【ヘルスケア情報】男性ホルモン媚薬と催淫薬について

媚薬と催淫薬について 媚薬(philtra; philtrum)を辞書で調べても、「ほれ薬」のひと言ですし、催淫薬(aphrodisiac)を専門書で調べても「性欲を刺激したり促進する薬剤」という説明で片づけられています。

「安価で簡単、お手軽に未知の性的快感を得たい。」
「自分に振り向いてくれない意中の人を虜にしたい。」
「女性がセックスしたくなる薬を意中の女性に飲ませたい。」
「最近、求めて来なくなった夫や彼が求めて来る薬を飲ませたい。」
「素質と努力だけでは得られない、高い性的快感が欲しい。」
媚薬を求める多くの人は、このような「禁断の願望」を満たしてくれる薬を求めているのではないでしょうか?そして「手軽で安全、より効果的で安価なもの」をお探しになっていませんか?

最近は「媚薬」で検索すると、違法・脱法行為の怪しげな通販サイトが多数ヒットして、国内法では明らかに非合法となる商品が販売されていますが、私どもは相容れない立場です。結論を急ぎましょう。

1.性ホルモンは天然の媚薬
1.合法的で安全な天然の媚薬
合法的で安全な天然の「媚薬」「催淫薬」は、男女にかかわらず、あなたご自身の体内で産生している「テストステロン」(男性ホルモンの一種)です。そして、女性の場合は体内で産生している「エストロゲン」(卵胞ホルモン、女性ホルモンの一種)も天然の媚薬と言えましょう。

Theresa L. Crenshaw MD 著「愛は脳内物質が決める」という本の中に、「テストステロンは攻撃的な性衝動を担当」「エストロゲンは女性の受け身の性衝動を担当」という記述があります。同じ「性欲」でも、エストロゲンとテストステロンでは凹凸のようなニュアンスの違いがあるようです。

テストステロン
テストステロンは性欲を亢進し、異性を惹きつける体臭フェロモンを発散して、あなたの積極性や性衝動を高め、脳内でドーパミンという神経伝達物質を促して、勃起を促すと言われています。今風に表現すれば「肉食系」になる作用と言えましょう。近年は肉食系を示唆する女性の話題も取り沙汰されるようですが、男性ホルモンは男性専用ホルモンでなく、女性の体内にもテストステロンは分泌しているので、女性にも積極的で攻撃的な性衝動があるのかも知れません。

性欲が旺盛な頃を思い出していただけますでしょうか。「ささいな刺激で性的な妄想をしてムラムラする」「マスターベーションに耽る」「性的なパートナーを求めてナンパする」「ベッドインに向けて手練手管を講じる」等々。現れ方は人それぞれでしょうが、思い当たることがありましたら「あの時の、あの感覚」がテストステロンの典型的な催淫作用のようです。

テストステロン・クリーム剤「グローミン」の効能・効果の中に(男性ホルモン分泌不足による)性欲欠乏があります。これは、不足していたテストステロンに対してグローミンを塗りテストステロンを補充することで期待される効果ですが、あくまで不足を補充して健常時のレベルに近づけるものですし、即効性も期待できませんので、非日常的な媚薬や催淫薬に期待するような効果はありません。

もし、人並み以上のテストステロンが分泌されている鍛え抜いた肉体のアスリートや肉体労働者の中にセクシーな魅力に満ちた肉食系の人がいるならば、それは理にかなっているはずです。健康的な生活習慣を保ち、心身を整え鍛え抜いた肉体を持つこと自体が、男女の性別に限らず最も合理的で合法的な媚薬になるはずです。

エストロゲン
先ほど「エストロゲンは女性の受け身の性衝動を担当」とご紹介しました。エストロゲンの生理活性は色々ありますが、コラーゲン産生を促して肌に張りと潤いをもたらし、気分を明るくして、体型を美しいシルエットに整えますから、自ずと異性を誘引する魅力につながりますし、セックスにおいては性感が敏感になり陰部も男性器を受け入れやすくなるように濡れることが知られています。このような生理的な反応も受け身のイメージです。

「女性が恋をすると綺麗になる」というのは必ずしも俗説でなく、恋愛や性的なパートナーの存在がエストロゲンの分泌を旺盛にして、皮膚の状態や体型を整え、明るい気分が美容や装う意識につながり、より魅力的になることが考えられます。そのような中でパートナーに会えず「さびしい」気持ちになったとき、マスターベーションの頻度が増えるとすれば、それはエストロゲンの催淫作用なのかも知れません。

テストステロンの性衝動を「出したい」「やりたい」と表現するなら、エストロゲンの性衝動は「入れたい」「さびしい」という表現になるのでしょう。言うまでもなく、女性の外生殖器は形態学的に凹凸の凹側です。心身ともに凹凸の「凹」であり、鍵と鍵穴で言えば「鍵穴」のイメージです。女性が一人ひとり異なる鍵穴であるとき、多くの女性が望む男性像は、女性の心身を開錠する唯一の「鍵」であることなのかも知れません。そうであれば、意中の女性を虜にしたいと考える男性は、薬物に頼る発想よりも、その女性にとって唯一の「鍵」となるように切磋琢磨することが、効果的で健康的なアプローチとなりそうです。そして開錠に成功したとき、お互いの存在自体が最高の媚薬になるはずです。

