大東製薬工業株式会社

お客様相談室

お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。

月別アーカイブ

  • グローミンのパートナーに与える影響について

    2012年10月22日

    グローミンのパートナーに与える影響についてお尋ねします。

    1) 塗布箇所から考えて、パートナーに影響を与える「可能性」を想定しますが、ご見解をお聞かせください。

    2) ご見解の背景、論拠もお示しください。

    (男性・65~74才)
     





    1) パートナーに影響を与える「可能性」について

    • 塗布部の本剤がパートナーに付着した場合、影響を与える可能性は否定できません。
    • 性交など濃厚接触をともなう女性パートナーであれば、体毛が濃くなる、声が低くなる、といった身体的な影響をはじめ、多幸感や明るく積極的になる、といった精神的な影響が考えられます。
    • しかしながら、後述いたします通り、ご使用方法を守っていただければ、その可能性は極めて少ないと考えております。

    2) 見解の背景、論拠について

    • 米国のテストステロン・ジェル製剤では、同居する小児に影響を与えた事例があります。そのため、米国の規制当局(FDA)から添付文書の改訂指示が発出され、これを受けて本邦でも厚労省が弊社製品を含む国内メーカーの男性ホルモン塗布剤に対して、添付文書の改訂を指示した経緯があります。 これを受けて、本剤の添付文書「してはいけないこと」の中で、「使用者以外へ付着させないこと」を記しております。
    • 前記の添付文書において、「塗布部が他の人と接触する可能性があるときは、塗布部を石鹸とぬるま湯で十分に洗い流してください。」と記しておりますので、この注意事項が遵守されることにより、パートナーに本剤のテストステロンが移行して影響する可能性が無くなるものと考えております。
    • 先述のジェル剤は、グローミンと同じくテストステロンを1%含有しますが、当該製剤は「上腕部に毎日5g」を塗布するものです。 一方、「陰嚢部に約0.3gを1日1~2回」塗るグローミンは、塗布量が大幅に少ないうえ、塗布部位の違いから自ずと接触リスクと成分の移行リスクが大幅に少ないと考えております。
    • 一般的に、成人女性も体内でテストステロンを分泌しており、その血中濃度は成人男性の約5%(1/20)と言われています。成人女性にとって、テストステロンの存在自体は必ずしも有害ではありません。
    • 塗布後の経過時間によりますが、例えば塗布後1~2時間後であれば塗布部に残存するテストステロンは相応に減少しているうえ、性交にともなう濃厚接触が無い限りパートナーに付着して体内へテストステロンが吸収される可能性と移行量は非常に少ないと思われ、しかも前記の経緯から1回の移行だけでパートナーへ有害な影響を及ぼす懸念は極めて小さいと考えております。
    • なお先述の添付文書改訂を行う前より、これまで弊社のテストステロン塗布剤で、パートナーへの移行にともなう有害事象は、過去48年余の間に経験しておりません。

     

    続きを読む

  • 女の子の性欲は男の20分の1 しかないって本当?

    2012年03月01日

    2009年12月末、掲示板に「女の子の性欲は男の20分の1 しかないって本当?」というタイトルのスレッドが立ち、その中で弊社HPへのURLが貼られ、その後、いくつかのサイトへ当該スレッドが拡散されていました。

    まことしやかな俗説が興味本位に拡散され、既成事実のように受け止められる状況を危惧し、当該スレッドに対して弊社の立場から次の通りコメントを申し上げます。

    1. 男性ホルモン(テストステロン)の生理作用の中に、性衝動や性欲の亢進作用があると言われていることは事実ですが、人間の「性欲」にはテストステロンの分泌レベルだけでなく、他に内外の様々な要因が考えられ、これらの綱引きによるものと考えております。
      そのため、テストステロンと性欲を一致させる見方は大変乱暴で、偏見助長の観点から慎むべきと考えます。
      以上を踏まえれば、自ずと「テストステロンの分泌レベル(血中濃度)」と「性欲」は、必ずしも一致しないと考えております。
    2. エストロゲン(女性ホルモン/卵胞ホルモン)の生理作用の一つにも、性欲の指摘があります。筆者は、エストロゲンとテストステロンでは「性欲」に対するニュアンスが異なると考えておりますが、両者がもたらす性欲の違いといったテーマについて、科学的な検討結果を存じ上げず、入手できておりません。

      以上の大胆な仮説が事実であれば、女性の性欲はエストロゲンの作用を中心に、テストステロンが「隠し味」の役割を果たしているのかも知れませんし、男性は逆にテストステロンの作用を中心に、エストロゲンの影響も受けて性欲や性衝動が現れるのかも知れません。

    3. 弊社HPの中で、(健常な閉経前の成人)女性にもテストステロンが分泌されており、その分泌量は(健常成人)男性の5~10%(1/10~1/20)と記しております。
      しかしながら、あくまで女性の「テストステロンの分泌量」が男性の5%(1/20)であって、先述の考えを踏まえれば、これを性欲に直結させることは非常に乱暴です。
      性差やセクシャリティに対する偏見を助長し、無意味で不毛な議論に陥らせるもので、厳に慎むべきと存じます。

    以上、何卒ご了承のほど御願い申し上げます。

    大東製薬工業・福井 拝

    続きを読む

  • 妻の性欲亢進にグローミンは効く?

