大東製薬工業株式会社

お客様相談室

お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。

月別アーカイブ

  • グローミンを塗る効果的なタイミングは?

    2021年02月25日

    Q. グローミンの塗布について、1日2回(朝・晩)の中で、朝最も良い時期(例えば起きてスグか)晩は寝る前とか、同じ朝、晩でも効果的な時間帯があると思いますが、如何でしょうか。


    A.

    グローミンを朝晩に塗るタイミングにつきましては健常成人男性のサーカディアンリズムに近づけることを考えています。これは、強い効果を追究する意図よりも、人間本来の分泌リズムに近づけて不測のリスクを避ける考えによります。

    健常成人男性はテストステロンが日内変動していますが(弊社HP参照)、下のグラフにあります通り午後8時頃に底を迎えたテストステロン値は、午前5時頃にピークを迎えています。

    【健常男性(26~45歳)5名の日内変動(Cooke et al, 1993)】

    ■: 総テストステロン
    △: フリーテストステロン
    ○: 非SHBG結合テストステロン

    出典:
    Maximize Your Vitality & Ptency For Men Over 40
    Jonathan V.Wright, M.D. and Lane Lenard, Ph.D.
    ISBN: 0-9627418-1-7

     

    そのため、一般的な就寝時刻を午後8時~午前1時と考え、この時間帯の入浴後に清浄にした状態でグローミンを塗布して血中濃度を上昇させて行き、起床時刻と思われる午前5時~午前9時を目安に塗布することで、午前中のテストステロン値を高めにさせて健常成人男性の状態に近づけることを考えました。

    塗布後1~2時間後にピークを迎えますから、午前5時にピークを迎えるためには午前3~4時に塗ることになりますが、この時間帯に起床できる人は限られますので、上記の考えに至りました。

    いずれにせよ、健康的なサーカディアンリズムが前提となりますので、最善の効果を目指すためには規則正しい生活リズムと十分な睡眠でサーカディアンリズムを整え安定させることが極めて重要ですし、たとえ塗布部位や塗布時刻を厳密に管理しても、サーカディアンリズムが整っていなければ所期の効果が得られない可能性を懸念いたします。

    以上の通り、グローミンをはじめ弊社製品は穏やかな効果であれ、不測のリスクを避けることに最善を尽くしております。

    もし、男性ホルモンの投与による強い効果をお求めでしたら、泌尿器科を受診して必要な検査と診察、診断を経たうえで、男性ホルモンの注射による補充をしていただくことが最善と存じます。一般的な男性ホルモン注射剤の投与量は、1日量に換算して比較しますとグローミンの約5倍となりますので、相応の強い効果が期待できます(こちらの記事もご参照ください)。

     

    続きを読む

  • 「グローミン」をダイエットに役立てたい。

    2014年10月26日

    Q. 「グローミン」をダイエットに役立てたいのですが。(30代)


    A. 期待できません。

    テストステロンが筋肉を発達させて基礎代謝が増え、結果的に体脂肪率が低減してシェイプアップになる、というご期待から、プロテインのサプリメントのようなイメージをなさっていらっしゃると存じます。

    しかしながら、ご高承のようにシェイプアップは、あくまで適切な運動によるトレーニングと適切な食事を継続して得られるもので、元々、男性ホルモンが正常な分泌レベルにある人が本剤のご使用に頼っても効果は期待できません。

    極論しますと、寝たきりで身体を動かすことなくプロテインの摂取と男性ホルモンを投与するだけで筋肉量が増えることは無いと考えております。

    逆に、規則正しい生活習慣、適切な運動と食事により、男性ホルモンの自律的な分泌が活性化すると言われていますので、これらを心がけることが本筋と存じます。

     

    続きを読む

  • 陰茎の成長や包茎の改善に使えるか?

