大東製薬工業株式会社

お客様相談室

お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。

月別アーカイブ

記事カテゴリー:女性の性機能

  • 「ヒメロス」「バストミン」を塗る箇所について

    2012年07月05日

    ヒメロスを塗る箇所についてお聞きします。
    ほてりなどの更年期障害の改善のための場合、陰部ではなく皮膚の薄い所に塗っても効果は同様にありますか? それともそれでは、全身には効果がなく、塗る意味がなくなってしまいますか? 

    (女性・年齢不明)

     

     

    ヒメロスを陰部以外の皮膚の薄い所へ塗った場合も、有効成分の女性ホルモンが皮膚から吸収されて血中濃度を上昇させることは期待できますが、一般的に陰部に塗布した場合の吸収が最も良好なので、陰部に塗るのが最も効果的と考えております。

    また、本剤の基剤には陰部へ塗布することを前提に白糖を用いており、塗布部がベトつきます。陰部以外の一般的な部位であれば、砂糖を含む飲料が皮膚についた時と同様に不快感を与えてしまう懸念が大きいので、お勧めしておりません。

    なお、陰部以外の部位にも不快感なく塗れるようにしたクリームとしては、「バストミン」をお勧めしておりますので、宜しければご検討くださいませ。






    バストミンのほうが、他の部位に塗るのに適しているんですね?
    バストミンなら、全身どこでもかまわないのでしょうか? それとも腕の内側とか皮膚の薄いところが吸収が良いから?やはりいいのでしょうか? 具体的にあれば知りたいのですが?

    この薬品は即効性はありますか?それとも1カ月2カ月かけてゆっくり更年期緒症状が改善してくるのを実感できるような感じでしょうか? (女性・年齢不明)

     

     

    ◆ 塗布部位について

    ご指摘の通り、陰部以外に塗るのであれば、ヒメロスよりもバストミンの方が適しています。
    バストミンでの塗布部位は、腕や脚、腰で構いませんが、先ほど記しました通り、あくまで陰部に塗るのが最も効果的と考えておりますので、あらかじめご了承下さいませ。

    ◆ 塗布部位の注意事項について

    バストミンではこれまで経験しておりませんが、同じ基剤成分の他剤で1万4千本余の出荷に1件の頻度で、お肌に合わず発赤などアレルギー症状とみられる事例を経験しております。

    つきましては、万全を期すため目立たない場所に塗布していただく事もご配慮いただけましたら幸いに存じます。

    なお、他剤での検討結果では、顎下(首の前面から襟元まで)の部分が陰部に最も近い良好な吸収となりますが、上記の経緯を考慮して、女性にはお勧めしておりません。何卒ご了承くださいませ。

    ◆ 即効性について

    即効性につきましても、何ぶん個人差が大きいため、いちがいに申し上げられませんが、本剤1本で、ひと月に2週間ずつ、2ヶ月お試しいただいて、ご判断いただけますでしょうか。

    もし改善傾向であれば、最長で1年まで継続していただき、その間に軽快いただけましたら1ヶ月以上休薬し、再発したら再度お使いいただく、という方法をお勧めしております。

    なお、医師の学会発表によりますと、週に1~3回、チューブから1cmずつ外陰部に塗布した患者23例(平均56.4歳、46~62歳)について、平均3.15本(最少2本~最大8本)、バストミンをご使用いただき、全ての症例で主訴の改善を認め、明らかな副作用は無かったという報告がございます。

     





    ヒメロス販売店は、こちらのリンク先(弊社販売店情報)をご参照くださいませ。

    e健康ショップ「おくすり予約」 健康ショップおくすり予約
    薬局サーチ
    ヒメロス」予約ページ

    バストミン販売店は、こちらのリンク先をご参照くださいませ。

    e健康ショップ「おくすり予約」 最寄りの調剤薬局でお取り寄せ
    健康ショップおくすり予約
    薬局サーチ
    「バストミン」予約ページ

     

     

    (さらに…)

    続きを読む

  • ヒメロスを試しても良いか?

    2012年06月02日

    私の妻が現在40歳ですが、十年位、冷感症?不感症?で私が困っています。
    結婚前は感じていましたが、十年位、マグロな感じで、子作りのタイミングも逃した感じがします。せめて昔のような性生活をと思いますが、女性ホルモン塗り薬
    など試してみたいと思いますが、更年期とは違うので、いかがな物かと思います。ヒメロスなど試してみても良いのでしょうか?