    2010年06月26日

    グローミン」について教えてください。ホームページを見る限りでは男性の性欲亢進効果が高いようですが女性にも効果がありますか?私(妻)の性欲が少なく夫婦生活に支障が出て困っているので購入しようかと思っています。
    (女性・25~34才)




    テストステロン男性ホルモン)の一般的な作用としてご指摘のように性欲亢進作用があり、グローミンの効果の一つとして、男性ホルモンの分泌不足にともなう性欲欠乏が認められております。また、海外で開発中の他社のテストステロン製剤では女性の性欲障害に対する効果が報告されています。

    成人女性も成人男性の5~10%程度のテストステロンが分泌されていると言われていますが、以上より、ご質問につきましては、原因がテストステロンの分泌不足であれば、女性にも効果は期待できると考えております。

    しかしながら、奥様の年齢(25~34才)であれば、少なくとも加齢にともなうホルモン分泌の低下は考えにくいため、テストステロンの補充を考慮する前に、性欲が少ない状況と原因を多角的に確認した上で適切な対処方法を検討すべきと存じます。

    性欲欠乏の原因は多岐にわたり、しかも複数の原因が複雑に関係する事が多いため、テストステロンの補充だけで単純に解決できない場合があることを何卒ご了承下さいませ。

    例えば、生理的に必要十分なテストステロンを分泌していながら家庭内外の様々なご事情や経緯、ストレス等によりセックスを阻害している状況があれば、グローミンでテストステロンを補充しても効果は期待できません。

    また、女性に対する「過剰なテストステロンの投与」は、クリトリスの肥大化、声変わり(低くなる)、体毛が濃くなる・・・、といった、男性化の副作用が懸念されますので、あくまで女性としての生理的な分泌範囲内(男性分泌量の約5%)での補充となるように、極めて少量(ビーズ大)ずつ投与するといった、注意深いご使用方法が必要です。

    グローミンのご使用に際しましては、少なくとも奥様ご自身の十分な理解が必要でございます。

    以上を踏まえまして、グローミンをお試しになる前に、先ずは専門医のカウンセリングを受けることが最善と存じます。カウンセラーにつきましては、日本性科学会・会員によるカウンセリングをお勧めしております。詳しくは下記URLをご参照下さいませ。


    カウンセリング室(日本性科学会)
    http://www14.plala.or.jp/jsss/counseling/


    日本性科学会(トップページ)
    http://www14.plala.or.jp/jsss/

     

    続きを読む

  • グローミンを女性のクリトリスに塗ると?

    2009年06月01日

    女性のクリトリスに毎日塗った場合は、どうなりますか?

    (男性・25~34歳)



     

    先ず、本剤をクリトリスに塗布するような使用法は承認されていませんので、弊社と致しましてはお勧め出来ません。決してそのようなご使用方法をなさらぬよう、本剤の適正使用を強くお願い申し上げます。

    グローミン」(または「ヘヤーグロン」)の適応症の中には、女性恥部無毛症がございますが、このような場合も患部(外陰部の外側)に塗布するもので、クリトリスへの塗布はお勧めしておりません。

    なお、性同一性障害(GID/FTM)の治療として、男性ホルモン療法による男性化の一環としてクリトリスが大きくなるという症例報告はございますが、これは本剤に認められた使用目的ではございません。そのため、本剤のご使用で男性化の兆候がみられた場合は、ご使用を中止して医師にご相談くださいませ。

     



     

    お客様各位

    医薬品に対する適正使用のお願いについて

     

     

    平素より弊社ならびに弊社製品へのご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

     

     かつて、80年余の長きにわたり多くの人が安全に使用してわたり親まれて来た入浴剤にもかかわらず、数年の間に一部の人が自殺目的で使用した事がメディアに取り上げられて大きな社会問題となりました。自殺防止の観点からドラッグストアで取り扱いを中止する店が相次いだため、何の悪意もなく誠実に製造して来たメーカーであるにもかかわらず、事実上の廃業(製造中止)に追い込まれた事例がございました。

     