    2014年10月26日

    Q. 陰茎の成長や包茎の改善には?(20代)


    A. 期待できません。

    弊社製品の男性ホルモン剤(「トノス」「グローミン」「ヘヤーグロン」)に、ご指摘の効能・効果は承認されておりません。

    陰茎や亀頭部のような性器の成長に男性ホルモンが関係すると言われているので、性器を大きくしたい人や、亀頭部を大きくさせて包茎を改善したい人が弊社製品に効果を期待して、お問合せをいただくことがございます。

    しかしながら、一般に性器の成長・発達は、あくまで第二次性徴(声変わり、陰毛の発毛、筋肉や性器の発達、射精など)が始まる思春期からの成長期が前提と存じます。通常は身体の成長が止まりましたら、その後いくら男性ホルモンを投与しても期待できそうにありません。

    ただし、人により内分泌系の機能不全や睾丸の発育不全により、第二次性徴が発現できない場合があると言われております。例えば「グローミン」の適応症の中には先天性睾丸発育不全もありますが、例えば中学を卒業する年頃になっても第二次性徴が現れない人は、自己診断で判断しないで医療機関(かかりつけの内科、小児科、泌尿器科)を受診して適切な治療を受けていただきますよう、強くお勧め致します。

    それから、包茎の治療には手術が一般的で、症状により異なるようですが、完全包茎であれば保険適用になるという話もございますので、泌尿器科を受診してご相談なさってはいかがでしょうか。

    なお、仮性包茎はコンプレックスに思う必要はなく、非勃起時の亀頭部を保護するという意義からは、むしろ仮性包茎が正常な状態なのかも知れません。ただし、より注意深く亀頭部の清浄を維持する必要があるかと存じます。

     

    続きを読む

  • バストミンを肛門に塗っても効果ある?

    2014年07月07日

    バストミンは肛門でも効果は、ありますか? (女性・55~64才




    バストミンを肛門に塗布した場合の吸収や効果につきましては、未だ検討していないため、効果を保証することが出来ません。

    一般的には、座薬のように肛門から挿入して直腸から吸収させる薬剤と同じように、肛門付近に塗布することで、ある程度の吸収と、それにともなう効果が期待できると考えます。

    ただし、安全性につきましては、特に直腸の粘膜が極めてデリケートなので、万全を期すため肛門内への本剤の注入、塗布はお止め下さい。

    また、陰部の乾燥等の諸症状に本剤をご利用の場合は、外陰部への塗布が直接的で少量で十分に効果が期待できることを臨床研究で確かめております。

    (さらに…)

    続きを読む

  • グローミンを使用しても昔のような勃起が得られない。

    2013年01月11日

    Q. グローミンを使い始めて5日目位から、いわゆる朝立ちを体感し、性欲もアップしたが、以前のような勃起には戻れなかった。(男性・70代)


    A. ED(勃起不全)が「グローミン」で十分に改善できない場合、以下の原因と対応が考えられます。

    1)男性ホルモンの補充が不十分な場合。次の対応をご検討ください。

    イ)グローミンの用法・用量を今いちどご確認ください。ご使用の初期は毎日朝晩2回、チューブ先端から2cm/回 の塗布を続けてください。

    ロ)上記の用量で効果が不十分と思われる場合は、泌尿器科や性機能外来を設けている施設の受診をお勧め致します。

    2)他にEDの大きな原因がある場合。一般に、EDの原因は次のように大別されています。

    a) 機能的な原因。精神面の疾患やトラウマをはじめ、精神的な不安やストレスなど、心因性の原因。

    b) 器質的な原因。高血圧、糖尿病、動脈硬化、喫煙、メタボリックシンドローム等にともなう血管の問題や、事故や手術等にともなう神経損傷、内分泌の異常など。

    c) その他の原因。例えば、服用している薬剤の副作用など。

    d) 混合性の原因。a) から d) にまたがる複数の原因。

    通常は、PDE-5阻害剤(バイアグラ、レビトラ、シアリス、及びこれらのジェネリック医薬品)の禁忌でなければ、これらの薬剤を試して相性の良い薬剤を選び、様子を見ることが、医師が行う治療の第1選択となります。