2.ストレスや抑うつ状態で性的な気分になれない人
2.ストレスや抑うつ状態で性的な気分になれない人
ストレスや抑うつ状態は、本来のホルモン分泌を乱すことが考えられますので、自ずと性的な気分になれない場合があります。だからと言って、性ホルモンを補充すれば性的な気分になるのかと言えば、必ずしもそうならない事が考えられます。

先ずはストレスを発散し、ストレスの源となる問題を解決することが解決の本質と思われます。また、抑うつ症状で医師を受診して抗うつ薬を処方されている人は、抗うつ薬の副作用も考えられますから、主治医にご相談いただくことを強くお勧め致します。

もし、男女のいずれも更年期の不定愁訴に思い当たることがありましたら、性ホルモンの分泌不足が考えられますので、性ホルモンの補充が選択肢になるかも知れません。詳しくは、女性であれば婦人科、男性であれば泌尿器科を受診して、更年期症状や性機能症状に関する問診票に記入し、ホルモン分泌の状態を検査したうえ、ホルモン補充の禁忌となる既往症が無いか確かめた上で、医師に最適な処置をご相談いただくのが最善です。なお、更年期外来や性機能外来などの特殊外来を設けている施設であれば、より専門的な診察が期待できるので、万全です。

3.健康で、性欲や性感もあるが、それをさらに高めたい人
本人の意思にかかわらず、性的興奮状態にさせるような化学物質
3.健康で、性欲や性感もあるが、それをさらに高めたい人 本人の意思にかかわらず、性的興奮状態にさせるような化学物質
「合法的で安全なもの」は、ありません。なぜなら、そのような化学物質は向精神薬や麻薬、覚せい剤になってしまうからです。非合法であったとしても、安全なものは無さそうです。

もし「合法、安全で効果があった」とおっしゃる人がいるなら、それが事実だとしても「プラセボ効果」と思われます。すなわち、成分そのものの作用というより、効果に対する期待感や直接関係の無い影響(動悸や心拍数の変化など)で、自分自身の性的興奮を高めてしまったのです。ご本人が満足するなら、プラセボ効果は最も安全という観点から最善とも言えますが、誰でも常に同じように効くとは限りません。

4.「バイアグラ」「レビトラ」や「ヨヒンビン」に催淫作用はありますか?
4.「バイアグラ」「レビトラ」や「ヨヒンビン」に催淫作用はありますか?
ED(勃起不全)特効薬と言われている「バイアグラ」や「レビトラ」「シアリス」といったPDE5阻害薬に、西洋近代医学最古の性機能治療薬「ヨヒンビン」。結論から申しますと、どちらも「皆さんが期待するような」催淫作用はありません。

これらの薬剤をご使用になって、「催淫作用があった」とおっしゃる方は、血圧や心拍数の変動や勃起の効果を実感して性的に興奮した、と言えましょう。敢えて申しますと、性機能の自信を取り戻した結果、性欲や性的興奮が後から高まった、と思われます。

筆者自身は全く性的刺激がなく、性的な気分でない時にバイアグラやヨヒンビンを服用しても、意識しない限り性的な気分にはなりません。また、(かなり難しいことですが、)性的な意識を完全に忘れている間に、意に反して勝手に勃起することもありません。少し鼓動が高まり、顔が紅潮するだけです。もちろん、これらの薬剤が効いている間に性的な想像をしたり性的刺激を与えれば、中等度と思われるEDは見事に回復します。

一方、「ヨヒンビン」は、古い薬学の専門書には「催淫剤」と書かれていますし、ヨヒンビンを知る人の多くは「催淫剤」と認識していらっしゃいますが、性欲そのものを亢進させるかどうかは不明です。近年のヨヒンビン研究によると、ヨヒンビンの作用は、交感神経α2受容体の遮断作用や、セロトニンに対する拮抗作用と言われていますが、これらの作用が直接、性欲を亢進させるとは考えられていないようです。

なお、女性に対する催淫作用を期待して、バイアグラやヨヒンビンを女性に投与する試みは、いつの時代にもあったようですが、作用機序の合理性に疑問がありますし、学術的には期待通りに成功した話はなさそうです。少なくとも弊社が学術文献を検索して来た限り、「女性の性機能障害に効果が無かった」という報告こそありますが、「効果がある」という報告はありません。アングラ系の情報の中には、もっともらしい成功談やコメントを見かけますが、先述のようなプラセボ効果と思われます。少なくとも適法ではありませんし、リスクとコストには全く見合わないようなので、同じ予算と労力、時間を「パートナーとの雰囲気づくり」に割く方が建設的だと思います。

追記しますと、近年は女性の性欲障害にテストステロンの補充が検討されています。