     医薬品を本来の趣旨と異なる目的でご使用になり、何らかの有害事象が発生しますと、使用したお客様が取り返しのつかぬ状況に陥る場合がございます。これは、医薬品に限らず、あらゆる工業製品について考えられるものでありますが、医薬品は薬物として健康に直結するため社会的関心が高く、特別な配慮が求められるとされております。そのため、医薬品の開発・製造・流通・小売に携わる全ての人は、薬事法(現在は薬機法)をはじめとする関係法令のもと、当局の重厚かつ厳格な規制にもとづき慎重に対応しております。

     

     そのため、適正使用を逸脱しますと、お客様だけの問題では済まなくなります。例えば、当該製品のみならず同様の成分を持つ各社の製品、ひいては弊社や同業各社の事業存続が困難になりますし、流通先を含む業界全体が混乱する恐れもございます。大手メーカーにとっては多々ある製品の一つに過ぎない影響でも、弊社のような零細メーカーには倒産・廃業に直結する甚大な影響がございます。

     

     そうなりますと、何と申しましても、適正な使用方法によって、永年、安全に本剤のメリットを享受して来た何千人、何万人というお客様に、他に代えがたい希少な医薬品をお届け出来なくなってしまいます。

     

     先述の通り、医薬品には重厚かつ厳格な規制があり、新たな医薬品の開発には莫大な開発資金を要する時代ですから、アイデア商品のような雑貨や一部の健康食品のように次々と新製品を市場導入することは出来ません。いちど廃止した医薬品を復活させるにも、新薬と同じ最新の規制に沿った対応が必要なので、事実上不可能です。もちろん、非合法な雑貨や健康食品の製造販売は行うべきでなく、一線を画す立場でございます。

     

     私共は、適正使用のために添付文書への注意喚起や店頭での情報提供など、当局の指導を待つまでもなく、これまで最善を尽くして参りました。
    それは、適正な使用によって他に代えがたい本剤のメリットを安全に享受しているお客様をはじめ、製品の安定供給のために日々懸命に働いている人達や、関係先の皆様のご厚意に応え生活を守るためでございます。

     

    自己責任で行う目的外使用等の転帰は、必ずしもご本人の問題だけでは済みません。結果的に、多くの善意の人々の生活に甚大な影響を及ぼします。このような背景と事の重大さをご賢察いただき、弊社製品のみならず全ての医薬品の適正使用を、伏してお願い申し上げる次第でございます。

     

    どうか、私達を末永く生かさせて下さいませ。そして、適正使用によって安全にメリットを享受できるお客様が末永くご愛用いただけるように、何卒お力添え下さいませ。謹んでお願い申し上げます。

     平成21年6月(平成29年1月修正)

    大東製薬工業株式会社

    代表取締役社長 福井 厚義

    続きを読む

  • 女性に舐めてもらっても大丈夫?

    2008年07月14日

    トノスを塗ってから洗い流すなり、拭き取れば、女性に(塗布部を)舐めてもらっても大丈夫でしょうか?
    (年齢不明・男性)

     


     

    ご指摘の通りで大丈夫です。
    ただし、拭き取りでは十分に本剤を除去できず、パートナーが塗布部を舐めた時に気になる恐れがありますので、万全を期すのであれば、洗い流すことを強くお勧め致します。

     

    続きを読む

  • 更年期と同じ症状?

    2007年10月17日

    75歳女性です。更年期の症状と全く同じ症状で悩んでおります。
    お医者さんに相談しても的確な答えはいただけませんし、症状に合うお薬もいただけません。薬は何が良いか教えていただけませんでしょうか。

     


     

    文面から、さぞ辛い状況でお悩みの事と存じます。
    ただ、誠に恐れ入りますが、関係法令や倫理の観点から、医師の資格が無い私共が、お客様の診察や診断、処置をすることは許されませんし、また文面の情報だけで断定的に申し上げる事は、たとえ医師であっても極めて困難であることを、あらかじめご了承下さいませ。

    先ず一般論で申しますと、医師の立場では年齢を考慮致しますと、更年期障害と診断できない事情があるのかも知れません。

    また、心労など精神的なストレスにともなう不定愁訴に思い当たる背景がございましたら、心療内科の受診をお勧め致します。

    なお、一般的に無難で穏やかな治療法としては、漢方療法が考慮できるかと存じます。ただし、適切な漢方薬は、お客様の「証」を見た上で、適切な判断をする必要がございますので、この場合は、漢方医の受診や漢方専門薬局でのご相談をお勧め致します。

    ここで、漢方療法につきましては「漢方ナビ」というホームページに良い説明がございますので、ご一読をお勧め致します(当該サイトは弊社と一切関係はございません)。

     

    続きを読む

1 / 11