    ただし、狭心症など心臓病の背景からニトログリセリンを使用している人は併用できませんので、医師に相談して第2選択を検討することになります。

    なお、併せて喫煙をはじめEDのリスクにつながる生活習慣を改め、ストレス要因を取り除くことが重要です。

    また、PDE-5阻害剤と「グローミン」をはじめとする男性ホルモン剤の併用は問題ありません。注射剤による男性ホルモン補充との併用は、男性ホルモンが低値の人であれば効果が上積みされる研究結果が報告されています。

    いずれにせよ、泌尿器科や性機能外来を設置している施設を受診して、医師にご相談いただく必要があります。

    十分な勃起を得るためには、勃起に必要な筋肉と神経系、血管系の状態とホルモン分泌が良好で、そのうえ心理面が揃っていることが必要です。

    加齢と共に筋肉と男性ホルモンの分泌が衰え、また生活習慣病の基礎疾患を抱えることも相まって、人により程度の差はあれ勃起機能が衰えて行きますし、勃起しない期間が長くなるほど、勃起に関連する筋肉が衰え線維化するため、勃起機能の回復に時間を要し、完全な回復が困難になりがちです。

    怪我や病気で何カ月も動かずにいた人が急に元の身体能力を発揮できず、地道なリハビリやトレーニングを行うのと同様で、長期にわたりEDの人や、基礎疾患によるEDの人も、リハビリの考え方で諦めずに根気よく治療に取り組んでいただくことを願っております。

     

    続きを読む

  • 性交痛に悩んでいます。バストミンの使用は?

    2012年07月11日

    およそ20年位前に、卵巣膿種で両方の卵巣摘出手術を行いました。 手術の結果は異常なく、現在に至っています。 ただ5年ほど前から腟口萎縮の症状が現れて、性交痛に悩んでいます。 腟内部の痛みは有りませんが、腟口に柔軟性が無くなり、2センチ程度しか開きません。 無理に挿入すると、腟口の上方(お腹側)が切れて出血します。

    そこで、バストミンの使用を考えているのですが、年齢的な問題・手術後の経過年数等を考えるとき、薬の効果は期待出来るものでしょうか? (女性・72才)

     







    バストミンの腟萎縮に対する効果について

    閉経後の腟萎縮にともなう外陰部の乾燥・かゆみを訴えた人37例(平均年齢68.6±4.6歳)に、バストミンを1日1回、就寝前にチューブの先から1cmずつ、外陰部に約1ヶ月塗布していただき、外陰部のかゆみ、乾燥度をご評価いただいた臨床研究がございます(日本更年期医学会雑誌・平成20年10月)。

    この結果によりますと、全例で、かゆみ・乾燥感が改善しております。

    また、20例(平均年齢66.4±4.1歳)で上記と同様に1年間継続投与したとき、特記すべき重篤な副作用はありませんでした(日本女性医学会学術集会・平成23年)。


    腟口の閉鎖に対する効果について

    ご指摘のような腟口の閉鎖に対する効果としては検証できておりませんが、先記の結果より、腟萎縮の改善、乾燥の改善にともなう閉鎖部の開口が期待できることが考えられます。


    使用期間のご注意について

    なお、上記の臨床研究では医師の管理下で最長1年までの継続使用による安全性を確認しており、約1ヶ月の連続使用で腟萎縮に効果があることを確認しております。

    また、更なる安全マージンを設けることで万全を期すため、本剤1本分を目処に1~2ヶ月間お試しいただき、軽快した場合は再発するまで休薬する、といったご使用方法により、少しずつお使いいただくことをお勧めしております。

    少しずつお使いいただくほど、より経済的でもあります。

     



    バストミン製品取扱施設は、こちらのリンク先をご参照くださいませ。

    e健康ショップ「おくすり予約」 健康ショップおくすり予約
    薬局サーチ
    「バストミン」予約ページ

    (さらに…)

    続きを読む

  • 妻の性欲亢進にグローミンは効く?

