大東製薬工業株式会社

お客様相談室

お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。

月別アーカイブ

記事カテゴリー:使用方法

  • 「ヒメロス」「バストミン」を男性が使うと?

    2022年05月23日

    ヒメロス」や「バストミン」を男性が使うと? (性別・年齢不詳)


     

    ■ 作用とリスクについて

    一般論としては、男性に対する女性ホルモンの投与にともなう女性化の一つとして、例えば、乳房が膨らみ乳首が敏感になる等の可能性は考えられます。

    一方、男性機能の退化として男性器(陰茎・睾丸)の萎縮・縮小や、ED(勃起不全)をはじめとする性機能障害が考えられます。

    ご自身の頭髪脱毛を、男性ホルモンの影響と考えている男性から、頭髪脱毛を防ぐ目的でご質問いただくことがあります。頭髪への影響につきましては、客観データをはじめ経験的な事実が無く、またヒメロスとバストミンには頭髪に関連する効能が無く、検討した経緯も無いため、申し上げられません。

    女性ホルモン剤の投与を中止したとき、元の状態に戻るかは不明です。仮に戻れたとしても、回復の程度や所要期間は個人差が大きくなるものと考えております。

    私どもは、このような使用目的を企図する弊社製品のご使用を倫理的に決してお勧め致しません。また、不測の有害事象に対する補償の対象外となり、国の副作用救済制度も対象外になるかと存じますので、ご了承をお願い致します。

    いずれにしても、ヒメロスとバストミンは女性のホルモン不足を補充するための医薬品であり、男性向けの効能・効果は承認されていませんので、お答えすることは出来ず、お勧め致しません。

     

    ■ ご自身の性別に違和感がある方へ

    ご自身の性別に違和感がある方は、弊社製品に限らず性ホルモン剤を自己判断で使用しないで下さい。先ずは、GID学会の認定医をはじめ、GID外来やGID診療を標榜している病院・クリニックを受診のうえ医師にご相談いただき、診断やカウンセリングを踏まえ、適切な治療を受けることを、強くお勧め申し上げます。

     

    続きを読む

  • グローミンを女性が使用しても良いか?

    2022年02月09日

    更年期でル・エストロジェル、エストリール錠でホルモン補充しています。

    配偶者と関わる気持ちを含めてコンディションになれず、グローミンを試してみようと思うのですが、女性が使用しても良いでしょうか?

    大丈夫でしたら使い方も教えてください。(45~54歳・女性)

     


     

    Q1. グローミンを試してみようと思うのですが女性が使用しても良いか?

    A1. グローミンに承認された効能に当てはまる場合は、ご使用いただけます。

    ■ 詳細について

    グローミンには女性恥部無毛症・乳汁の分泌抑制という効能が承認されており、女性が使用すること自体を禁じるものではありません。

    また、男性ホルモン分泌不足による性器の神経衰弱の諸症として、その中には性欲欠乏・性感減退も承認されておりますが、これは必ずしも男性に限定された症状としての記載はなく、女性にも当てはまる症状ですから、これらに当てはまる症状がある場合に、ご使用を禁じる法的な問題はございません。

     

     

    Q2. 大丈夫でしたら使い方も教えてください。

    A2. 基本的なご使用方法は、弊社HPのリンク先にある、「用法・用量」→「詳しいご使用方法」をご参照ください。1日1回(入浴後を推奨)、チューブの先から0.3cm(3mm)程度を目安に指先へとり、局所(外陰部)へ良く擦り込んで下さい。この際、膣粘膜への塗布を避けて下さい。

     

    ■ 詳細について

    1)女性も副腎や卵巣でテストステロンを分泌しており、健常成人の血中テストステロン値で比べると、女性は男性の5~10%(1/10~1/20)と言われていますが、女性も加齢と共に分泌が衰えることが知られています。

    2)医学的には未解明ですが、ひと口に性欲と申しましても、女性的な性欲(さびしさのような感覚)と、男性的な性欲(積極的に求める欲求)のニュアンスがあると考えております。 女性は総じて女性的な性欲が主であるとはいえ、一人ひとりは女性ホルモンと男性ホルモンのバランスや性格・性向、さらには経験的な影響も相まって、結果的に男性的な性欲の影響も加味された性欲の個性が生じるものと考えております。

    3)また、月経前後の時期にありがちですが、黄体ホルモン(プロゲステロン)の影響が強く出ますと、総じてモヤモヤ感が強まり、人により明快な性欲が削がれて性的な気分になりにくくなるかと存じます。

