大東製薬工業公式BLOG

更年期や性機能についての学術情報、最新研究などを紹介いたします。更年期や性機能についての学術情報、最新研究などを紹介いたします。

Category

月別アーカイブ

女性におけるテストステロン療法の通説と誤解に対する反証

2014年11月05日


テストステロン療法は男性に対しては急速に増加しているが、女性におけるテストステロンおよびテストステロン療法に関しては多くの疑問および懸念が残っている。その背景について文献的に解明を行った。

本論は10の通説および誤解について反証し、何が生理学的に妥当かつ科学的に確かであるかをサポートするエビデンスを提示した。

すなわち、テストステロンは

1. 最も多い生物学的に活性な女性ホルモンである
2. 女性の身体的および精神的健康に必須である
3. 男性化を起こさない
4. 嗄声を起こさない
5. 頭髪の成長を促進する
6. 心臓に防御的である
7. 非経口投与では肝障害起こさないあるいは凝固因子を増加しない
8. ムードを安定化する
9. 乳房に防御的である
10. テストステロン療法の安全性は検討中であり、確立しつつある。

女性におけるテストステロンおよびテストステロン療法につての通説、誤解および事実無根の懸念を棄却する事により医師に対してエビデンスに基づいたリコメンデーションおよび適正な治療法を提供できる。

【原著】
Maturitas. 2013 Mar;74(3):230-4.. Epub 2013 Feb 4.(A-973)
Testosterone therapy in women: myths and misconceptions.
Glaser R, Dimitrakakis C.

【弊社コメント】
女性におけるテストステロン療法の問題点、懸念が整理されています。 また、女性の年齢別のテストステロンおよびE2(卵胞ホルモン)レベルが図示されおり貴重です。 原著はフリーです。(野)

テストステロンは「男性専用ホルモン」でなく、女性も分泌しており、様々な役割を果たしています。 更年期から閉経を機にテストステロンの分泌が減り、それにともない体調の変化を来すと考えられていますが、元々分泌していた正常域内の補充であれば、リスクを極小化しながら改善することが期待できるのではないでしょうか。(福)

カテゴリ:

タグ: