【ヘルスケア情報】テストステロンについて体のどこで作られて、どのように分泌していますか?

テストステロンは体のどこで作られて、どのように分泌しているのでしょうか? 男性の場合、テストステロンは約95%が睾丸(精巣)の中で、残る5%が副腎で合成されて、分泌されると言われています。テストステロンの原料はコレステロールで、体内で複雑なプロセスを経てテストステロンに生合成されています。テストステロンの分泌量は、脳からの命令でコントロールされています。

分泌されたテストステロンは、どうなるの?

血中に分泌されたテストステロンは11~90分で約半分になり、少量はエストロゲン(女性ホルモン)に換わりますが、大部分は肝臓で代謝されて、尿中に放出されます。健康な男性にも、少量ながら女性ホルモンが分泌されているのです。

なお、20~30歳代の若い成人男性が精巣で1日に分泌するテストステロンは、7mg前後と言われています。

ご参考までに、弊社製剤「ヘヤーグロン」は内容量4.5g中に45mgのテストステロンが含まれていますので、本剤1本で、6.4日分の分泌量を補充することになります。 同様に、弊社製剤「グローミン」は、内容量100g中に1gのテストステロンが含まれていますので、本剤1本で14.2日分の分泌量を補充することになります。

余談ばかりで恐縮ですが、古来より男性の中には精力をつけるために生卵を飲み込む人がいます。映画「ロッキー」でも牛乳に生卵を入れて一気飲みするシーンがありました。これは、テストステロンの原料であるコレステロールと、筋肉強化の原料となるたんぱく質を摂取しようとする行為なのかも知れません。

また、極端なダイエットや菜食主義によって結果的にコレステロールの摂取が極端に不足しますと、先述の通りテストステロンはどんどん代謝されて減りますから、原料不足でテストステロンが分泌できず、慢性的に不足する恐れがあります。

関連記事