    (男性・35~44才)

     






    ヒメロスには、ご指摘のように不感症や冷感症の効能が認められておりますが、本剤は女性ホルモンの分泌不足を補いますので、女性ホルモンの不足ににともなう症状であれば効果が期待できます。

    典型的なケースは、陰部の乾燥や濡れ不足であり、あるいは更年期障害の様々な不定愁訴、例えば身体的症状としての冷感症に効果が期待できます。

    奥様の場合、10年位前とのことから、30歳頃からの状況と存じますが、過剰なストレスや極端なダイエットで早期閉経に陥る状況でない限り、一般的には加齢
    に伴う女性ホルモン(エストロゲン)の分泌不足になることは考えにくく、また、更年期から閉経に向けた生理不順が特になく、生理周期も以前と変わらない状
    態であれば、通常は女性ホルモンの不足は考えにくいと思われます。

    したがいまして、ヒメロスのご使用で塗布時の熱感(基剤に配合した白糖の触感)にともなう演出効果は期待できますが、本来の薬効である女性ホルモンの補充効果は期待できそうにありません。

    もし挙児をご希望でしたら、経緯と状況から対応を急ぐ必要があるかと存じますので、先ずは専門医のカウンセリングを受けて、ご夫婦で状況に向き合うことをお勧め申し上げます。

    カウンセリングにつきましては、日本性科学会窓口がございます。婦人科・精神科・泌尿器科など、国内で性機能や不妊、性に関する様々な問題のカウンセリングに携わる経験豊富な医師による学会で、特に性に関する問題とカウンセリングに軸足を置いています。

    日本性科学会HP

    日本性科学会・カウンセリング室

    大変、切実なご事情と存じますが、弊社製品に関わらず出来る限りお調べしてご案内致したく存じますので、ご不明な点などございましたら、お気軽にメールをお送り下さいませ。

     

    追伸:
    H.24年6月2日・17:43に戴いたお問い合い合わせにご返信致しましたところ送信エラーしてお届け出来ません。つきましては、こちらでご回答申し上げますので、何卒ご了承下さいませ。

     





    ヒメロス販売店は、こちらのリンク先(弊社販売店情報)をご参照くださいませ。

    e健康ショップ「おくすり予約」
    健康ショップ
    おくすり予約
    薬局サーチ
    ヒメロス」予約ページ

    バストミン販売店は、こちらのリンク先をご参照くださいませ。

    e健康ショップ「おくすり予約」 健康ショップおくすり予約
    薬局サーチ
    「バストミン」予約ページ

     

    続きを読む

  • ヒメロスとバストミンは同じもの?違いは何? バストミンを膣内に塗ってはいけないのか?

    2008年08月17日

    ヒメロスバストミンは同じものですか? (女性・45~54歳)

    ヒメロスバストミンの違いは何ですか? (女性・45~54歳)

    バストミンを膣内に塗ってはいけませんか?それは何故ですか? (女性・45~54歳)

    ヒメロスを膣内以外の所に塗ってはいけませんか?それは何故ですか? (女性・45~54歳)

     


     

    有効成分と、その含有量は下記の通り同じです。そのため、効き目は基本的に同じです。
    エストラジオール 0.06%
    エチニルエストラジオール 0.02%

     

    乳化したクリームであるバストミンの方が、一般に塗心地は良く、腕や脚、腰をはじめ、陰部においては外陰部へ塗布するのに適しています。

    ヒメロスバストミンの最大の違いは基剤の違いで、ヒメロスは軟膏、バストミンはクリームです。これにともない、塗心地や使用感が異なります。

    一方、膣粘膜のように極めてデリケートな部位へ塗布する場合は、ヒメロスの方がより低刺激で無難です。

    バストミンを膣内に塗っていけないことはありませんが、数万人に1人程度の頻度で基剤成分がお肌に合わない場合を経験しているため、万全を期すため膣内に塗ることは積極的にご案内していません。

    1. ヒメロスは女性の局部粘膜(膣内)へ塗ることを前提に設計しており、それ以外の場所には塗らないようにお願いしています。
      低刺激なので、膣内でない場所へ塗っても皮膚刺激の問題はありませんが、白糖が外皮に付着した時の不快感を避けていただきたいことが理由です。

     

      1. ご参考までに基剤成分の違いは下記の通りとなりますが、日本薬局方の規定により、ヒメロスは軟膏剤、
      2. バストミンはクリーム剤とされています。

     

