大東製薬工業株式会社

お客様相談室

お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。

月別アーカイブ

記事カテゴリー:女性からのご質問

  • ヒメロス(またはバストミン)を豊胸に使って大丈夫?

    2009年05月11日

    ヒメロスを豊胸目的で乳房等に塗っても大丈夫でしょうか?
    (女性・35~44歳

     

     


     

    ヒメロスバストミン)は、豊胸のお役に立てません。

    弊社は、あくまで低用量の女性ホルモンを短期間、間欠的に投与するのが安全なご使用方法と考えておりますが、いずれにせよ後述の通り恒久的な豊胸効果は期待できません。
    豊胸の目的でヒメロス(またはバストミン)をご使用なさらぬよう、何卒お願い申し上げます。


    女性ホルモンと乳房の張りについて

    女性は、第二次性徴が発現してから閉経に至るまでの間、一般に女性ホルモン分泌の月内変動がございますが、人によりホルモン分泌の変動に伴う乳房の張りを自覚する場合がございます。

    しかしながら、これはあくまで一時的な生理現象であり、乳房の発育、発達とは異なります。

    特に第二次性徴後の発達を終えた成人女性が、女性ホルモンの投与によって乳房そのものが発達して恒久的かつ著明に豊胸できる可能性は、一般的には考えにくいと存じます。


    高用量な女性ホルモン剤の長期連続使用のリスク

    もし、一時的な乳房の張りを維持させることで豊胸させたように見せるため、本来の生理的な分泌レベルを超える高用量な女性ホルモン剤を1年以上にわたり続けて投与し続けますと、その連続投与期間が長くなるほど子宮や乳房等に癌を発症するリスクが高まる恐れが指摘されておりますし、血栓症を起こすリスクが高まるという指摘もございます。

    そのため、私共は女性ホルモン剤の長期的な連続使用を決してお勧め致しません。

    女性ホルモンによる一時的な乳房の張りを豊胸効果と訴求する業者等に対しましては、弊社は一線を画す立場でございます。

    以上、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

     

    続きを読む

  • ヨヒンベエキスのサプリメントで手が震える

    2009年04月27日

    ヨヒンベエキス50mgが入ったアメリカ製の脚痩せサプリメントを海外のサプリメントの輸入を扱う会社から購入しました。そのサプリメントを飲む前からうつ病で、○○錠と××錠(名称略)を飲んでいました。
    そのサプリメントを飲み始めてから仕事中、手が震えて字が書きづらくなったり足が震えたりと変な症状が出てきておかしいなと思っていました。
    併用したら手が震えるようになったのですが、これは副作用なのでしょうか?
    (女性)

     

     


     

    ご指摘の併用は非常に危険です。直ちにサプリメントの併用を中止して、うつ病の薬を処方した医師、または当該薬を購入した薬局の薬剤師にご相談なさることを強くお勧め申し上げます。

    一般に、ヨヒンビンの薬理作用には、α2受容体の遮断作用のほか、セロトニンに対する拮抗作用があると言われています。一方、ご指摘の薬剤はSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と、ベンゾジアゼピン系のマイナー・トランキライザー(抗不安薬)です。これらの併用により、セロトニン拮抗作用とセロトニン再取り込み阻害作用が相まって、ご指摘のような症状をはじめ、何らかの副作用が発生する可能性が懸念されます。

    しかも、ヨヒンベエキス中のヨヒンビンの含量にもよりますが、高用量のヨヒンビン摂取は動悸や吐き気をはじめ、最悪の場合は重篤な状態に陥る懸念が指摘されていますので、注意が必要です。

    そもそも、ヨヒンビンに脚痩せ効果があるという学術的根拠は私共の知る限りございません。もし、「ヨヒンビンが下半身の血流を促進する」、という根拠にもとづいて配合したのであれば、極めて安易な発想であり、有害なリスクばかりで期待される効果が生じるとは思えません。

    なお、日本国内ではヨヒンベを含む成分は劇薬に指定されており、サプリメントを標榜しているヨヒンベを含む食品の全てが非合法な未承認医薬品となります。日本国内で未承認医薬品を売買した場合は、薬事法違反で取り締まりの対象となるうえ、劇薬は薬剤師が購入者が劇薬譲渡証に記入して授受することになっており、薬事法で厳重に規制されていますので、取り扱いには十分ご注意下さいませ。

    ご指摘のサプリメントを販売している業者は、多くの女性が親しみ易く感じるようなデザインのカタログやwebを通じ、一見して安心感を与えていますが、海外に事業所を置き、個人輸入をすることで法の網を巧妙に脱法しながら、日本では規制されている医薬品成分を配合したサプリメントを販売している業者と思われます。薬事法を遵守している立場から申しますと、法規制の趣旨を完全に逸脱しており、たとえ合法と主張されても道義的に許しがたい行為と存じます。

    また、多くの取り扱い商品の表示で訴求している効能・効果や作用機序は、いずれも科学的根拠に疑念を感じるもので、しかも安全性や品質に対する配慮や警告が乏しいものです。このような業者から購入使用する事は非常に危険です。改めてご忠告申し上げます。

    もし、このようなサプリメントを日本国内で販売した者がいるとすれば、薬事法違反であり処罰されるべきかと存じますので、販売業者に日本国内で事業所があるならば、今回の健康被害を踏まえて最寄の警察署へ被害届をお届けになることをお勧め申し上げます。

     

     

    続きを読む

2 / 3123