大東製薬工業公式BLOG

更年期や性機能についての学術情報、最新研究などを紹介いたします。更年期や性機能についての学術情報、最新研究などを紹介いたします。

Category

月別アーカイブ

Category:学術資料

  • 超低用量の経皮吸収エストラジオールが骨密度を増加する

    2006年07月18日


    【方法】
    対象:子宮切除のない60~80歳の閉経後の女性、417例。
    投与:無作為に実薬群208例、プラセボー群209例に割付、実薬群にMenostar(17-beta estradiol 14mcg/日)を24ヶ月間投与した。加えて全例に、Ca 800mg及びビタミンD 400IUを投与した。
    調査項目:投与前及び24ヶ月後に腰椎及び全身のBMD、骨回転マーカー及び子宮内膜の厚さ。

    【結果】
    終了時点において、エストラジオール群はプラセボー群に比して腰椎及び全身のBMDが有意に増加し、骨回転マーカーが有意に減少した。有意差は全パラメーターで強度(p<0.001)であった。腰椎のBMDの増加は最初のBMD及び骨粗鬆症リスクファクターの存在とは無関係であった。
    重篤な副作用イベントはエストラジオール群で24例に、プラセボー群で23例に認め、各群で10%の患者が副作用イベントのため中止した。代表的な副作用イベントはエストラジオール群で、上部気道感染、事故による傷害、関節痛、白帯下および適用部位の反応であった。これらはプラセボー群でも同様にみられた。

    【結論】
    この併用療法は腰椎及び全身のBMDを増加できる。

    【原著】
    Ultra-Low Dose Menostar (Estradiol Transdermal System) Increases Bone Mineral Density: Presented at NAMS
    2005年9月29日 16th annual meeting of the North American Menopause Society (NAMS)における Laslo B.Tanko.MD,PhD の発表

    【引用】Doctor’s Guide

    【担当者コメント】
    学会発表であり、抄録ではなく第三者の報告なので不明なところはありますが、Ca及びビタミンD補給下、24ヶ月という長期間の治療ながら、14mcg/日という低用量で経皮的投与によるエストラジオールの効果が確認された、という報告です。(野)

    続きを読む

  • シルデナフィル無効症例に対するアンドロゲンとシルデナフィルの併用

    2006年07月18日


    【目的】
    シルデナフィル単独投与には反応しない低ゴナドトロピン患者に対し、アンドロゲンの効果を検討する。

    【方法】
    対象:シルデナフィル100mgに対し効果が不十分であった、勃起不全を伴う低ゴナドトロピン患者、32例。
    投与方法:テストステロンアンデカノエイト80mgを1日2回または3回、単独経口投与を2カ月間行った。十分な勃起が得られない症例には、その後シルデナフィルとテストステロンの併用投与を行った。
    評価項目:トータルテストステロン(TT)、フリーテストステロン(FT)、IIEF、IPSS及びUFR

    【結果】
    テストステロンへの切り替えにより11例(34.3%)に十分な勃起機能の改善が得られた。効果不十分例では、その後の併用により12例(37.5%)に十分な効果が得られた。
    血清TT及びFTはテストステロン単独投与後及び併用後投与後、ともに有意に上昇した。IIEFスコアも単独投与及び併用投与後、ともに有意に上昇した。
    IPSS或いはUFRには有意な変化が認められなかった。

    【結論】
    シルデナフィル無効例の1/3がテストステロンに反応し、他の1/3がテストステロンの正常化後のシルデナフィルの再投与により改善した。それゆえ、低ゴナドトロピン性の勃起不全患者ではアンドロゲンの補充療法が第一選択である。また各単独投与で改善が得られなかった症例に対しては、併用療法が有効であろう。

    【原著】
    Combined use of androgen and sildenafil for hypogonadal patients unresponsive to sildenafil alone.
    Int J Impot Res. 2006 Jan 5

    【引用】Doctor’s Guide

    【担当者コメント】
    シルデナフィル無効な低ゴナドトロピン患者の約1/3に対して、テストステロン補充療法の併用が有効であったとのことです。(野)

    続きを読む

  • 低テストステロンとメタボリックシンドロームの関連

    2006年07月09日


    【目的】
    高齢者の血清テストステロン、肥満及びメタボリックシンドロームの関係を調査した。

    【方法】
    2つの脂質治療試験に参加している、平均年齢52歳の男性864例について、ベースラインの血清テストステロン、脂質、血糖および身体計測調査を行った。いずれの試験もLDLコレステロール 130 ~ 160 mg/dl、トリグリセリド 350 mg/dl または以下の男性である。

