大東製薬工業公式BLOG

更年期や性機能についての学術情報、最新研究などを紹介いたします。更年期や性機能についての学術情報、最新研究などを紹介いたします。

Category

月別アーカイブ

Tag:高血圧

  • 高血圧患者における心血管疾患発現とテストステロン

    2013年02月14日


    【 目的 】
    アンドロゲン欠乏は心血管イベントおよび総死亡の独立したリスクである。高血圧は心血管疾患発現の重要な寄与因子であり、また低テストステロンの増加と関連している。
    臨床的なアテローム性動脈硬化がない中高年の非糖尿病高血圧患者において、低アンドロゲンが重篤な心血管イベント(MACE)の発現を予測しうるか否かを検討した。

    【 方法 】
    228例の男性患者(平均年齢56歳)における総テストステロン(TT)とMACEの関係を比例ハザードモデルにより解析した。

    【 結果 】

    • 平均調査期間44カ月間に、228例中19例(8.3%)の MACEの発現が認められた。
    • MACEを発現しなかった患者に比較して、MACE発現患者のTTは低く( 3.9±0.7ng/ml vs. 4.6±1.5ng/ml, P < 0.01 )、性腺機能低下症の発現率は高かった(36% vs. 16%, P < 0.05)。
    • 多変量コックスモデル解析において、年齢、収縮期血圧およびリスク因子で調整後TTの最低三分位群(<4.0ng/ml)は最高三分位群(>4.9ng/ml) に比してMACEのリスクが有意に高かった。
    • TT 5.04ng/mlがMACEを97.2%除外できるネガティブな予測値であった。
    • 標準的なリスク因子にTTを加えることにより、リスク予測が38.8%有意に改善した(P < 0.05)。

    【 結論 】
    低テストステロンは高血圧患者におけるMACEのリスク上昇と関連している。標準的リスク因子にTTを加える事によりリスク予測は改善し、これら患者における心血管疾患リスクの有用なバイオマーカーであると思われる。

    【 原著 】
    Am J Hypertens. 2013 Mar;26(3):373-81. doi: 10.1093/ajh/hps056. Epub 2013 Jan 7.
    Plasma total testosterone and incident cardiovascular events in hypertensive patients.
    Vlachopoulos C, Ioakeimidis N, Terentes-Printzios D, Aznaouridis K, Rokkas K, Aggelis A, Synodinos A, Lazaros G, Stefanadis C.
    Peripheral Vessels Unit, First Department of Cardiology, Hippokration Hospital, Athens Medical School, Athens, Greece.

    【 弊社コメント 】
    重篤な心血管疾患の発現を防ぐため総テストステロン504ng/dl以上が必要です。(野)

     

    続きを読む

  • 男性の低テストステロンは高血圧の予測因子である

    2010年12月06日


    【 背景 】
    テストステロン濃度と血圧の関係については一致した研究結果が得られていない。
    そこで、年齢20-79歳の男性1484例を対象に高血圧の発症リスクおよび血圧変化と総テストステロン(TT)濃度との前向きの関連性を調査した。

    【 方法 】
    ドイツ、ポメラニアの地域住民を対象とした健康調査研究のデータを用いた。TT濃度を蛍光酵素免疫法により測定し、年齢により4分位群に分けた。
    年齢、ウェスト周囲径、身体活動度、喫煙およびアルコール摂取量で調整したGEEモデルにより関係を明らかにした。

    一般化推定方程式(Generalised Estimating Equation: GEE)モデル
    経時データを扱うときに,様々なしがらみから離れて平均構造の推測に特化させた方法。

    【 結果 】

    • 平均フォローアップ期間5.0年の間に高血圧の頻度は50.6%から57.1%に増加した。
    • TT濃度は高血圧を発症した男性のベースラインで有意に低かった。
    • ベースラインのTTが最下位4分位群の男性はより高い男性に比して高血圧発症リスクが上昇していた
      (OR= 1.19 95% CI
      1.10-1.28))。
    • TT濃度と血圧の間には逆相関がみられた。

    【 結論 】
    男性の低総テストステロン濃度は高血圧の予測因子であり、心血管リスク上昇のバイオマーカーとなりうるであろう。

    【 原著 】
    Aging Male. 2010 Nov 19.
    Inverse association between
    total testosterone concentrations, incident hypertension and blood
    pressure.

    Torkler S, Wallaschofski H, Baumeister SE, Volzke H, Dorr M, Felix
    S, Rettig R, Nauck M, Haring R.
    Institute of Clinical Chemistry and
    Laboratory Medicine, University of Greifswald, Germany.

    【 弊社コメント 】
    男性の加齢・不健康な生活習慣・ストレス→テストステロンの分泌低下→低テストステロン状態→高血圧→心血管障害・・・、という構図が見えて来ます。
    壮年期を過ぎた男性に生理的な範囲内でテストステロンの分泌不足を少しずつ補うことの意義を訴求したい気持ちは山々ですが、先ずはテストステロンの分泌が低下しないように、不健康な生活習慣を改善することが、高血圧の予防につながるものと期待されます。(福)

    続きを読む

  • テストステロンの不足は心血管疾患のリスク要因か?

    2010年05月02日


    【 要旨 】
    男性という性は冠動脈血管死の主なリスク因子であるが、関連性は未だ説明しきれていない。

    男性の低テストステロンはメタボリック・シンドロームおよび2型糖尿病のリスク因子であり、個々のメタボリック・シンドローム成分、内臓肥満、インスリン抵抗性、高血糖、高血圧および脂質異常と独立して関連している。

    疫学的研究は低テストステロン男性の死亡率の上昇を報告している。

    短期間のテストステロン補充療法はウェスト周囲径、コレステロールおよび炎症性サイトカインを下げ、糖尿病患者のインスリン抵抗性および血糖コントロールを改善する。

    テストステロンはまた、心筋虚血、狭心症および慢性心不全に有用である。

    この論文は低テストステロンと心血管疾患の関連を支持する現在のエビデンスをレビューしたものであり、大規模、長期的研究の必要性が明らかにされている。

    【 原著 】
    Trends Endocrinol Metab. 2010 Apr 6.

    Testosterone deficiency: a risk factor for cardiovascular disease?

    Jones TH.
    Robert Hague Centre for Diabetes and Endocrinology, Barnsley Hospital NHS Foundation Trust, Barnsley, UK; Academic Unit of Diabetes, Endocrinology and Metabolism, University of Sheffield, Sheffield, UK.

    【 弊社コメント 】
    全容は未だ解明されていませんが、男性のテストステロン不足が死亡率を上昇させていることは明らかになっています。
    具体的には、メタボリックシンドロームをはじめとする生活習慣病、2型糖尿病・高血圧、そして心不全に関係していて、短期間のテストステロン補充については有用であることが報告されています。
    ただし、長期的にテストステロンの補充を続けた場合や、大規模で広範囲な人での検証結果は未だありません。(福)

    続きを読む

1 / 11