大東製薬工業株式会社

お客様相談室

お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。

月別アーカイブ

記事カテゴリー:併用・飲み合わせなど

  • 「トノス」と「グローミン」、どちらが良いの?毎日使って大丈夫?

    2011年06月19日

    ひと月前から、トノスを使っています。PSA数値0・45です。
    毎日、使っても大丈夫ですか。グローミンとどちらが良いですか。
    65~74才・男性)


     



    > 毎日、使っても大丈夫ですか。

    お客様の診断を申し上げる事は関係法令や医療倫理上、お応え出来ませんが、学術的な一般論から申し上げますと、次の通りかと存じます。

    1. 前立腺がんに対するPSAの正常値は、一般に4ng/ml 以下と言われております。
    2. 男性ホルモン剤のご使用は、上記の正常値に更なる安全の幅を持たせ、2ng/ml 未満の人を対象としています。
    3. 0.45ng/ml とすれば、以上に対して全く問題ない位置づけとなります。この場合、毎日のご使用は問題ないと考えておりますが、連続使用の場合は半年から1年に一度の前立腺検診でPSAの推移を確認し、問題ないことを確認しながらご使用いただけましたら万全かと存じます。
    4. ただし、単位が「 ng/ml 」かどうか、今いちど慎重にご確認下さいませ。単位が異なる場合は、「 ng/ml 」に揃え換算した上でご判断下さいませ。


    > グローミンとどちらが良いですか。

    トノス」の場合、次の二通りのご使用目的がございますが、ご使用目的によって異なります。

    射精を遅らせたい場合

    トノス」を亀頭部に塗布しますと、「トノス」に配合された局所麻痺剤の作用で塗布部が鈍化し、射精を遅らせることが期待できます。一方、「グローミン」には局所麻痺剤を配合しておりませんので、射精を遅らせる使用目的であれば、「トノス」をお勧めしております。

    男性ホルモンの補充を目的とする場合

    勃起力の回復などの背景から、男性ホルモンの補充を主な目的とする場合は、男性ホルモンだけを配合した「グローミン」をお勧めしております。
    先述の通り、「トノス」は局所麻痺剤を配合しており、男性ホルモンの補充と二通りのご使用方法が出来ますが、局所麻痺剤を配合しているため、一回の塗布量が小豆大(約0.1g)となっております。
    男性ホルモンの補充に特化するのであれば、「グローミン」であれば1回に約0.3gの塗布を1日2回まで出来ますので、「トノス」よりも効果的なホルモン補充が期待できます。

    「トノス」と「グローミン」を併用する場合

    男性ホルモンの補充と、射精を遅らせたい場合を共に希望され、効果的に行いたい場合は、「トノス」と「グローミン」の併用も考慮されます。
    原則的に、男性ホルモンの過剰投与を避けるため、複数の男性ホルモン剤を併用しないようにご注意申し上げておりますが、日々のホルモン補充を「グローミン」で行い、性行為の当日は「グローミン」を休薬し、あるいは事前にグローミンの塗布部を洗い流し、亀頭部へ「トノス」を頓用のうえ、局所麻痺剤が作用次第、塗布部を洗い流すことで、過剰投与を避けながら併用し、双方の良さを両立することが期待できます。

     

     

    続きを読む

  • 人工透析をしているがグローミンは使用可能?

    2010年06月17日

    グローミン購入を検討しています。慢性腎不全により昨年1月から人工透析を行っていますが、問題無いでしょうか?腎不全以外には、糖尿病は無く、血圧も安定しており、他の臓器(前立腺、心臓など)には異常はありません。
    (男性・55~64才)




    これまで同様のケースで問題なくご使用いただいております。また、機序的にも懸念される問題は今のところございません。

    一般に、人工透析を要する男性のテストステロン(男性ホルモン)レベルは低いようで、それに伴う様々な合併症が指摘されているようですが、男性ホルモンの補充により、例えば性機能が改善したという報告がございます。

    少なくとも人工透析の男性に対する男性ホルモン療法で問題が生じたという報告は弊社の知る限りございません。

    続きを読む

  • トノスとヘヤーグロンの併用について

    2009年09月25日

    トノスヘヤーグロンを併用しても大丈夫なんでしょうか?
    (性別・年齢不明)




     

