラのような効果はあるのか?

    Q3.結局のところ、どこに塗ればいいのか?

    (男性・65歳以上)


    A1.期待できますが、誰にでも直ぐ著効というものではありません。
    一般的に、40代以降であれば加齢にともない男性ホルモンの分泌が減り、勃起を衰えさせてしまうケースは多くの男性にあてはまるので、男性ホルモンを補充することには意義があります。
    ただし、勃起に影響する要因は多々あり、人により動脈硬化や糖尿、心因性など複数の原因が合併したり、これらの原因につながる喫煙や運動不足など勃起のリスク要因も複合しますし、そのうえEDになってから月日が経った人ほど勃起に関係する筋肉組織も衰えていますので、自ずとリハビリに時間を要する場合があります。
    そのため、グローミンの効果を2~3日で実感する方から、2週間以上かかる方もいらっしゃいます。先述の背景から、人によりますので、まずは本剤1本(2回/日で約2週間、1回/日で約1ヶ月)をお試し下さいませ。

    なお、これまでの臨床研究では通常3ヶ月の投与後に評価していますので、その間の何日目から効くかを科学的・定量的に表現することは出来ておりません。

     

    A2.PDE-5阻害剤(バイアグラ、レビトラ、シアリスは、末梢系(陰茎の中)で勃起を萎えさせる仕組みを止めることで、結果的に勃起しやすくする薬なので、脳中枢で起きる性衝動から陰茎に至る神経経路に問題がなければ、自ずと即効的に効きます。

    一方、男性ホルモンを補充しても、衰えた筋肉や動脈硬化が直ちに若い頃へ戻るわけでありません。したがって、グローミンに即効性は期待できません。しかしながら、男性ホルモンを補充すると、勃起に関連する筋肉や血管をはじめ、脳中枢の性衝動などのリハビリが期待できますので、勃起の下地づくりとして意義があります。「朝だち」の有無と、朝だちの強さで観察して下さい。

    バイアグラと即効性や効き目を比べることより、例えばバイアグラで勃起するが十分に勃起しない人には、勃起の下地づくりとしてグローミンの併用に意義がありますので、お勧めしています。

     

    A3.陰のう(睾丸)が吸収がよく効率的に補充できるので、お勧めしています。

    陰のうへの塗布を避けたいと考える人には、髭剃り直後の顎下部分への塗布をお勧めしています。

    なお、「複数の部位へそれぞれ塗るのか?」というご質問をいただくことがありますが、ひとつの部位に塗ることを前提として検証していますので、複数の部位へ同時に塗布した場合は有用性の根拠がなく、お勧め出来ません。

     

    続きを読む

  • 「グローミン」をダイエットに役立てたい。

    2014年10月26日

    Q. 「グローミン」をダイエットに役立てたいのですが。(30代)


    A. 期待できません。

    テストステロンが筋肉を発達させて基礎代謝が増え、結果的に体脂肪率が低減してシェイプアップになる、というご期待から、プロテインのサプリメントのようなイメージをなさっていらっしゃると存じます。

    しかしながら、ご高承のようにシェイプアップは、あくまで適切な運動によるトレーニングと適切な食事を継続して得られるもので、元々、男性ホルモンが正常な分泌レベルにある人が本剤のご使用に頼っても効果は期待できません。

    極論しますと、寝たきりで身体を動かすことなくプロテインの摂取と男性ホルモンを投与するだけで筋肉量が増えることは無いと考えております。

    逆に、規則正しい生活習慣、適切な運動と食事により、男性ホルモンの自律的な分泌が活性化すると言われていますので、これらを心がけることが本筋と存じます。

     

    続きを読む

  • 陰茎の成長や包茎の改善に使えるか?

