大東製薬工業株式会社

お客様相談室

お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。

月別アーカイブ

タグ:サプリメント

  • グローミンを何ヶ月くらい塗り続ければ良いか?

    2009年05月02日

    お店にてグローミンを購入しました。塗り続けていますが、勃起力はすごい回復しております。何ヵ月くらい、続ければ安定してくるものなのでしょうか?
    また、雑誌なんかに広告されているペニス増大効果のあるサプリメントなどは、本当に効果のあるものなのでしょうか?

    (男性・25~34歳)



     

    この度はグローミンをご利用いただき誠に有難うございます。本剤をお役立ていただき重ねて御礼申し上げます。

    安定するまでの使用期間のご質問ですが、特に期間を保証するデータはございません。ただし、本剤の臨床研究では3ヶ月間のご使用で有意に効果があったという報告があり、中には自律回復して本剤から離脱できたという症例があることも伺っております。

    お客様の場合、一般的には十分な男性ホルモンを分泌できる年齢なので、1ヶ月程度のご使用でいったん休薬し、様子を見て症状の再発など必要に応じ再開する、といったご使用方法をお試しいただければ宜しいかと存じます。

    ペニス増大効果を標榜しているサプリメントの効果につきましては、少なくとも作用機序と併せて学術的な根拠に納得できるものは弊社の知る限りございません。例えば、陰茎に過度な刺激を与えるものは危険なだけで、陰茎自体が成長する機序には納得できませんし、サプリメントには素材こそ色々ありますが、結局は様々なアミノ酸やビタミン類、ミネラル等の服用であり、疲労回復効果で結果的に勃起力を回復する場合はあるかも知れませんが、陰茎のサイズそのものを成長させる合理的根拠は全く無いと思われ、納得できません。もし、このようなサプリメントで効果があるとすれば、PDE-5阻害剤のようなED治療薬の有効成分や類似物質をはじめ、性ホルモン等の医薬品成分を違法に配合させた無許可医薬品である可能性が極めて高く、品質面や安全面で極めて危険と考えます。決してお勧め致しません。

     

    続きを読む

  • ヒメロスとイソフラボンのようなサプリメントの併用は?

    2007年01月18日

    ヒメロスとイソフラボンのような女性ホルモン用サプリメントを併用しても大丈夫ですか?(35~44才・女性)

     


     

    万全を期すため、併用はお勧め致しません。

     

    サプリメントの種類や摂取量にもよりますが、いずれにせよ、弊社の知る限り「絶対に大丈夫」と保証する事実はございません。摂取量が多過ぎれば女性ホルモンの過剰摂取にともなう生理不順をはじめ、最悪の場合には乳がん等の発症リスクの増加が懸念されます。

     

    そもそも、サプリメントで満足できる結果が得られているのであれば、敢えてヒメロスを併用する必要はございませんし、逆にサプリメントでの効果が不十分で、ヒメロスによる女性ホルモンの補充をお考えの場合には、ヒメロスで十分な女性ホルモンの補充が出来るはずですから、ヒメロスをご使用中の間は、過剰摂取によるリスク回避と経済性の観点からサプリメントを中止するのが合理的と存じます。

     

    なお、女性ホルモン様サプリメントは多種多様にあり、なかなか単純明快にご説明できず申し訳ございませんが、その一端を次の通りご説明申し上げます。

    先ず、「女性ホルモン様サプリメント」とは、植物からいわゆる「植物性エストロゲン」と呼ばれる物質を抽出したサプリメントと存じますが、植物性エストロゲンの中には、ご指摘のイソフラボンのほか様々な物質が知られています。

    そして、これら様々な植物性エストロゲンは、それぞれ活性や作用が異なりますから、そのため正確を期すほど一概に言えなくなってしまうのが実情です。更にはイソフラボンと申しましても、その中には様々な種類の物質があり、厳密に言えば、それぞれ活性や特徴が異なります。

    「植物性エストロゲンは一般的な食物に含まれるものだから、安全。」というイメージを持つ方がいらっしゃいますが、これはあくまで大量摂取をしない範囲での事です。かと言って、特定の食材が危ないと申し上げる意図は全くございません。塩や砂糖をはじめ、穀物や肉、魚介類、野菜と、いかなる一般的な食材でも極端な過剰摂取を続ければ健康に何らかの悪影響を及ぼす恐れがあるもので、偏りのないバランスのとれた食事が最善であることはご了解いただけるかと存じます。

    「体に良いから」と毎日何kgもの豆腐や納豆を何年も食べ続ける、といった極端な大量摂取をしたり、サプリメントのような濃縮物で女性ホルモン様物質を大量摂取をすれば、自ずと女性ホルモンの過剰投与と同様のリスクを負う懸念があると考えます。実際、海外では濃縮物(サプリメント類)の大量摂取により乳がんのリスクが高まるという指摘があるようです。

     

    そのため、国(内閣府)の食品に対する中立的な評価機関である「食品安全委員会」は、厚生労働省の依頼を受け大豆イソフラボンの一日摂取目安量の上限を検討して、定めています(詳細は下記をご参照ください)。「目安量の上限」と、いかにも行政的な言い回しですが、杓子定規にこの値を一瞬でも超えたら大変なことになるわけでもなく、かと言って長期間にわたり上限値を超える摂取を続けるのは避けましょう、というニュアンスだと思います。

    大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A
    (内閣府食品安全委員会)
    (最も公的で中立性・信頼性の高い情報と思います。)

     

    その他、参考となるHPのURLを下記の通りご案内申し上げます。

    イソフラボンについて
    (国立健康・栄養研究所)

    プエラリア・ミリフィカについて
    (国立健康・栄養研究所)
    (植物性エストロゲンが多種多様であることを実感します。)

    植物性エストロゲン
    (いけざわレディースクリニック)
    (医師の立場による、近年の一般的な知見にもとづく解説と思います。)

     

    続きを読む

1 / 11