    エストロゲン製剤でホルモン補充をする際に、婦人科医は黄体ホルモン剤を併用するのが標準的ですが、個別の症例では更年期の不定愁訴が改善されても、人によりモヤモヤ感や性欲面がスッキリしない場合があるようです。このような症例で、グローミンを併用することで改善する場合があることから、一部の医師がHRT(卵胞ホルモンと黄体ホルモンの併用療法)にグローミンで少しだけテストステロンを併用する場合があると伺っております。

    4)なお、医師がグローミンを用いる治療法は今のところ標準的な治療でないため、個々の症例に対する治療効果と安全性のバランスを考慮したとき、医師により投与量は異なります。

    弊社は安全性を最優先する立場から、先述の通り1日1回、0.3cm(3mm)ずつをお勧めしています。これは、先記の通り成人女性におけるテストステロンの分泌レベルが成人男性の5~10%(1/10~1/20)であることから、その範囲内の投与量になることを目安にお勧めするものです。

    5)膣粘膜を避けていただきたい理由は、万がいちグローミンの基剤成分がお肌に合わない場合に、その影響を最小に止めたいと考えたことによります。

     

    続きを読む

  • グローミンを塗る効果的なタイミングは?

    2021年02月25日

    Q. グローミンの塗布について、1日2回(朝・晩)の中で、朝最も良い時期(例えば起きてスグか)晩は寝る前とか、同じ朝、晩でも効果的な時間帯があると思いますが、如何でしょうか。


    A.

    グローミンを朝晩に塗るタイミングにつきましては健常成人男性のサーカディアンリズムに近づけることを考えています。これは、強い効果を追究する意図よりも、人間本来の分泌リズムに近づけて不測のリスクを避ける考えによります。

    健常成人男性はテストステロンが日内変動していますが(弊社HP参照)、下のグラフにあります通り午後8時頃に底を迎えたテストステロン値は、午前5時頃にピークを迎えています。

    【健常男性(26~45歳)5名の日内変動(Cooke et al, 1993)】

    ■: 総テストステロン
    △: フリーテストステロン
    ○: 非SHBG結合テストステロン

    出典:
    Maximize Your Vitality & Ptency For Men Over 40
    Jonathan V.Wright, M.D. and Lane Lenard, Ph.D.
    ISBN: 0-9627418-1-7

     

    そのため、一般的な就寝時刻を午後8時~午前1時と考え、この時間帯の入浴後に清浄にした状態でグローミンを塗布して血中濃度を上昇させて行き、起床時刻と思われる午前5時~午前9時を目安に塗布することで、午前中のテストステロン値を高めにさせて健常成人男性の状態に近づけることを考えました。

    塗布後1~2時間後にピークを迎えますから、午前5時にピークを迎えるためには午前3~4時に塗ることになりますが、この時間帯に起床できる人は限られますので、上記の考えに至りました。

    いずれにせよ、健康的なサーカディアンリズムが前提となりますので、最善の効果を目指すためには規則正しい生活リズムと十分な睡眠でサーカディアンリズムを整え安定させることが極めて重要ですし、たとえ塗布部位や塗布時刻を厳密に管理しても、サーカディアンリズムが整っていなければ所期の効果が得られない可能性を懸念いたします。

    以上の通り、グローミンをはじめ弊社製品は穏やかな効果であれ、不測のリスクを避けることに最善を尽くしております。

    もし、男性ホルモンの投与による強い効果をお求めでしたら、泌尿器科を受診して必要な検査と診察、診断を経たうえで、男性ホルモンの注射による補充をしていただくことが最善と存じます。一般的な男性ホルモン注射剤の投与量は、1日量に換算して比較しますとグローミンの約5倍となりますので、相応の強い効果が期待できます(こちらの記事もご参照ください)。

     

    続きを読む

  • ヨヒンビン製剤ガラナポーンは毎日飲み続けないといけないの?

    2017年05月30日

    ヨヒンビン製剤「ガラナポーン」は、添付文書によると「大人1回1錠1日3回服用する」と書いてありますが、毎日このように飲み続けないと効かないのでしょうか。 経済的な負担感もあるので、性行為の時だけ事前に飲んでも良いでしょうか? (男性・45~54才)

     




    ご指摘の用法・用量は、本剤に承認されたものであるため、弊社といたしましては承認された範囲内でご案内させていただいております。 なお、性行為の当日だけ服用したり、性行為の1時間前に頓用しても効果が得られた人は、結果的にそのようなご使用方法となっているようです。

    続きを読む

  • バストミンを肛門に塗っても効果ある?

