【ヘルスケア情報】GSM(閉経関連泌尿性器症候群) 6.GSMの診察、診断

GSMを判断する上で、デリケートゾーンの状態は重要ですが、そればかりにとらわれてしまって、他の重要な疾患を見逃してしまっては元も子もありません。他に病気がないかを検査・確認することはとても大切です。右のことを確認することで、GSMはもちろん、その他の重要な病気の診断をするのに、大変役に立ちます。

現在の症状について
  • いつから症状が始まったか
  • 症状がでる時間帯や体勢など
  • 生活習慣との関連
身体検査
  • 全身の評価
  • 外陰・小陰唇などの外観の評価
  • 分泌物の評価:量・色・細菌感染がないか・pH (酸性度)
  • 医療関係者の皆様へ
    • 大東製薬工業公式BLOG
    • 大東製薬工業お客様サポートBLOG
    • 封の取り扱いについて
  • ブランドサイト
    • グローミン
    • トノス
    • バストミン
    • ヒメロス