    次の使用方法であれば併用できます。ヘヤーグロン(またはグローミン)を男性ホルモンの補充専用とし、トノスを早漏防止専用の目的として使用する方法です。

    1. 日々の男性ホルモン補充をヘヤーグロン(またはグローミン)で行い、普段はトノスを陰嚢(睾丸)へ塗らないようにする。
    2. 性交の際はヘヤーグロン(またはグローミン)を塗布しないで、トノスを性交の約20分前までに亀頭部へ塗布し、塗布部に麻痺感が生じたら塗布部を石鹸で十分に洗い流したうえ、性行為を行う。

    以上のご使用方法であれば、男性ホルモンを補充しながら、性交の際は亀頭部の感度を鈍化させて射精を遅くすることが期待できますし、男性ホルモンの過剰な補充を避けることが出来ます。

     

     

    続きを読む

  • ヨヒンベエキスのサプリメントで手が震える

    2009年04月27日

    ヨヒンベエキス50mgが入ったアメリカ製の脚痩せサプリメントを海外のサプリメントの輸入を扱う会社から購入しました。そのサプリメントを飲む前からうつ病で、○○錠と××錠(名称略)を飲んでいました。
    そのサプリメントを飲み始めてから仕事中、手が震えて字が書きづらくなったり足が震えたりと変な症状が出てきておかしいなと思っていました。
    併用したら手が震えるようになったのですが、これは副作用なのでしょうか?
    (女性)

     

     


     

    ご指摘の併用は非常に危険です。直ちにサプリメントの併用を中止して、うつ病の薬を処方した医師、または当該薬を購入した薬局の薬剤師にご相談なさることを強くお勧め申し上げます。

    一般に、ヨヒンビンの薬理作用には、α2受容体の遮断作用のほか、セロトニンに対する拮抗作用があると言われています。一方、ご指摘の薬剤はSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と、ベンゾジアゼピン系のマイナー・トランキライザー(抗不安薬)です。これらの併用により、セロトニン拮抗作用とセロトニン再取り込み阻害作用が相まって、ご指摘のような症状をはじめ、何らかの副作用が発生する可能性が懸念されます。

    しかも、ヨヒンベエキス中のヨヒンビンの含量にもよりますが、高用量のヨヒンビン摂取は動悸や吐き気をはじめ、最悪の場合は重篤な状態に陥る懸念が指摘されていますので、注意が必要です。

    そもそも、ヨヒンビンに脚痩せ効果があるという学術的根拠は私共の知る限りございません。もし、「ヨヒンビンが下半身の血流を促進する」、という根拠にもとづいて配合したのであれば、極めて安易な発想であり、有害なリスクばかりで期待される効果が生じるとは思えません。

    なお、日本国内ではヨヒンベを含む成分は劇薬に指定されており、サプリメントを標榜しているヨヒンベを含む食品の全てが非合法な未承認医薬品となります。日本国内で未承認医薬品を売買した場合は、薬事法違反で取り締まりの対象となるうえ、劇薬は薬剤師が購入者が劇薬譲渡証に記入して授受することになっており、薬事法で厳重に規制されていますので、取り扱いには十分ご注意下さいませ。

    ご指摘のサプリメントを販売している業者は、多くの女性が親しみ易く感じるようなデザインのカタログやwebを通じ、一見して安心感を与えていますが、海外に事業所を置き、個人輸入をすることで法の網を巧妙に脱法しながら、日本では規制されている医薬品成分を配合したサプリメントを販売している業者と思われます。薬事法を遵守している立場から申しますと、法規制の趣旨を完全に逸脱しており、たとえ合法と主張されても道義的に許しがたい行為と存じます。

    また、多くの取り扱い商品の表示で訴求している効能・効果や作用機序は、いずれも科学的根拠に疑念を感じるもので、しかも安全性や品質に対する配慮や警告が乏しいものです。このような業者から購入使用する事は非常に危険です。改めてご忠告申し上げます。

    もし、このようなサプリメントを日本国内で販売した者がいるとすれば、薬事法違反であり処罰されるべきかと存じますので、販売業者に日本国内で事業所があるならば、今回の健康被害を踏まえて最寄の警察署へ被害届をお届けになることをお勧め申し上げます。

     

     

    続きを読む

  • ガラナポーンとアルコールの併用は?

