大東製薬工業株式会社

お客様相談室

お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。

月別アーカイブ

ミニピルを飲んでいるがヒメロスは使用可能?

2018年10月04日
blogimage

セラゼッタ(黄体ホルモン単体のミニピル)を飲んでいますが、ヒメロス(またはバストミン)は使用可能でしょうか? また、喫煙者(日に5本~10本程度)のヒメロス(バストミン)使用は可能ですか?


ヒメロス(バストミン)の併用は出来ず、お勧め出来ません。理由は次の通りです。なお、弊社製品「バストミン」も同様の理由により併用できません。

  1. セラゼッタ(CERAZETTE)錠は大手製薬メーカーが海外で製造販売している第3世代の超低用量ピルと言われていますが、日本では未承認(H.30年10月時点)のお薬で、ヒメロスとの併用に関する実績と情報はございません。
  2. ピルの一般的な作用機序から、ヒメロスを併用することでピルの避妊効果を失うリスクがあります。避妊が目的であれば、ヒメロスの併用は絶対にお止め下さい。
  3. ピルで指摘されている血栓症リスクの上昇を、ヒメロスの併用で更に上昇させる恐れがあります。さらに、喫煙は動脈硬化を進行させるうえ、血管を収縮させることから血栓症のリスク要因と言われています。
    自ずと、これらの併用で血栓症のリスクが積み上がりますので、リスク因子を増やさないという考えから、併用の前に喫煙をお勧め致しません。なお、血栓症には心筋梗塞や脳梗塞のほか、いわゆるエコノミークラス症候群もありますし、毛細血管の血栓が眼球内に出来れば失明するケースも想定されます。
  4. 喫煙は悪性腫瘍(がん)の独立したリスク因子で、セラゼッタやヒメロスの併用にかかわらず、悪性腫瘍の発症リスクを上昇させます。かつて女性ホルモン補充療法の大規模な研究において、がんの発症リスクが大きく報じられた際も、その後の解析で被験者の喫煙要因が指摘されていました。先述いたしました血栓症のリスクと同様にリスク因子を増やさないという考えから、併用の前に喫煙をお勧め致しません。