大東製薬工業公式BLOG

更年期や性機能についての学術情報、最新研究などを紹介いたします。更年期や性機能についての学術情報、最新研究などを紹介いたします。

Category

月別アーカイブ

Tag:閉経女性

  • 閉経女性の萎縮性膣炎に対する超低用量10μgエストラジオール膣錠

    2012年11月22日


    【 要 約 】
    閉経後のエストロゲン欠乏は泌尿器官の萎縮症状を招く。 症状としては膣の乾燥、膣および外陰部の刺激感、膣の痛み、排尿痛、膣の下垂、膣の臭い、膣の感染、再発性尿路感染、性交痛および性交にともなう出血がある。

    膣萎縮症状の頻度および影響にも関わらず、相談しないことが多く、従い治療されないケースが多い。 それゆえ閉経女性のケアには膣萎縮の診断および外陰・膣の健康度、セックスおよびQOLの問題にかかわる症状のを探る医師と患者との会話が必要である。

    超低用量 10μgエストラジオール膣錠の開発は、最少の有効なホルモン用量に関する監督機関および女性健康医学会の要望に沿ったものである。

    有効性および安全性、加えて極めて低い全身的吸収のため、年間のエストラジオール用量が 1.14㎎にすぎない 10μg膣錠は、ヘルスケア関係者および閉経女性に大きな安心感を与える事ができる。

    【 原 著 】
    Menopause Int. 2012 Mar;18(1):15-9.
    Treatment of postmenopausal vaginal atrophy with 10-μg estradiol vaginal tablets.
    Panay N, Maamari R.
    Queen Charlotte’s & Chelsea Hospital, & Westminster Hospitals, London, UK.

    【 弊社コメント 】
    年間 1.14㎎の算定は、使用回数が週2~3回にもとづいているようです(毎日なら3.65㎎)。(野)

    バストミンを臨床応用中の医師から、バストミンの塗布は週2~3回で良いというコメントをいただいています。 萎縮性膣炎に対する超低用量なエストロゲン補充は、バストミンでも塗布量を抑えながら塗布頻度を間引くことにより、本報のエストラジオール膣錠に近い考え方で出来ると考えております。(福)

    続きを読む

1 / 11