    2014年10月26日

    Q. 陰茎の成長や包茎の改善には?(20代)


    A. 期待できません。

    弊社製品の男性ホルモン剤(「トノス」「グローミン」「ヘヤーグロン」)に、ご指摘の効能・効果は承認されておりません。

    陰茎や亀頭部のような性器の成長に男性ホルモンが関係すると言われているので、性器を大きくしたい人や、亀頭部を大きくさせて包茎を改善したい人が弊社製品に効果を期待して、お問合せをいただくことがございます。

    しかしながら、一般に性器の成長・発達は、あくまで第二次性徴(声変わり、陰毛の発毛、筋肉や性器の発達、射精など)が始まる思春期からの成長期が前提と存じます。通常は身体の成長が止まりましたら、その後いくら男性ホルモンを投与しても期待できそうにありません。

    ただし、人により内分泌系の機能不全や睾丸の発育不全により、第二次性徴が発現できない場合があると言われております。例えば「グローミン」の適応症の中には先天性睾丸発育不全もありますが、例えば中学を卒業する年頃になっても第二次性徴が現れない人は、自己診断で判断しないで医療機関(かかりつけの内科、小児科、泌尿器科)を受診して適切な治療を受けていただきますよう、強くお勧め致します。

    それから、包茎の治療には手術が一般的で、症状により異なるようですが、完全包茎であれば保険適用になるという話もございますので、泌尿器科を受診してご相談なさってはいかがでしょうか。

    なお、仮性包茎はコンプレックスに思う必要はなく、非勃起時の亀頭部を保護するという意義からは、むしろ仮性包茎が正常な状態なのかも知れません。ただし、より注意深く亀頭部の清浄を維持する必要があるかと存じます。

     

    続きを読む

  • 発がん性などの副作用は?

    2014年10月26日

    Q. 男性ホルモンによる発がん性などの副作用は?

    肝臓に悪いとか、自分で男性ホルモンを作れなくなる、という話がありますが・・・?(20代)


    A. 弊社製品(トノス・グローミン・ヘヤーグロン)は天然型のテストステロンを配合していますが、男性ホルモンのうち、少なくとも天然型のテストステロンが前立腺がんを発症させる根拠はありません。

    ただし、既に発症している前立腺がんを増悪させることがあるため、前立腺がんの人は使用しないことや、あらかじめ前立腺の検診(PSAの測定)を受けて、問題ないことをご確認いただくことを、お願いしています。

    なお、加齢と前立腺がんに関するご案内と注意事項はこちらをご覧ください

     

    かつて社会問題になった、一部の運動選手やボディビルダーなどが用いたアナボリック・ステロイドにつきましては次の二つの問題点があり、これらが肝機能障害や分泌機能の障害を引き起こすものと思われます。

    1)過剰投与と長期連続投与。

    2)テストステロンの代替物として人口合成された筋肉増強剤。テストステロンの類似物質で天然にない化学物質。

    上記に対して、弊社製品(「トノス」「グローミン」「ヘヤーグロン」)は低用量で、天然型のテストステロンを配合した塗り薬として経皮吸収させることにより、ご指摘のリスク回避に最善を尽くしております(こちらもご参照ください)。

    続きを読む

  • 動物抽出など自然にある男性ホルモンは人工合成したものに比べて安心?

    2014年10月26日

    Q. 動物抽出など自然にある男性ホルモンは、人工合成したものに比べて安心だと思うが、使用し続けると体内の生成機能が衰えるのでしょうか。(50代)


    A. いちがいに言えず、あくまで物質自体の「品質」(純度や含量など医薬品としての規格)と「化学構造」がポイントと考えております。

    「品質」につきましては、日本国内で承認された医薬品に使用される原料には、必ず医薬品としての規格が定められています。いかなる由来であっても、国の承認を経た品質上の基準を厳格に規定し管理することで安全性と有効性が保証されています。

    「化学構造」については、例えば男性ホルモンと総称しても、様々な化学構造の物質があります。体内で産生される物質と同じ化学構造のものが「自然にある」男性ホルモンであるならば、男性ホルモンとして作用するが人体はもとより自然界に本来存在しない化学構造の物質が、「人工合成」の男性ホルモンと言えましょう。

    「自然にある」物質は安心感があるかと存じますが、塩分や糖分をはじめ水分であっても、過剰摂取や過剰投与には何らかのリスクが懸念されますし、何らかの汚染された天然物から抽出する際は、有害な異物はもとより有害物質や有害な微生物・ウイルス等の混入を避け、あるいは十分に除去する必要があります。

    一方、自然界に無い「人工合成」の物質に不安感はあるかも知れませんが、許容範囲内のリスクで大いに役立ち、長年にわたり実績を積んでいる有益な物質は多々あります。

    ですから、「自然なものだから、使い続けても大丈夫」とは限りません。天然型のテストステロンを使い続けて大丈夫かどうかにつきましては、こちらのご質問の回答をご参照ください。

    続きを読む

1 / 812345...最後 »