    【結果】
    ・メタボリックシンドロームの有無に関わらず、テストステロンはBMIの上昇と共に減少した(p <0.0001)。

    ・メタボリックシンドロームを有する肥満および強度肥満男性のテストステロンは約150 及び 300ng/dlで、メタボリックシンドロームのないやせた高齢男性より低かった。

    ・糖尿病あるいは空腹時血糖 110mg/dl以上、BMI 30kg/m② 以上、トリグリセリド 150mg/dl 以上が低テストステロン症と関連していた。

    【結論】
    肥満およびメタボリックシンドロームを有する高齢男性の血清テストステロンは高齢の健康男性に比して有意に減少している。この結果はEDと肥満との関係がホルモンと関連している事を示すものである。

    【原著】
    The Age Related Decrease in Testosterone is Significantly Exacerbated in Obese Men With the Metabolic Syndrome. What are the Implications for the Relatively High Incidence of Erectile Dysfunction Observed in These Men?
    Kaplan SA, J Urol. 2006 Oct;176(4):1524-8.

    【弊社コメント】
    肥満→メタボリックシンドローム発症→加齢と相まって低テストステロン症状に?
    血清テストステロンとメタボリックシンドロームの関連が明確になってきました。(野)

    BMI:大人を対象とする体格指数。Body Mass Index の略。
    BMI=[体重(kg)]/[身長(m)]②  (②は二乗)

    普通:19.8~24.2(日本人の標準値は男女共に22)
    肥満:25.0以上

    続きを読む

  • 男性更年期障害患者におけるテストステロン軟膏の有効性の検討

    2005年06月30日


    更年期障害を訴える30歳以上の患者で、血中総テストステロン値(総T)が2.7ng/ml 未満または血中フリーテストステロン値(FT)が10.0pg/ml 未満の50症例に、グローミン軟膏(1本10g中にT 100mg含有)をチューブの先から2cm程度(3mgのT)を目安に指先に取り1日2回朝、夕(1日6mgのT)で12週間、陰嚢皮膚に塗布した。評価方法は、軟膏塗布前、塗布12週間後に総T、FTを測定し、症状スコアとしてAMS調査票、国際勃起機能スコア(IIEF5)質問表、QOL問診票としてSF-36を用いてその有効性を検討した。

    血中総T、FTは、塗布前は各々2.7±1.0ng/ml、7.5±2.5pg/mlであったが、塗布1週間後には、5.5±2.4ng/ml、13.3±6.0pg/ml と、有意な上昇を認めた。AMSでは、治療前は、心理的因子12.4±4.8、身体的因子18.7±4.9, 性機能因子は14.5±4.6 であったものが、治療後はそれぞれ、10.9±5.0、16.4±5.1、13.1±4.4と有意に症状の改善を認めた。SF-36では、体の痛み、社会生活、日常役割機能(精神)、心の健康の各ドメインが改善した。

    副作用は、排尿障害、脂漏性湿疹など軽度のものであり、肝機能障害やPSAの上昇などは認めなかった。男性更年期患者におけるホルモン補充療法の治療薬として、グローミン軟膏は安全かつ有効であると考える。


    テストステロン軟膏研究グループ

    日本性機能学会雑誌:20 (1) 19~24, 2005

     

    続きを読む

  • 健康男性における遊離型テストステロンの日内変動と男性ホルモン軟膏塗布後のプロファイル

    2005年06月30日


    男性更年期障害(PADAM)に対するホルモン補充療法(HRT)は、本邦では注射剤が主に使用されているが、われわれは昭和40年に旧厚生省より製造承認された男性ホルモン軟膏(製品名:グローミン)が、OTCとして使用可能であることを知った。そこで健康男性ボランディア4名に本剤を1日2回陰嚢皮膚に塗布して、血中男性ホルモン値(遊離型テストステロン:FT)を測定し、塗布前の日内変動と比較した。さらに本剤を1週間継続的に経皮的塗布した後にも、同様にFTを測定した。その結果、今回の健康男性においてもFT値は午前中に高値を維持し、午後~夕方夜間にかけて低下する日内変動がみられた。男性ホルモン軟膏を塗布すると、FT値は上昇し、1時間後に最大値を示し、約4時間後には元のレベルに戻った。1週間継続的に塗布した後でも、FT値は塗布約1時間後に上昇し最大値を示したが、経皮的に吸収され、健常者であっても血中FT値の上昇は生理的上限をやや上回る程度の増加で、その作用継続時間は比較的短いものの、PADAMに対するHRTとして使用する場合、FTを持続的に高レベルに保つよりも、日内変動に沿ってFT値レベルを調節するといった投与を行うのに適しているものと考えられた。


