大東製薬工業株式会社

お客様相談室

お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。

月別アーカイブ

記事カテゴリー:女性の性機能

  • Q. 低用量ピルを服用していますが…

    2006年05月08日

    現在低容量ピルを服用していますが御社のヒメロス等女性用性ホルモン塗布剤を利用することによりピルの避妊効果が薄れる可能性はありますか?ピル服用により性欲減退、潤い不足の可能性があるとのお話を伺ったことがあり、御社製品のヒメロスを使用することで解決ができるかと思い成分を確認したところ、エストラジオールとエチニルエストラジオールなどの女性ホルモンを利用しているため心配になり、確認させていただいた次第です。現段階では特に性欲減退を感じておりませんので、ヒメロスの使用はしておりません。いざというときのために確認を・・・といったところです。また避妊についてはヒメロスでの避妊効果はないものと理解しております。(25~34歳・女性)

     


     

    低用量ピルと、「ヒメロス」「バストミン」をはじめとする女性ホルモン剤(弊社・他社製品の全て)の併用は、決してなさらぬようにお願い致します。

     

    有効成分の作用機序を考えますと、避妊効果への影響が無いとは言い切れませんし、影響が無いことを保証する具体的なデータもございません。何よりも、これらの併用はエストロゲンの過剰投与になる恐れがあり、長期的に続くと子宮がん、乳がん、血栓症を引き起こすことが懸念されます。

    低用量ピルの副作用の中には、吐き気や憂うつな感覚・・・といった症状があるようですが、ご指摘のような性欲減退や潤い不足の可能性があるならば、これは低用量ピルに含まれる黄体ホルモン(プロゲステロン、あるいはプロゲストーゲンとも言います)の影響かも知れません。

    弊社は他社の製剤についてコメントする立場ではございませんので、やはり婦人科の医師にご相談いただくことを強くお勧め致しますが、低用量ピルの中でも品目によって黄体ホルモンの含有量が異なるようですから、他の低用量ピルに変更することで、ご指摘の症状を緩和できる事も考えられます。先ずは、このような考え方について率直に担当医へご相談なさるのが最善かと存じます。

     

    続きを読む

  • Q. ヒメロスを媚薬的に使いたい。

    2006年05月08日

    女性パートナー(20代半ば)にヒメロスを媚薬的に使いたい。彼女は良く濡れ、クリトリスで達するタイプですが、彼女の要望で膣で感じたいそうです。(性別・年齢不詳)

    ヒメロスを膣内に塗り付けようと思いますが、いかがでしょうか?

    たくさん塗布すれば、更に効果は上がりますか?

     




    1. ヒメロスを膣内に塗った場合、人により基剤中の白糖の触感で熱感を感じることがあり、それにともない心理的に膣内の感覚が増したような印象を与えるケースは考えられますが、ご期待されるような効果を保証するものではございませんので、ご了承下さいませ。

     

    1. 本剤の添付文書に記された用法・用量の範囲内で、ご使用願います。
      本剤の有効成分(エストラジオール、エチニルエストラジオール)は、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンですが、エストロゲンは極めて微量で作用する物質であるうえ、高用量を長期連続投与すると、子宮がんや乳がんの発症率が高まることが指摘されています。ヒメロスにつきましては、ご使用者の適正なご使用により、幸い上市以来40年余の間、このような副作用の事実はございませんが、定めた用量の範囲内で、なるべく少なく、短期間のご使用を強くお勧め致しております。
      いずれにせよ、本剤のご使用量に関わらず即効的にご要望の効果を発揮することはございませんので、何卒ご了承下さいませ。

     

    ヒメロスは更年期以降の女性など、女性ホルモンの分泌が衰えた場合に、これを補充するための医薬品です。そのため更年期以降の女性に対する性機能の低下をリカバリーすることは期待できますが、元々女性ホルモンの分泌が旺盛な年齢の健常な女性の性機能を、更に強化させる薬剤ではございません。どうかご理解賜りたく、重ねてお願い申し上げます。

     

    続きを読む

2 / 212