    2014年07月07日

    バストミンは肛門でも効果は、ありますか? (女性・55~64才




    バストミンを肛門に塗布した場合の吸収や効果につきましては、未だ検討していないため、効果を保証することが出来ません。

    一般的には、座薬のように肛門から挿入して直腸から吸収させる薬剤と同じように、肛門付近に塗布することで、ある程度の吸収と、それにともなう効果が期待できると考えます。

    ただし、安全性につきましては、特に直腸の粘膜が極めてデリケートなので、万全を期すため肛門内への本剤の注入、塗布はお止め下さい。

    また、陰部の乾燥等の諸症状に本剤をご利用の場合は、外陰部への塗布が直接的で少量で十分に効果が期待できることを臨床研究で確かめております。

    (さらに…)

    続きを読む

  • 「ヒメロス」「バストミン」と併用できない医薬品・食品について

    2014年02月28日

    ヒメロス」と「バストミン」の添付文書(平成26年/2014年 2月改訂版)において、次の医薬品・含有食品との併用を禁止していますが、その理由について次の通りご説明いたします。

     

    ■ 他の女性ホルモン剤
    ヒメロスバストミンの同時併用をはじめ、他社の女性ホルモン含有医薬品、ピルなどの同時併用は、女性ホルモンの過剰投与にともなう不測の有害事象が懸念されます。

    リファンピシン
    結核やハンセン病の治療に使われる薬剤の成分。 肝薬物代謝酵素(CYP3A4)誘導作用にともない、様々な薬剤との相互作用が指摘されていますが、これらの中に卵胞ホルモン剤の指摘もあることから、市販薬として万全を期すため併用しないように記しています。

    簡単に記しますと、リファンピシンが肝臓で薬物を代謝する酵素を増やすので、併用した他の薬剤の代謝が本来よりも進んでしまい、結果的に併用した薬剤の効果が減弱する恐れがあります。

    ■ 抗てんかん剤
    抗てんかん剤(フェノバルビタールフェニトインカルバマゼピンなど)は、肝臓で薬物代謝酵素(シトクロムP‑450)を誘導すると言われていますが、これにより併用した卵胞ホルモン剤の代謝を促進するため、効果が減弱する恐れがあると言われています。

    ■ HIV逆転写酵素阻害剤
    非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤のうち、ネビラピンではエチニルエストラジオールのAUCが減少して、作用が減弱する恐れがあると言われています。

    一方では、エトラビリンであると、代謝酵素(CYP2C9)を阻害すると言われているため、卵胞ホルモン剤の血中濃度が本来よりも下がらず、結果的に作用を強める恐れがあります。

    ステロイドホルモン
    ステロイドホルモンは、副腎皮質ホルモン、男性ホルモン、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの総称ですが、肝臓の薬物代謝酵素(シトクロムP‑450)はステロイドホルモンの生合成にも関係しているため、併用により不測の影響が懸念されることから、市販薬として万全を期すため併用しないように記しています。 先述した「他の女性ホルモン剤」と重複することをご了承ください。

    ■ プロテアーゼ阻害剤リトナビル製剤)
    肝薬物代謝酵素を誘導するため、エチニルエストラジオールの血中濃度が減少して、効果が減弱する恐れがあると言われています。

    ■ セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品
    セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)は、肝臓の薬物代謝酵素(シトクロムP‑450CYP3A4)を誘導するため、様々な薬物の効果を減弱させてしまうことが知られていますが、卵胞ホルモン剤もそうなる恐れがあるため、記載しています。

    イプリフラボン
    イプリフラボンは骨粗鬆症の改善薬ですが、卵巣摘出動物にエストロンと本剤を併用投与した場合、エストロンのエストロゲン作用が増加するとの報告があり、エストロゲンの作用を増強させると言われています。 その結果、ヒメロスバストミン作用を強める恐れがあるため、記載しています。

    グレープフルーツジュース
    グレープフルーツ中のフラノクマリン類が、肝臓の薬物代謝酵素(CYP3A4)を阻害すると言われていますが、グレープフルーツと共に投与した薬剤が肝臓で代謝されず、本来よりも高い血中濃度が続くため、効果が増強される恐れがあります。

     

    (さらに…)

    続きを読む

1 / 3123