    2009年03月29日

    ガラナポーンを購入しましたが、飲酒後に服用しても良いですか?また、空腹時の服用はどうですか?
    (男性)

     


     

    飲酒後、空腹時共に、お勧めできません。

    ガラナポーン(ガラナピン)の服用にともない、人により血圧への影響が考えられますが、アルコールの併用により血圧の変化で何らかの弊害が懸念される恐れがございます。また、アルコールとの併用で問題無い事を裏づける明確な根拠やデータがなく、弊社としては保証できません。
    ご不便をおかけ致し誠に恐縮ですが、何とぞご了承下さいませ。

    本剤の有効成分(ヨヒンビン塩酸塩)の作用により、人により胃の活動が促進される可能性があるため、空腹での服用により、胃痛が生じる恐れが懸念されます。万全を期しての対応でありますこと何とぞご賢察のうえご了承下さいますよう、重ねてお願い申し上げます。

     

     

    続きを読む

  • プロペシアとグローミンの併用は?

    2008年08月17日

    40代後半男性です。性欲減退と行為最中の萎えにここ数年悩まされ、ED治療薬のシリアス・レトビアも試し効果がありましたが、頭痛と鼻づまりがひどいため、グローミンに変更しようかと思っています。

    グローミン等の塗り薬や、病院での男性ホルモン注射は、テストステロンを増やすため、前立腺がんのリスクが否めないということですが、私は、発毛の薬プロペシアを2年ほど服用しております。
    ホルモンの数値等検査したことはありませんが、プロペシアに関するサイトを通じて、この薬を服用していると、通常よりもテストステロン数値が低くなると聞きました。

    ということは、グローミンを試みても大丈夫ということでしょうか?

    また、テストステロンを増やす塗り薬や注射等のホルモン療法を行うことによって、プロペシアの発毛効果が損なわれることがないか気になり、メールを差し上げました。

    (男性・45~54歳)

     


     

    > テストステロンを増やすため、前立腺がんのリスクが否めない

    先ず、テストステロンが前立腺がんの発癌物質になることはございません。

    むしろ、テストステロンの分泌レベルが高い人の方が前立腺がんの発症率が低いという指摘もあるため、加齢によるテストステロン分泌の過度な低下を早い時期からテストステロンを補充することで、将来的には前立腺がんの発症を防止する、といった研究テーマを検討すべきと考えております。

    しかしながら、テストステロンは、いったん発症した前立腺がんの進行を促進させることが知られているため、前立腺がんの恐れがある場合は、グローミンに限らずテストステロン製剤すべてのご使用をお断りしております。

     

    > グローミンを試みても大丈夫ということでしょうか?

    知られている作用機序からは、併用して問題無いと思われますが、これを証明するデータ等の事実を未だ承知致しておりませんので、必ずしも保証できません。何とぞご了承下さいませ。

    ご高承のことと存じますが、プロペシア錠の作用機序は5α還元酵素の阻害作用と言われています。

    さらに、この酵素がテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変えて、このDHTが頭髪を脱毛させると言われています。

    そのため、DHTの働きを阻害するプロペシア錠を服用することで、テストステロンがDHTに変わらないようにするため、男性型脱毛症に効く、というものです。

    すなわち、プロペシア錠について公表されている作用機序から机上で考えられる限り、テストステロン自体への影響や相互作用は無いと考えております。

     

    > テストステロンを増やす塗り薬や注射等のホルモン療法を行うことによって、
    > プロペシアの発毛効果が損なわれることがないか

    あくまで小職個人の大胆な仮説で申し上げますことをご容赦いただきますと、DHTもテストステロンほど活性が強くないとはいえ、性機能に作用することが考えられますので、仮にテストステロンの分泌レベルが変わらなくても、プロペシア錠の服用でDHTが少なくなった分、性機能が衰えたのかも知れません。

    また、前立腺疾患の目安となるPSA値に対してプロペシアの服用でPSAを改善するという報告もございますが、プロペシアがDHTを抑えることによるものと期待されます。もし、そうであれば、プロペシアは冒頭に述べたテストステロンの前立腺がんのリスクを抑えられるかも知れません。

    もし、以上の仮説が正しければ、グローミンによるテストステロン補充とプロペシア錠の併用は、むしろ前立腺がんのリスクを回避しながら、性機能と脱毛防止というメリットの両立が期待できる、という「男の夢」の治療法になるかも知れません。

    しかしながら、私共と致しましては今のところ以上を保証する事実が無く、不測の副作用に対する検証も出来ておりませんので、責任を持ってお勧めすることが出来ません。

     

    続きを読む

2 / 212