      1. ヒメロスの基剤成分】
        白糖、グリセリン、精製ラノリン、白色ワセリン
      2. バストミンの基剤成分】
        白色ワセリン、ステアリルアルコール、モノステアリン酸グリセリン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油60、プロピレングリコール、メチルパラベン、プロピルパラベン、精製水

     

      1. ご参考までに、ヒメロスの基剤成分である、白糖、グリセリン、ラノリンにつきまして、次の通りご案内申し上げます。
      2. ●白糖 :防腐機能のほか、膣粘膜へ塗布した際に、白糖の触感による熱感があることから、独特な塗心地となることを狙いとしています。
      3. ●グリセリン :一般的に、塗布部へ潤いを与え、角質層を柔らかくして荒れを防ぐ目的で配合しており、化粧品では良く配合される添加物です。ただし、あまりに高濃度であると、吸湿性が強いため皮膚刺激が強過ぎてしまうので、化粧水であれば10%位までが限度と言われています。ただし、ヒメロスの場合は5%に抑えています。
      4. ●ラノリン:羊毛についている脂肪質から分離精製した物質です。
        皮膚に吸収されやすく、粘膜に良く付着する性質があると言われており、軟膏の基剤に良く使用されて来ました。また、水を加えても軟膏の性状を保つことから、ヒメロスの使用法(水またはお湯1~2滴でよくねって、局部粘膜に塗る)を踏まえ配合しています。

     

      1. バストミンの基剤成分はヒメロスよりも多種に及びますが、日本薬局方という医薬品の規格に定められた「親水軟膏」という基剤と同じ成分です。自ずと、親水軟膏の成分は非常に一般的で実績があるものです(下記URL参照)。
        http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se71/se7122704.html

     

    1. まとめ
    2. ヒメロス
      ヒメロスは本剤は半世紀を超えるロングセラーであることから、以前から本剤に使い慣れた人、バストミンがお肌に合わない人にお勧めしております。特に、膣粘膜へ塗布した時に白糖がもたらす熱感などの、独特な使用感を尊重したい、というご愛用者のために、基剤と製法を守り続けております。

     

    1. バストミン
      バストミンは、女性ホルモンの不足にともなう膣や外陰部の委縮・乾燥による不感症の女性で、膣粘膜への塗布が困難な人にお勧めしています。例えば閉経後に外陰部が萎縮したり癒着して、膣粘膜に塗るのが困難な人でも、外陰部に塗布して女性ホルモンを局所的に補充できます。
      また、局所(陰部)以外の腕や脚、腰へ塗布することでお気軽に女性ホルモンを補充したい、とお考えになる更年期障害でお悩みの女性にもお勧め出来る女性ホルモン・クリームです。

     

     

     


     

    ヒメロス販売店は、こちらのリンク先をご参照くださいませ。

    e健康ショップ「おくすり予約」 e健康ショップおくすり予約
    薬局サーチ
    「ヒメロス」予約ページ

     

    バストミン販売店は、こちらのリンク先をご参照くださいませ。

    e健康ショップ「おくすり予約」 e健康ショップおくすり予約
    薬局サーチ
    「バストミン」予約ページ

    (さらに…)

    続きを読む

  • 更年期と同じ症状?

    2007年10月17日

    75歳女性です。更年期の症状と全く同じ症状で悩んでおります。
    お医者さんに相談しても的確な答えはいただけませんし、症状に合うお薬もいただけません。薬は何が良いか教えていただけませんでしょうか。

     


     

    文面から、さぞ辛い状況でお悩みの事と存じます。
    ただ、誠に恐れ入りますが、関係法令や倫理の観点から、医師の資格が無い私共が、お客様の診察や診断、処置をすることは許されませんし、また文面の情報だけで断定的に申し上げる事は、たとえ医師であっても極めて困難であることを、あらかじめご了承下さいませ。

    先ず一般論で申しますと、医師の立場では年齢を考慮致しますと、更年期障害と診断できない事情があるのかも知れません。

    また、心労など精神的なストレスにともなう不定愁訴に思い当たる背景がございましたら、心療内科の受診をお勧め致します。

    なお、一般的に無難で穏やかな治療法としては、漢方療法が考慮できるかと存じます。ただし、適切な漢方薬は、お客様の「証」を見た上で、適切な判断をする必要がございますので、この場合は、漢方医の受診や漢方専門薬局でのご相談をお勧め致します。

    ここで、漢方療法につきましては「漢方ナビ」というホームページに良い説明がございますので、ご一読をお勧め致します(当該サイトは弊社と一切関係はございません)。

     

    続きを読む

1 / 212