大東製薬工業・ホームへジャンプします
→Home →会社案内 製品紹介 販売店案内 製品モニター →お問合せ
トノス製品モニター結果: 早漏(射精潜時の遅延)効果について

トノス」取扱店・販売店について

弊社製品のご購入方法について

調査期間: 2004年2月〜2006年1月

調査対象と方法:
弊社HPでの募集に応募し、自覚症状として早漏の改善を希望する男性のうち、下記条件を満たす人を対象にして、本剤ご使用後にアンケートへ回答していただいた。
なお、射精潜時の測定方法は客観的なものではなく、本人の自己申告とした。

 1. 住所と電話番号が分かり、電話による本人確認が出来ること。
 2. 本剤の使用目的が適切で、使用方法と注意事項を理解し、禁忌に抵触しないこと。
 3. モニターの趣旨と弊社が前提とする諸事項に文書で同意できること。

有効回答者数: 107名
解析対象回答者数: 105名
   (2名は使用前の射精潜時が30分超であり、解析対象から除外した。)

回答者平均年齢: 43.3歳  SD(標準偏差)=9.5歳

 

  1. アンケート回答者における「トノス」使用前の射精潜時

    平均射精潜時: 7.18分  SD(標準偏差)=8.04分

    「トノス」モニター回答者・使用前の射精潜時




  2. トノス」使用前後の射精潜時
      使用前 使用後
    射精潜時(平均) 7.18分 15.77分
    SD(標準偏差) 8.04分 0.77分

    前後の paired t-test P<0.0001

     

  3. トノス」使用前の重症度と使用後の改善度について(1)

    トノス」使用前の
    射精潜時を時間に応じて次の5群に分けたとき、射精潜時の遅延効果を、「@射精潜時の延長率(使用後/使用前)」、および「A射精潜時の延長時間(使用後−使用前)」の観点から解析した。

    T: 「トノス」使用前の射精潜時が2分以下
    U: 「トノス」使用前の射精潜時が2分〜6分以下
    V: 「トノス」使用前の射精潜時が6分〜10分以下
    W: 「トノス」使用前の射精潜時が10分〜15分以下
    X: 「トノス」使用前の射精潜時が15分〜30分以下

    @射精潜時の延長率(使用後/使用前)
    人数 平均延長率(倍) 標準誤差 下側95% 上側95%
    T 14 4.08 0.55803  2.970 5.1843
    U 57 3.25 0.27656  2.701 3.7985
    V 22 2.40 0.44515  1.521 3.2877
    W 7 1.89 0.78917  0.320 3.4514
    X 5 1.35 0.93376 -0.505 3.2006

    分散分析の結果、T群とV、WおよびV群との間に有意差が認められた(p<0.05)。

    A射精潜時の延長時間(使用後−使用前)

    人数 平均延長時間(分) 標準誤差 下側95% 上側95%
    T 14  3.8857 2.0101 -0.102 7.8740
    U 57  8.7456 0.9962  6.769 10.722
    V 22 12.7955 1.6035  9.614 15.977
    W 7 11.7857 2.8427  6.146 17.425
    X 5  6.5000 3.3635 -0.173 13.173

    分散分析の結果、T群とU、V及びW群、U群とV、V群との間に有意差が認められた(p<0.05)。

     

  4. 「トノス」使用前の重症度と使用後の改善度について(2)

    「トノス」使用前の射精潜時を時間に応じて次の3群に分け、前項2.と同様に解析した。

    T: 「トノス」使用前の射精潜時が3分以下
    U: 「トノス」使用前の射精潜時が3分〜6分以下
    V: 「トノス」使用前の射精潜時が6分〜30分以下

    @射精潜時の延長率(使用後/使用前)
    人数 平均延長率(倍) 標準誤差 下側95% 上側95%
    T 33 4.03 0.35559 3.3204 4.7311
    U 38 2.88 0.33138 2.2235 3.5381
    V 34 2.14 0.35033 1.4475 2.8372

    分散分析の結果、T群とUおよびV群との間に有意差が認められた(p<0.05)。

    A射精潜時の延長時間(使用後−使用前)

    人数 平均延長時間(分) 標準誤差 下側95% 上側95%
    T 33  6.48 1.3327 3.8384  9.125
    U 38  8.92 1.2419 6.4577 11.384
    V 34 11.66 1.3130 9.0575 14.266

    分散分析の結果、T群とUおよびV群との間に有意差が認められた(p<0.01)。

「トノス」製品モニター結果・弊社コメント
  1. トノス」をお求めになる男性の使用前の射精潜時は、10分以下の方が88%、特に2〜10分の方が75%と多く、射精潜時の遅延を望む男性は10分以下の場合に多いことがわかりました。

  2. 今回のアンケート結果では、「トノス」の使用により射精潜時は有意に延長しています。

  3. 使用前の射精潜時が短いほど射精潜時の延長率が大きい、という結果になりました。

  4. 使用前の射精潜時が長いほど射精潜時の延長時間が長い、という結果になりました。

  5. 雑誌のアンケート結果によれば、男性の射精潜時の平均が14.2分、女性が望む射精潜時の平均が15.7分であることから、高い満足度を得るための射精潜時の目安を約15分と考えますと、「トノス」使用前の射精潜時が特に5分以上の方には「トノス」の使用で高い満足度が期待できると思われます。

  6. 雑誌などマスメディアの情報にはバイアスがかかる懸念があり、また、パートナーの相性や前戯の工夫により、射精潜時が15分未満でも高い満足度を得る場合があると考えられます。本結果によれば「トノス」使用前の射精潜時が5分未満の場合でも、3〜4倍の遅延効果が期待できますので、「トノス」をお試しいただく価値はあると思われます。

  7. 本結果は本剤の効果を保証・強調するものではありません。一人ひとりの実際の効果には個人差があり、本結果に当てはまらない場合が考えられますので、あらかじめご了承下さいませ。

  8. また、このたびの検討結果はモニター参加者の自己申告にもとづく解析結果であり、学術的なエビデンスとして求められる客観性はございません。あくまで参考結果であることをご了承下さいませ。

 

会社案内

ごあいさつ

概要と沿革

社内体制・お取引先

甲府工場のご案内

お知らせ

製品紹介

総合案内

FAQ(良くあるご質問)

トノス

ヒメロス

ヘヤーグロン

グローミン

バストミン

ガラナポーン

ガラナピン

取扱い施設のご案内

総合案内

取扱店・販売店情報

「グローミン」お取扱い
 医療機関薬局

ジェクスEDサポート
  
「グローミン」「バストミン」
   お取扱店のご案内

オンライン・ショップ

ご案内・リンク

プライバシー・ポリシー

公式BLOG

社長BLOG

くすり屋さん訪問記

ENGLISH

全国家庭薬協議会

東京都家庭薬
    工業協同組合

Copyright (C) 1999 大東製薬工業株式会社
最終更新日 : 2010/10/15