大東製薬工業株式会社

お客様相談室

お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。

月別アーカイブ

「ヒメロス」「バストミン」を塗る箇所について

2012年07月05日

ヒメロスを塗る箇所についてお聞きします。
ほてりなどの更年期障害の改善のための場合、陰部ではなく皮膚の薄い所に塗っても効果は同様にありますか? それともそれでは、全身には効果がなく、塗る意味がなくなってしまいますか? 

(女性・年齢不明)

 

 

ヒメロスを陰部以外の皮膚の薄い所へ塗った場合も、有効成分の女性ホルモンが皮膚から吸収されて血中濃度を上昇させることは期待できますが、一般的に陰部に塗布した場合の吸収が最も良好なので、陰部に塗るのが最も効果的と考えております。

また、本剤の基剤には陰部へ塗布することを前提に白糖を用いており、塗布部がベトつきます。陰部以外の一般的な部位であれば、砂糖を含む飲料が皮膚についた時と同様に不快感を与えてしまう懸念が大きいので、お勧めしておりません。

なお、陰部以外の部位にも不快感なく塗れるようにしたクリームとしては、「バストミン」をお勧めしておりますので、宜しければご検討くださいませ。






バストミンのほうが、他の部位に塗るのに適しているんですね?
バストミンなら、全身どこでもかまわないのでしょうか? それとも腕の内側とか皮膚の薄いところが吸収が良いから?やはりいいのでしょうか? 具体的にあれば知りたいのですが?

この薬品は即効性はありますか?それとも1カ月2カ月かけてゆっくり更年期緒症状が改善してくるのを実感できるような感じでしょうか? (女性・年齢不明)

 

 

◆ 塗布部位について

ご指摘の通り、陰部以外に塗るのであれば、ヒメロスよりもバストミンの方が適しています。
バストミンでの塗布部位は、腕や脚、腰で構いませんが、先ほど記しました通り、あくまで陰部に塗るのが最も効果的と考えておりますので、あらかじめご了承下さいませ。

◆ 塗布部位の注意事項について

バストミンではこれまで経験しておりませんが、同じ基剤成分の他剤で1万4千本余の出荷に1件の頻度で、お肌に合わず発赤などアレルギー症状とみられる事例を経験しております。

つきましては、万全を期すため目立たない場所に塗布していただく事もご配慮いただけましたら幸いに存じます。

なお、他剤での検討結果では、顎下(首の前面から襟元まで)の部分が陰部に最も近い良好な吸収となりますが、上記の経緯を考慮して、女性にはお勧めしておりません。何卒ご了承くださいませ。

◆ 即効性について

即効性につきましても、何ぶん個人差が大きいため、いちがいに申し上げられませんが、本剤1本で、ひと月に2週間ずつ、2ヶ月お試しいただいて、ご判断いただけますでしょうか。

もし改善傾向であれば、最長で1年まで継続していただき、その間に軽快いただけましたら1ヶ月以上休薬し、再発したら再度お使いいただく、という方法をお勧めしております。

なお、医師の学会発表によりますと、週に1~3回、チューブから1cmずつ外陰部に塗布した患者23例(平均56.4歳、46~62歳)について、平均3.15本(最少2本~最大8本)、バストミンをご使用いただき、全ての症例で主訴の改善を認め、明らかな副作用は無かったという報告がございます。

 





ヒメロス販売店は、こちらのリンク先(弊社販売店情報)をご参照くださいませ。

e健康ショップ「おくすり予約」 健康ショップおくすり予約
薬局サーチ
ヒメロス」予約ページ

バストミン販売店は、こちらのリンク先をご参照くださいませ。

e健康ショップ「おくすり予約」 最寄りの調剤薬局でお取り寄せ
健康ショップおくすり予約
薬局サーチ
「バストミン」予約ページ

 

 


バストミン・添付文書情報

バストミン・適応セルフチェック

バストミン・販売店案内