大東製薬工業株式会社

お客様相談室

お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。

月別アーカイブ

タグ:男性ホルモン

  • 性行為で男性ホルモンの分泌が活発になる?

    2006年08月16日

    最近TVやインターネット上の一部でも耳にするのですが
    性行為などにより男性ホルモンの分泌が活発になるというのは本当ですか?
    むしろ射精後は分泌が減少するとか、興奮したり射精するたびに男性ホルモンが新たに作られるわけではなく、男性ホルモンが分泌されているから興奮するという話もきいたのですがどちらが本当でしょうか?
    (男性)

     


     

    お問い合わせありがとうございます。

    > 性行為などにより男性ホルモンの分泌が活発になるというのは
    > 本当ですか?

    学術的に認められるような根拠(データ)は存じ上げません。あくまで仮説の域にある個人的な主張かと存じます。

    > むしろ射精後は分泌が減少するとか、興奮したり射精するたびに
    > 男性ホルモンが新たに作られるわけではなく、男性ホルモンが
    > 分泌されているから興奮するという話

    男性ホルモンは、男性ホルモンの分泌を促すホルモンの影響を受けて、約15分毎に刻々と血中濃度が変動すると言われております。

    そして、安静な状態であれば、1日24時間の中で、夜明け前から午前中の血中テストステロン(男性ホルモン)値が高く、日中から夜にかけては低くなるという日内変動のあることが知られています。これは、サーカディアン・リズムと呼ばれる体内時計にもとづくものと思われます。

    一方で、男性ホルモンの分泌は、身体面や精神面など様々な影響を受けて変動するものと考えられます。例えば、海外の文献によると、あるスポーツ競技者で試合に勝った場合と負けた場合で、勝利者の試合後の男性ホルモン値が高くなっていた、という一説を見かけたことがございます(研究論文の原著は未入手)が、精神的な満足度や高揚感が男性ホルモンの分泌を促す方向に影響したことが想像されます。

    そのため、ご指摘にような性的興奮による影響も考えられます。

    ただし、これは誰もが同じような影響を受けるとは限りません。例えば、性交後の満足度が高くて精神的に自信を強めた状態である人なら、精神的な高揚感が自ずと男性ホルモンを高める方向に働くことが想像されますし、仮に客観的に同様の性交をしても、本人にとって不満の残る性交や、失敗したと受け止めているような状況、あるいは性交後に別れ話を持ちかけられて挫折感を味わうような状況があれば、必ずしも男性ホルモンを高めないことがあるかも知れません。性交後の痴話喧嘩で憤りという意味で興奮することはあっても、恐らく多くの男性は別れ話の痴話喧嘩の最中に性的興奮で勃起する気にはなれないことでしょう。気持ちの問題は、とかく単純に行かないものですが、これぞ人生の深みというものなのかも知れません。

     

    どちらが本当でしょうか?

    そもそも、「男性ホルモンが活発になった結果、興奮するのか?」
    それとも、「興奮した結果、男性ホルモンが活発に分泌するのか?」
    という議論になるわけで、お客様のご関心もこの点にあるかと存じますが、これは「鶏か卵か?」の議論になるようで堂々巡りになってしまいます。本質的で哲学的な議論で、興味深いところではありますが、一方で直面する課題解決に向けた現実的な諸事情のため、結論を出すことが避けられているのが現状かと存じます。

    個人的なコメントをお許し戴きたいのですが、小職は「どちらも、ある。」ということではないかと考えております。だからこそ、「好循環にある人」と「悪循環に陥る人」が生じるのであろうと想像しておりますし、悪循環に陥った人には男性ホルモンの補充が好循環に導くための「きっかけ」になるものと考えております。

    以上、取り急ぎご返信申し上げます。歯切れの悪いお答えで申し訳ございませんが、何かご参考になりましたら幸甚に存じます。

     

    続きを読む

  • Q. ヘヤーグロンを今後ずっと使用する場合の注意点は?

    2006年05月08日

    1. 御社のヘヤーグロンを今後ずっと使用する場合の注意点を教えてください。
    2. 使用中の性行為によりできた子供への影響はどうなのでしょうか。
    3. 以前病院にてホルモン検査をしました。テストステロン値、遊離テストステロン値とも低い一方で、PRL値が高く、性的障害を起こしやすいということでした。睾丸が小さく、陰萎の症状があります。
    4. 以前御社のヘヤーグロンを使用し症状が改善しましたが、外部より摂取すると自己製造能力が低下すると聞き使用を中止しております。今後長期間使用することなので躊躇しております。(25歳・男性)

     


     

    1. 4.の項目で、ご指摘いただいた懸念は極めて少ないと考えておりますが、ご心配をさらに極小化するため、本剤を1本ご使用になった後は「1週間以上の休薬期間」を設けてから、再度ご使用になることをお勧め致します。

     

    1. 基本的に影響ございませんが、敢えて問題になるケースを想定しますと、妊娠後の母体にテストステロンを投与すると、胎児に影響を及ぼす懸念がございますので、妊娠後はパートナーに本剤が付着しないようにして下さい。万がいち付着した場合は、直ちに洗い流して下さい。
    2. 高プロラクチン(PRL)血症がED(勃起障害)の原因になることは知られておりますが、自己判断でテストステロンの補充をお考えになる前に、そもそも高PRL血症を引き起こしている原因が心配です。例えば、精神神経用薬の副作用で高PRL血症となるケースがあると聞いておりますので、思い当たる薬剤をご使用でしたら、主治医の先生と良くご相談下さいませ。また、器質的には視床下部や下垂体に原因疾患があるケースもあるようです。
    3. ご指摘のケースはヘヤーグロンの投与量の数十倍といった高用量で、健常者の正常範囲のテストステロンレベルをはるかに超えてしまうような投与を何ヶ月も続けた場合の話です。現在、一般的に行われている注射剤での男性ホルモン補充は、ヘヤーグロングローミンの5倍以上の投与量にもかかわらず、少なくとも数ヶ月の投与でご指摘の症状が問題になったケースを存じ上げておりません。

     

    ヘヤーグロンのご使用をお考えいただき大変ありがたく存じますが、お客様の場合は高PRL血症の原因が心配ですし、これを解決すれば、性機能のお悩みも自ずと軽快することが期待できます。どうか、ヘヤーグロンをお考えになる前に、高PRL血症の原因と処置について主治医の先生と良くご相談いただくことを強くお勧め申し上げます。

     

    続きを読む

4 / 41234