    テストステロン軟膏共同研究グループ

    日本性機能学会雑誌:20 (1) 13~18, 2005

    続きを読む

  • blogimage

    カテゴリマーク男性ホルモン
    (アンドロゲン・テストステロン)

    男性ホルモン(アンドロゲン・ テストステロン)

    睡眠中の呼吸に対するテストステロンの影響

    1986年08月31日


    【 要旨 】

    睡眠中の無呼吸と呼吸低下は、女性よりも男性でより頻繁に発生する。 呼吸障害は、テストステロン投与後に性腺機能低下症の男性で増加することも報告されている。 これは、睡眠呼吸パターンに対するホルモンの影響を示唆している。

    そこで、我々はテストステロン補充療法のオンとオフの両方で、性腺機能低下症の男性11人の睡眠中の呼吸リズムを調べた。 うち4人の被験者では、解剖学的所見(コンピューター断層撮影)と上気道の気流抵抗も両方の機会に調べた。

    睡眠段階の分布と持続時間は、アンドロゲン投与後も変わらなかった。ただし、テストステロン補充中に無呼吸と呼吸低下の両方が大幅に増加したため、睡眠1時間あたりの呼吸障害イベント(無呼吸+呼吸低下)の総数は6.4 +/- 2.1から15.4 +/- 7.0(P値 0.05未満)に増加した。これは非常に可変性のあるイベントであり、一部の被験者はアンドロゲンを補充すると無呼吸と呼吸低下が大幅に増加することを示したが、他の被験者は睡眠中の呼吸にほとんど変化がなかった。

    一方、上気道の寸法はテストステロンの影響を受けなかった。

    これらの結果は、テストステロンが上気道の解剖学的変化とは独立したメカニズムを通じて睡眠呼吸障害に寄与することを示唆している。

    【 原著 】

    J Appl Physiol (1985). 1986 Aug;61(2):618-23.

    Influence of testosterone on breathing during sleep.

    Schneider BK, Pickett CK, Zwillich CW, Weil JV, McDermott MT, Santen RJ, Varano LA, White DP.

     

    続きを読む

  • 性腺機能低下症男性におけるテストステロン補充:閉塞性睡眠時無呼吸、呼吸ドライブ、および睡眠への影響

    1985年06月30日


    【 要旨 】

    閉塞性睡眠時無呼吸症候群は主に男性で発生する。 換気機能に対するテストステロンの効果と、テストステロンが閉塞性無呼吸の発生に関与する可能性があるかどうかを判断するため、5人の性機能低下男性の覚醒時換気駆動研究と睡眠研究を実施した。

    これらのアンドロゲン欠乏被験者は、治療を受けていない間と、6週間のテストステロン補充療法(2週間毎にテストステロンエナンテート200 mg 筋注)の両方で研究された。 低酸素換気ドライブは大幅に減少し、テストステロンオフ158 +/- 39(平均+/- SEM)からテストステロン治療時88 +/- 19(P値 0.05未満)になった。 高炭酸ガス換気ドライブはテストステロンで有意に変化しなかった。 閉塞性睡眠時無呼吸は1人の男性で発生し、テストステロン投与に関連して別の男性で著しく悪化した。 これらの被験者は両方とも、睡眠中の心不整脈の発生とヘマトクリットの大幅な増加に伴い、酸素飽和度の顕著な低下を示した。 残る3人の性腺機能低下症の男性は、テストステロンのオンまたはオフのいずれにおいても有意な睡眠時無呼吸を示さなかった。 テストステロン投与中、レム睡眠で費やされる睡眠時間の割合は14 +/- 3%から22 +/- 2%に増加した(P値 0.01未満)が、睡眠時無呼吸のエピソードはノンレム睡眠中に発生する傾向があった。

    一部の性腺機能低下症の男性では、テストステロンの補充投与量が換気駆動に影響し、閉塞性睡眠時無呼吸を誘発または悪化させる可能性がある。閉塞性睡眠時無呼吸症候群は、テストステロン療法の潜在的な合併症である(250語に省略)。

    【 原著 】

    Clin Endocrinol (Oxf). 1985 Jun;22(6):713-21.

    Testosterone replacement in hypogonadal men: effects on obstructive sleep apnoea, respiratory drives, and sleep.

    Matsumoto AM, Sandblom RE, Schoene RB, Lee KA, Giblin EC, Pierson DJ, Bremner WJ.

     

    続きを読む

21 / 21« 先頭...1718192021