    2010年06月26日

    グローミン」について教えてください。ホームページを見る限りでは男性の性欲亢進効果が高いようですが女性にも効果がありますか?私(妻)の性欲が少なく夫婦生活に支障が出て困っているので購入しようかと思っています。
    (女性・25~34才)




    テストステロン男性ホルモン)の一般的な作用としてご指摘のように性欲亢進作用があり、グローミンの効果の一つとして、男性ホルモンの分泌不足にともなう性欲欠乏が認められております。また、海外で開発中の他社のテストステロン製剤では女性の性欲障害に対する効果が報告されています。

    成人女性も成人男性の5~10%程度のテストステロンが分泌されていると言われていますが、以上より、ご質問につきましては、原因がテストステロンの分泌不足であれば、女性にも効果は期待できると考えております。

    しかしながら、奥様の年齢(25~34才)であれば、少なくとも加齢にともなうホルモン分泌の低下は考えにくいため、テストステロンの補充を考慮する前に、性欲が少ない状況と原因を多角的に確認した上で適切な対処方法を検討すべきと存じます。

    性欲欠乏の原因は多岐にわたり、しかも複数の原因が複雑に関係する事が多いため、テストステロンの補充だけで単純に解決できない場合があることを何卒ご了承下さいませ。

    例えば、生理的に必要十分なテストステロンを分泌していながら家庭内外の様々なご事情や経緯、ストレス等によりセックスを阻害している状況があれば、グローミンでテストステロンを補充しても効果は期待できません。

    また、女性に対する「過剰なテストステロンの投与」は、クリトリスの肥大化、声変わり(低くなる)、体毛が濃くなる・・・、といった、男性化の副作用が懸念されますので、あくまで女性としての生理的な分泌範囲内(男性分泌量の約5%)での補充となるように、極めて少量(ビーズ大)ずつ投与するといった、注意深いご使用方法が必要です。

    グローミンのご使用に際しましては、少なくとも奥様ご自身の十分な理解が必要でございます。

    以上を踏まえまして、グローミンをお試しになる前に、先ずは専門医のカウンセリングを受けることが最善と存じます。カウンセラーにつきましては、日本性科学会・会員によるカウンセリングをお勧めしております。詳しくは下記URLをご参照下さいませ。


    カウンセリング室(日本性科学会)
    http://www14.plala.or.jp/jsss/counseling/


    日本性科学会(トップページ)
    http://www14.plala.or.jp/jsss/

     

    続きを読む

  • トノスが効かない。

    2010年04月16日

    トノスを亀頭に塗るのですが、全然効果がないです。カリと亀頭に塗っています。性交時間ですが、10年前は5分位ですが今は2~3分位です。トノスにもう少し頑張って貰いたいです。塗り方に間違いが有るのでしょうか?
    (男性・55歳)




     

    1. トノスを塗る場所は特に問題ございません。亀頭上部に塗る際は、尿道口の中へ入らないようにご注意下さいませ。後は、カリから陰茎の方にも広く延ばすように塗布する事を試みていただけますでしょうか。
    2. 塗布後、局所麻痺剤が作用するまで数分~20分程度を要しますが、十分に作用する前に塗布部を洗い流すと効果が不十分となる懸念がございます。塗布後、塗布部位を指先で触れてみて、麻痺感を確認してから洗い流して下さい。
    3. 早漏の原因には、性器の触感に対する過敏さの他に、中枢性・心因性(過大な興奮、中枢系の敏感さ等)の要因もございます。トノスの局所麻痺剤は、前者の要因に効果が期待できますが、後者の要因に対してはテストステロンの分泌減少を補うだけでは、必ずしも十分に効奏しないため、人により効果が不十分になる場合がございます。
    4. 早漏の中枢系の要因に対しては、SSRIと呼ばれる抗うつ剤が効くという学術報告等がございますが、一方では副作用として勃起不全になったり、異常行動等の指摘もございますので、必ずしもお勧めできません。少なくとも自己判断でご使用する薬剤ではなく、性機能外来を開設している専門医の受診とご相談をお勧め致します。

     

    続きを読む

1 / 212