大東製薬工業株式会社

お客様相談室

お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。お客様から寄せられたご相談、ご質問にお答えします。

月別アーカイブ

ヒメロス(またはバストミン)を豊胸に使って大丈夫?

2009年05月11日

ヒメロスを豊胸目的で乳房等に塗っても大丈夫でしょうか?
(女性・35~44歳

 

 


 

ヒメロスバストミン)は、豊胸のお役に立てません。

弊社は、あくまで低用量の女性ホルモンを短期間、間欠的に投与するのが安全なご使用方法と考えておりますが、いずれにせよ後述の通り恒久的な豊胸効果は期待できません。
豊胸の目的でヒメロス(またはバストミン)をご使用なさらぬよう、何卒お願い申し上げます。


女性ホルモンと乳房の張りについて

女性は、第二次性徴が発現してから閉経に至るまでの間、一般に女性ホルモン分泌の月内変動がございますが、人によりホルモン分泌の変動に伴う乳房の張りを自覚する場合がございます。

しかしながら、これはあくまで一時的な生理現象であり、乳房の発育、発達とは異なります。

特に第二次性徴後の発達を終えた成人女性が、女性ホルモンの投与によって乳房そのものが発達して恒久的かつ著明に豊胸できる可能性は、一般的には考えにくいと存じます。


高用量な女性ホルモン剤の長期連続使用のリスク

もし、一時的な乳房の張りを維持させることで豊胸させたように見せるため、本来の生理的な分泌レベルを超える高用量な女性ホルモン剤を1年以上にわたり続けて投与し続けますと、その連続投与期間が長くなるほど子宮や乳房等に癌を発症するリスクが高まる恐れが指摘されておりますし、血栓症を起こすリスクが高まるという指摘もございます。

そのため、私共は女性ホルモン剤の長期的な連続使用を決してお勧め致しません。

女性ホルモンによる一時的な乳房の張りを豊胸効果と訴求する業者等に対しましては、弊社は一線を画す立場でございます。

以上、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。